2012/12/16 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

2012/12/16 | 投稿者: 管理者

不動産を買い取ってもらうときに関しては不動産を査定してその金額を参考にして販売金額が決められるのであるわけですがこの販売価額は不動産の評価価格とは違っている。

れいとしては不動産の判定値段が1000万円だったケースに不動産の販売価額が1500万円となっていたとします。

この時の500万円というのは、不動産売却にかかってくる諸費用や税、それを踏まえた上で不動産会社の利益などが絡んでいるわけです。

ですから販売価格で不動産を買い取ってもらえると言うわけではないのでそのあたりを注意しておいた人がいいやもしれませんね。

不動産の査定金額が自分自身が希望する価額ではなかったケースに対してはすぐに応じないでなぜそのような価格になっているのかと言うことを確認しておくといいと考えます。

不動産の販売値段に含まれている公租であるわけですがこの公租は何かというと、不動産を売った場合については所得公課がかかったり住民税がかかることがあります。

もしかすると販売価格に租税が含まれていないこともあるかも知れませんので不動産を売却する時に販売金額が確定したら一度税金についてチェックしてみるといいかもしれませんね。

そうすれば不動産売却にかかる費用がきっちりと明確に成るわけですから安心して不動産を売却することができるのではないのでは在りえませんか。



詐欺 相談
引越し 安く
毛根 脱毛


AX

0




AutoPage最新お知らせ