2008/3/23

念願の・・・・  


昨年、ある番組を見ていて気になる絵を発見しました。
調べるとそれは、

         葡萄小禽図(ぶどうしょうきんず)

江戸時代に京都で活躍した画家伊藤若冲の作品でした。
1994年に、世界文化遺産に登録された、
金閣 鹿苑寺の大書院障壁画になっているのです。

彼の作品集を買った事が嬉しくて、ついお世話になっている方に、いいですよねぇ〜などと話していると、
思いがけない言葉が返ってきました。

    「 見に行こう! 」 と。

そして、その方のおかげで、あれよあれよという間に、
    《 京都 伊藤若冲をたずねて 文化イベントその1 》
という会ができ、日程が決まり、総勢8名の参加となりました

会の当日、まずは若冲とゆかりある寺、

          
       クリックすると元のサイズで表示します
       相国寺を訪ねました。

場所は、地下鉄烏丸線 今出川駅から徒歩10分ほど・・。
残念ながら、特別拝観時期ではなかったので
一部中に入れない院等もありましたが、
目的は、この相国寺の境内にある

         承天閣美術館

そうです!この中に、お目当ての絵がっっっ!!!

ドキドキしながら館内に入り・・・・
      ついに会えました


クリックすると元のサイズで表示します

これが        葡萄小禽図

金閣 鹿苑寺からこちら相国寺に移し展示しているのです。

人が少ないのをいいことに、あまりの感動で
この絵の前で正座して観覧してしまいました。


他にも同じく金閣 鹿苑寺大書院障壁画の一つである
クリックすると元のサイズで表示します

           月夜芭蕉図

こちらもなかなかの迫力で圧倒されました。

若冲の魅力はこんなものではなく・・・
いえ、今日はこの二つにしましょう。
この作品とはまったく反対の
色彩豊かな作品もありますし・・。

そして、この会はこれで終わるわけもなく・・・

       ・・・・・歩きました・・・・。

     相国寺から、金閣 鹿苑寺まで・・・・。

       一時間以上・・・・・

皆さん、私より先輩の方々ばかりでしたのに、
最初に・・・というか音を上げたのは、私だけでした。
もう自分の体力の無さ加減に、情けなくて・・

しかし、到着してその疲労もどこへやら!!
       クリックすると元のサイズで表示します

         金閣 鹿苑寺 です!!!

初めて見るこの黄金の建造物に、興奮しっぱなしでした

       クリックすると元のサイズで表示します

         こんな角度からも・・・・

日本にいながら、ましてや、同じ関西にいながら、
こんな素晴らしいものを今まで見に来なかったなんて・・
なんということかっ!!
改めて、自分の国の芸術・文化をもっと知ろうと思いました。

とにかく贅沢な一日を過ごさせていただきました。
お付き合いいただいた方々本当にありがとうございました。
第二回もよろしくお願い致します。


あ、もちろんっ!!
次の日は・・・・・
筋肉痛?関節痛?で寝込みましたが・・・。
0



2008/3/25  21:56

投稿者:おけい

若冲はいいですよね。
トラの絵などは、とっても漫画チックで、
植物がは緻密で…

私も見に行きました。
何所だったかなぁ〜〜…
美術館だったよ。

http://luckypet.exblog.jp/

2008/3/24  13:33

投稿者:櫻子

ボス猫さん☆
あはは・・・(^^;)
なかなか鋭い所をお付になる・・・・もう・・。
おっしゃる通り、葡萄小禽図・月夜芭蕉図、共に現地では撮影禁止でした・・・・。
でも、でも、皆さんにお伝えしたくて、PCから画像を引っ張ってきた次第であります・・すみません・・・。
で、金閣の工事ですが、もしかしたら、
境内にある「金閣寺 方丈」のことかな?
昨年末に修復工事が終わり、今、特別公開中でしたので・・。
金閣は工事中ではなかったような・・・。
あ、金閣は現地で撮影しましたよっ!!

2008/3/24  10:26

投稿者:ボス猫

素晴らしかですねぇ。。。
ところで写真撮影って大丈夫だったんですか(;・∀・)
金閣寺は数年前、ずっと工事中だったような気がしますが
これはそれの完成したものなのでしょうか??

http://bossneko.exblog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ