2011/2/27

銀座の革工芸教室です。  ちょっとお知らせ!

中央区銀座4丁目交差点(和光とか三越とか日産ギャラリーとかあるところ)から
徒歩1分 晴海通りと三原通りの交差したところに工房があります。

もう13年目を迎えます。たくさんの作品がここで誕生しております。

革工房日記としては2冊目にはいっています。もうすでに500を超えましたが最新作の革工房工房日記第2章もみてくださいね。

もちろん気軽に楽しめる1日革工房体験も実施しています。

クリックすると元のサイズで表示します

カシメと本革をあしらったキュートな作品が2時間でつくれます。革の色も多彩な中から選べるのが魅力です。是非ご参加ください。
最近ではさらにラインアップも多彩にそろえています

なお革工房の詳細はGINZA自遊工房のホームページをご参照ください。

今後ともよろしくお願いします。
工房の電話は03(3572)1414です。

メールは ginzajiyukobo@gmail.comです。
0
タグ: 銀座  教室

2008/11/30

今日から新たなお気に入り  革工芸作品

お気に入りのペンケースが作りたくて。。。
との思いで、ネットで検索して私どもと出会いました。
三鴨さんの初作品です。
お気に入りの手持ちのペンケースでは多くの筆記用具が入りきらなくなったということで長さもマチの大きさも変えました。
ついでにカービングのデザインも買えてみましたとさ。
クリックすると元のサイズで表示します
アンティークフィニッシュTANで表面を仕上げてみたんですが、なかなかいい色合いです。
この時からの新たなお気に入り大事に使っていい色合いに育ててください。
それが一番の革の魅力なのです。
0

2008/11/30

裏地にこだわるのも楽しみの一つです。  革工芸作品

福田さんの革バッグ。
同じ形を少しづつ変えながら作るのを楽しんでらっしゃいます。
今回は、裏地にズームイン!
クリックすると元のサイズで表示します
裏地の布は工房で用意しているわけでないですが、市販に売っている布地や今ある衣料品などを工夫して裏地としてコーディネートするのも革バッグ作成の楽しみのひとつなんです。

カラフルな素敵な内袋ですね。
0

2008/11/30

チェンジ!!リップケース  革工芸作品

チェンジ!どっかで聞いたようなフレーズですが。。。。
革工房でも身近なものを替えることができます。
今回、パンダさんが、口紅ケースを持ってきて表面を変えられることができるかとのこと。
へー印鑑ケースじゃなくて口紅ケースなんてあるんだ。しかも中に鏡までついているんだぁと変なことに感心してしまった私。

30分の時間を持ちまして見事に衣装替えしました。
クリックすると元のサイズで表示します
オレンジのスェードの革がリップケースぽいですよね。ちなみにもとの布地は右にあるものです。
結構、GINZA自遊工房の革工房っていろんなことができるんですねー。(って自分で言ってどうすんの?)

CHANGE!Yes,we can!(締めもこれでいきますか!)
0

2008/11/30

わんちゃん。  革工芸作品

飼い犬を模した模様を革でつけてみました。
かわいーい。
しかも2匹。白と黒です。オセロな感じですねー。
うーん、これは絶対に販売してないでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
福井さんの作品です。
3匹目はバッグの中からひょいっと顔を覗かせてみたりして。。。。
その絵もきっとかわいいだろうな〜。
0

2008/11/30

ゆったりと。。。。  革工芸作品

なかなか市販の革バッグではゆったりと肩にかけることができるバッグというのは見つかりません。
これからの時期は、セーターにコートにと肩回りがふっくらしてきてバッグを肩にかけることがきついと思ってらっしゃる方は多いはずです。
それを予見してかの作品作成なのかは定かではないのですが、今回小宮(妹)さんの作品はゆったりとした肩にかけられる取っ手です。革は撥水性の高い光沢のある革。雪が降っても大丈夫です。
クリックすると元のサイズで表示します
こうしたちょっとした工夫で実用性を高めていくのも手作りならではです。
0

2008/11/29

カシメ革バッグの進化系はキラキラ光る。  革工芸作品

ちょっと長いタイトルをつけてみました。
入会以来、体験レッスンのカシメバッグに魅入られて、その道を極めつつある。。
(目標を見失うといけないので(つつある)と表現してみました。)
そう、カシメ師匠の最新作です。
「かしめのことならあたしにお聞き」
「ねえさん、ここはどうカシメたらいいんでしょう。」
会話でも盛り上げてくれるカシメ師匠の作品はキラキラ光っています。
クリックすると元のサイズで表示します
これを譲り受けた大学生の息子さんの心に秘めた感激の感想を聞いてみたいものです。。。。
0

2008/11/24

ランチバッグその2  革工芸作品

前前記事にてご紹介したかえるこさんのランチバッグよりはすこし小さめです。
工房最長在籍会員のグッチーゆうこさんのランチバッグ。
細かいところまで塗ってらっしゃいますねー。
取っ手や蓋の部分のマジック三つ編みまで一本一本縫ってあります。
いやーお見それいたしました。
クリックすると元のサイズで表示します
しかも一番細かい縫い目で。。。。
(先生がそれがいいって言ったじゃん。)
1

2008/11/24

革の花飾り  革工芸作品

織田さんの最新作です。
キラキラのショルダーバッグに革の花飾りを施しました。
装飾がぴったりですね。

クリックすると元のサイズで表示します

やわらかな質感が素敵です。
0

2008/11/23

ランチバッグその1  革工芸作品

お弁当を入れるバッグのことではありません。
ランチの時間にお財布と携帯とその他小物を入れてでかけるためのようのバッグです。
これがお気に入りの革のバッグだと食事に行くのにも楽しくなりますよね。
今回は、かえるこさんの作品。
茶色の革とゴールドの取っ手がとってもあっています。そう、クロワッサンボタンも。。。(工房内では勝手にこう命名していますが、、、なにか、、、)
クリックすると元のサイズで表示します

その1ということは、その2もあるんでしょうか?そうもうひとつ作品を挟んでご紹介します。ではでは。。。
2




AutoPage最新お知らせ