秋田県在住のようやく六段のへっぽこ剣士。 週2回の稽古の モットーは 「直心是道場」「成功有努力」

2016/8/11

想う日  稽古録2016

今日は世間では新しい祝日「山の日」。

でも、自分には「恩師の10回目の命日」。

今日の稽古は気持ちが違った。

子どもたちとの稽古では、

褒めて、ダメ出しして、何がいかんのか・・・必死で考えさせた。

昇段審査に向かう先輩との稽古では、

「合気」「気当たり」を意識して全力でぶつかった。

自然と恩師の稽古中の言葉かけが伝染っている自分に内心不思議な感覚を覚えた。

恩師との約束(六段)から早4年。

生前、最後の酒席の帰りに交わした

「お前の年、俺は七だった。六はとれるしとらなきゃだめだ。お前も七までいかなきゃ。いや、いける。」

という言葉が思い出される。

正直、恩師がいなければ、

自分は続けてなかったろうし、子どもたちもやってはいなかった。

やはり8月11日は、

趣味・仕事の山について考える日ではなく、

剣道について想う日である。

合掌。

1

2016/7/20

ナノ剣・中学編完結  ナノ&タイ2016

6月の市総体から7月の県総体まで。

一連の大会が終了。
続きを読む
1

2016/6/1

5月の振り返り  ナノ&タイ2016

5月はタイちゃんは2つ

ナノは5つ大会がありました。


続きを読む
0

2016/4/11

全国スポーツ少年団剣道交流大会  team Yokote

もうしばらくたってしまいましたが

3月25日〜3月28日の間、鹿児島にわたり

「全国スポーツ少年団剣道交流大会」に参加してきました。


続きを読む
0

2016/2/27

フィットが肝心  剣道具

最近、娘の中学校剣道部、息子の小学校剣道部を指導していて気になることが。

それは、ちょっとしたことで損している子が多いということ。


@目が悪いのに眼鏡をせずにピントが合わず稽古を試合に反映できない子がいた。

「もしかして見えてない?」とたずねると「ぼんやりと・・・」という話。

そこでコンタクトの使用をすすめると、つけたその日から試合が別物に。

やはり見えるって肝心。

A防具のサイズをどうするかって難しいですよね。

特に小学生はすぐ大きくなるからと大き目の物を選びがちです。

指導していて、どうにも握りが変だと感じる子がいたので甲手をみると

指が手の内の皮の半分くらいまでしかなく、ブカブカ。

これでは竹刀操作ができない。親御さんに相談せねば。

また、胴をサイズアップした際に胸の幅が体格にあわず構えが崩れてしまうということも見られる。

これも相談せねば。

*我が家では娘の防具をしっかり測って作って(選んで)もらったので「違和感」を感じることなく稽古できている。
息子は娘のお下がりで今は十分だが、娘よりも大きくなる速度が速いので体格に合わせて、小5の終わりごろには用意しなければならないかな。

何につけても、子どもたちが「いい剣道」をするにはフィット感が大切と改めて感じる今日この頃である。
0

2016/2/19

team Yokote  team Yokote

鹿児島で開かれる全国スポーツ少年団剣道交流大会に向けて

週1で合同稽古を続けている。

本当は毎日みっちりやりたいのだが環境的にそこは我慢。

思い返せば・・・
たいちゃん・まっちゃ・アラタは同時期にスポ少に入り(それぞれ年長・小1・小2)
チカちゃんも翌年加わり小さいころから一緒に頑張った仲間。

さらに、増田から唯一加わるオクトくんも、幾度もたいちゃん・まっちゃ・チカちゃんと試合をしたライバルであり、良き剣友。

それがまさか同じチームで大舞台に出ることになるとは。

南小の子たちは年明けに日本一の小学生の実力を体感しているので

全国で勝つということの難しさも身に染みて分かっている。

学年的にも若いこのチームでどこまでやれるか・・・。

監督として残り一カ月、しっかり鍛えていかねば。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2016/2/19

1・2月の大会  ナノ&タイ2016

今更ですが、しばらく更新をさぼっていたので記憶のために記録。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ