2017/12/16

ゲスト向け電話  

今日から、弊社の固定電話 075-746-4503 が、

日本人向け、欧米人、アジア人向けと3言語による

音声メッセージに変更し、100%ゲスト向け電話となった。



先日、東京までの出張はこの件で出かけ、

日本語は私が

英語は張さんが

中国語は李さんが担当し、録音したデータを送って

本当は20日過ぎだったのが、今日から使えるようになった。


これは24時間、かかってきた電話にすべて応対し

ゲストが悩むことのないようにしたのだ。

早速、中国圏内から電話が入った祝


いろんなサイトの担当者にはその旨を伝えて

スタッフ専用の電話番号を連絡し、

オーナー様にも同様に連絡を終えた。

さて、また一歩進んだけれど

道はまだまだ遥か遠く・・・・・


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/15

気晴らしにいかがですか?(笑)  

なかなか、どこに行っても気が抜けなくて

一番ホッとするのは我が家のベッドの中だ

でも、この思いは万人共通かもしれない


久しぶりに友人と電話で話していたら、

夫婦に関する面白い名言を聞いた。

例えば

人間は判断力の欠如によって結婚し

忍耐力の欠如によって離婚し

記憶力の欠如によって再婚する。


とか


ずいぶん敵を持ったけど

妻よ

お前のようなやつははじめてだ。

とか^▽^

大爆笑した。

で、その名言集のをURLを送ってもらった。


気晴らしにどうぞ花束

https://matome.naver.jp/m/odai/2134520070223612101



ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/14

楽天  

一日中、パソコンを見てると

体全体に疲労がのしかかるような気がする

一つの書類をあぁでもない、こうでもないと

何回もこねくりまわし

これが一番だと思うまで、しつこく続けていく。



今、やっているのは楽天のコミッションなんだけど

どうしたら、こんな計算するのと頭痛がする。

四捨五入だったり、切り捨てだったり、切り上げだったり

普通ならば四捨五入で行ったら、

すべての計算が四捨五入のはずがそうではない


トランザクションって何なんだ

訳すれば、取引だと。

では決済代行手数料で手数料を取り

トランザクションで手数料を取り、

そりゃ内容は違うかもしれないけどさ・・・

でも、これが第一段階の手数料


8月の予約にこの手数料をひかれ、

次に10月10日に二段階目の手数料がひかれる。

この際の楽天手数料は国内のゲストだと7%

外国のゲストだと10%

その上にアフィリ原資に、アフィリ利用料

スーパーポイントとまぁ手を変え品を変え

いろんなコミッションが引かれていく。

8月末に請求書を出すときに二段階目のコミッションを間違えると

とんでもない赤字になる。


勢い、この数字はどこからきて、

あの数字は・・・と一つずつ拾い上げていく。

疲れますですよ。

今夜は珍しく愚痴でございますですよ。

95%までやっと理解できた。

これをスタッフにどう伝えんべぇ・・・



ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/13

打ち合わせ  

ほんの少し、幻かと思うくらいの雪を見た。

あられに近いような、でもひらひらとした雪だった。

寒いわぁ・・・・

と、震えながら

夜7時の現場での打ち合わせに今から向かう。


家をお借りしてゲストハウスに使用するので、

リフォームも出来るだけ、現状を壊さないようにと

家のオーナー様と一か月ほど、やりとりに費やして

やっと、一つの案が示され

今度は協力業者の方々と打ち合わせだ。


スタッフのティンさんに

「ティンさん、私ね、7時からの打ち合わせで

 1時間以上かかると思うから

 そのまま帰ってもいい?

「いいですよぉ〜〜○

と快く了解をもらった´з`

この頃、帰りは23時近くが多かったので、嬉しい〜〜〜!!

と言うことで

出かけますぅ〜〜〜


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/12

外は寒そうよぉ〜〜〜  

20時になりなんとす。

ネオンの輝く町は、ネオンさえも寒々と。

なんてさ

「あぁ、もうヤダヤダ」

と何度目かの窓外を眺める

この仕事の奔雑なことと言ったら

泣きそうだ


管理人さんが来て

「明日は雪みたいやで。」

だって〜〜

もう帰ろうかな・・・・と思うけど

スタッフが頑張ってくれているのを見ると

買えるわけにもいかず・・・・

あと1時間半

頑張りますぅ・・・・


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/11

風  

「昨日、メールしたの読んでくれた?

久しぶりに会うなり、Tさん。

「あ、ごめん。まだ読んでない。後で読むね。」

「一行だから、今、読んで。」

メールを開いた。


【愛されたいと誰かに乞うことなく

 自分の愛する力だけで生き抜こう】

と書いてあった。

「新聞に載っていてて、これを読んだときに

 これは貴女だ。って思ったの〜〜」

涙が出そうだった。

そうだ。今の私だと素直に思った。


「貴女はさ、愛に溢れているじゃない。

 いつも皆に愛を与えてるもんね。」

と言われた時はすぐに否定した ̄ー ̄

「私は冷たいよぉ〜σ^┰゜

 自分で冷たいなぁって思うもん。

 でも、人に愛を求めないのは当たってるね。」

と笑った。


愛を求めて、求められずに傷つくよりも

風のようにどこ吹く風と吹き過ぎるのが良い

生まれ変わったら

人々や自然の中を優しく撫でる風になりたいものだ強風




ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/10

改革  

今日の夜は、張さんとオフィスに二人。

18時までは李さんもいたのだけれど

日曜日は暇なので、シフトは一人だ。



私はたまっている書類を片付けている。

楽天は計算が複雑なので、細かく確認していかければならない。

そんなにやっている間でも

今度から電話を転送していくための録音はする。

私が日本語で

張さんが英語で

李さんが中国語で。

これで固定電話に電話が入って、双方が楽になる。



ゲストさんは三つの言葉のどれかを選び、

その言語で話が出来るから、

言葉が通じないとイライラしなくてすむ。

私のように日本語しか話せない人間もビクビクしなくて良いのだ。

いろんなところを改革していって、

ゲストさんからみたら、たのもしくなるだろうし、

スタッフからみたら、気持ちが楽になる

さて、次は何を改革しようか


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/9

サーシャ  

ホームページができ始め、

少しずつ、営業に回り始めた。

私らしく一歩ずつ前に進めていこうと思う。

周りの方々の方が

早く持っておいで。

と言って下さるのが嬉しい。


スタッフも各自の持ち場で動いている。

ロシア人のサーシャは日本語もまだ十分でないのに

私から経理を持たされて、必死になっている

彼は日本に行きたいと、独学で日本語を勉強していたそうだ。

だから、日本にずっといたいと言う。


もうすぐ会社の忘年会で、サーシャにコザックダンスを踊る

と聞くと、

「あれは難しい。あちらこちらが痛くなる。」

と笑うので、歌はと聞くと

「ロシアの歌はカラオケにない。

 でも井上陽水は歌えると思う。」

と照れながら笑う。


この子達のためにも、頑張ろう


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/8

とくさん  

もう一つの目的、とくさんと会った。

スタッフと、姉が話を聞いて来てほしいと

いうので、2週間程前に二人の名前を送っておいた。


お会いするとお元気で、まずはスタッフのことを聞く。

会ったこともなければ、話をしたこともない。

何の情報も知らないのに、

どうして、とくさんは見通せるのだろう?

あまりの千里眼に驚嘆する。


姉のことは

「お仕着せがましくないし、自分をしっかり持っている人だから

 いろんな人に頼られるよね。

 人間ってね、信念を貫ける人って少ないのよ。

 でも、お姉さんは凄いわねぇ・・・

 普通は上手くやっていこうと思ったら、言い訳するものだけど

 この人は自分の信念を貫いてる。

 自分の意志で自分の生き方を貫いたら、

 死ぬときに自分を褒めてあげなさい。と言ってね。」


とくさんは、その場逃れのウソを言わない。

ダメな人には、厳しい言葉ではっきり言う。

占い師ではない。

名前を見て、名前から出るものを言葉に表すだけだ。

スタッフのもその家族の名前を聞いて

個々の性格をまるで目の前で見るように

言い当てるので、唖然としてしまう。


とくさんと別れて、池袋を後にした。

8年前に歩いた道を振り返り、

8年後、私はどうしているのだろうと思う・・・・


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/7

池袋  

久しぶりに東京へ。

新幹線から見える富士山にはうっすらと雪が積もっていた

  クリックすると元のサイズで表示します



下北沢にて打ち合わせ。

良い取引先が出来たと感謝!

同じ思いの人間同士がスクラムを組めば

絶対に明るい未来が広がるに決まっている。

しかし・・・東京のはずれに行っても東京は東京だ。

京都や大阪になりにぎやかさがある。


東京駅について、時間があったので、先に宿泊先の池袋へ。

着いてすぐに、気づいた。

夫と歩いた街並みだと・・・・

この並木で写真を撮った。

この店に入った。

夜は東京タワーに行った。

2009年3月 私たちは東京にいた・・・・

  クリックすると元のサイズで表示します


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/6

羨ましいねぇ!!  

風邪というより、咳がなおらない

夜中の咳がきついんだけど

腕の中でトイプードルのトミーはすやすや寝てる。

羨ましいもんです


今朝、ある女性とお話をしていたら

彼女は結婚するときにご主人と約束したんだそうな。

「喧嘩をしたら、24時間以内に会議をする。

 『会議をしよう』と言い出した人に

 一回だけ、なんでも言うことを聞く特典を渡す。」

だって!!



ご主人はあっさりだそうだが、

彼女はどちらかというと覚えているほうなので

上手く付き合うための方法として考えたそうな。

以前にご主人のほうがその得点が多かったので

「10枚で一週間、なんでも言うこと聞くってどう?

と聞いたら、

「毎日1枚ずつ使った方がいい。」

と言われたらしい^▽^


昔を思い返すと、私は喧嘩したら黙る方だ。

夫婦で言うならば嫌な喧嘩はしたことないけれど

女性のヒステリーのように、しつこくがなる男性は苦手だ。

しつこい言い方にイライラが高じて

同様にがなり始める自分にゾットするので

天岩戸ではないけれど、閉じこもるが一番

相手が嫌になるよりも

相手と同じレベルに落ちる自分に嫌気がさすからドクロ

「三十六計逃げるに如かず」

で来たが、

彼女たちのような喧嘩が出来るものならば

向こうに逝ったあの人に、帰っておいでと呼び戻そうかσ^┰゜


クリックすると元のサイズで表示します


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/5

忘年会  

イスタのスタッフたちはほとんどが外国人だ。

だから通常は日本語を話すようにと強要する。

なぜなら、つい母国語を話してしまい

いつまでたっても日本語になれないからだ。


国が違えば、言葉が違うのは当たり前だ。

一挙手一投足にもお国の習いがついてくる。

どうして、こうしなければいけないかとか

かみ砕いて話しても、理解できない場合もある。

人間のできていない私は

忙しいときに、つい、早口で説明してしまい

スタッフが固まるときもある。



良くぞ、ついてきてくれる。と

スタッフには言わないが感謝している。

18〜19日、初めて泊りがけの忘年会。

その日のゲストたちへの心配りをはじめ

二日間、何があっても大丈夫なように

移動中もメール他のやりとりを行う。

出来たら

朝から出られるものなら出て、きれいな場所を見せたい。

思いっきり美味しいものを食べてほしい。

感謝をこめて、素晴らしい二日間にできたら幸せだ


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/4

ことわざに  

「一犬虚に吠ゆれば 万犬実を伝う」

という諺があるそうだ。


誰かがいい加減なことを言うと、

多くの人がよく確かめもせず

それを真実のこととして言いふらしてしまうこと

の意味だそうだ。


この頃の報道を見ると、この言葉が胸にしみる。

どちらがどうか分からないのに

分からない人たちが、あぁだこうだと物知り顔に話す。

それを見ている人たちが、見てもいないことを

わが目で見たように話す。


渦中にいる人たちを見ていると

我が事がどれだけたいしたことないかと思う。

あの人たちでなくて良かったと思う。




ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/3

わたくしごとですが・・・  

今日は 1 2 3 と続く12月3日

3日がつく日は縁がある日だと初めて気づいた。

なのにまぁ・・・・・

私は昼過ぎには上がって、ベッドの中だ。

鬼の霍乱なのかしらん

姉が心配して、「大丈夫か」と電話。


この姉がすごい人なのだ。

私と年齢が11歳違う。

父が遺した遺稿に

「店(理髪店)に来たお客さんがえち子(姉)に

 握り飯をくれた。えち子は嬉しそうに食べた。」

と書いていた。

戦後の貧しい時代だったから、よほど嬉しかったのだろう。


その姉が、私と同じように朝から夜まで仕事をしている。

鹿児島で居酒屋をしていて

昼は定食を出し、夜は0時近くまで頑張っている。

休みはない。

膝の手術は何度繰り返しただろう。

朝はゆっくりと歩いて、鹿児島中央駅近くの店に出る。


若い頃は競馬馬を運ぶ大型トラックで

鹿児島から北海道まで走り回った。

言いたいことを言ってる気の強いおばさんに見えるけれど

本当は相手を誰よりも気遣っている。

誰に何を言われても、どれだけ違うことを吹聴されても

聞こえないふりして、絶対に言い返さない。


私もこの年になって、初めて、姉の真実を知った。

「あんたにだけは誤解されたくないよ。」

「ほかの人が何といおうと、大丈夫だよ。

 私は信じてるから。」

と言うと、嬉しそうに微笑む。

母と一緒だ。私と一緒だ。

誤解されやすい

母の時のように、生きている姉の真実を知ることが出来て

私は嬉しい


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com

2017/12/2

ほうぅ・・・・  

来年6月に京都市の条例で

「ゲストハウスから800m以内に管理者は常駐しないといけない。」

というのが決まるそうな。

それは既存のゲストハウスにも決定されるそうな。


「住居専用地域では1〜2月の60日間だけ

 ゲストハウスを開くのが許されるそうな。」

コメントの書きようもない。

不思議な古都

雅のみやこ


ゲストハウスステーション http://guesthouse-station.com



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ