2008/12/14

小説:二人の時間  

 ある日修一は占いの館に行った。自分の運命を知りたかったからである。
今井修一:すいません。よろしくお願いします。
占い師:では始めましょうか。
 と、占いが始まった。占い師は修一と同じ20代だった。
占い師:あんた、相当苦労する人だね。また、新しいことにどんどん挑戦する。しかし、あなたなら必ず突破できる。そういう人生をあなたは送ります。
今井修一:あの、恋愛運はどうですか。
占い師:今日が最高よ。
今井修一:今日出会いがあるんですか。
占い師:そう。今がその瞬間。私でよかったら付き合ってみない?
今井修一:え?
 そう、この不思議な縁は修一が占い師のところに行った時から始まった。
小山雪絵:私の名前は雪絵。よろしく。
今井修一:唐突なんだけど、本当に僕でいいの?
小山雪絵:もちろん。これが私の運命だから。
 この奇妙な出会いから2人の時間が始まった。
0
タグ: 恋愛 2人 希望

2008/12/14

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ