2014/6/25

くちびるの中にあなたを探した  詩の草稿

言葉になる前にあなたを探した
くちびるの中にあなたを探した
ゆれるゆれるゆれるたまごの中に
ゆれるゆれるゆれる階段のなかに

貝殻の夢はどこまでおよぐのかなと
ふたりで目の奥をのぞきこんで祈っていたね
ゆらぐゆらぐゆらぐ海岸線は
ゆらぐゆらぐゆらぐたまごの中に

触れ合う手のひらに見つけたぬくもりを
吹き飛ばされた雲の中に見つけた
うたううたううたうあなたの中で
うたううたううたうくちびるの奥で

ふれ合う度に魔法にかかっていったのよ
ゆれるゆれるゆれる階段の隙間に

間違え探しはもうやめて
ここへおいでよと
ゆらぐゆらぐ緑の世界へと
ふたりでもぐりこむよ
0

2014/3/3

鉱物たちの記憶  詩の草稿

土から溢れだす
惑星のにおい

いろんな固まりは
誰から生まれたか

記憶を探りだし

色の世界を超えていく

重なり合うまばゆい
幾重ものひかり

幾千年前に、ヒトがまとまって
固まって岩になったという。

土の中にその色を見たことがあるか。

重なり合うまばゆい
幾重ものひかり

いつまでもそこにいて
あなただけは記憶していて
この土たちの鼓動
0

2014/3/3

水中都市  詩の草稿

こだまするひかりのなか
合図を送り続けている
ゆらゆらとゆらぐ木馬から
あの子への手紙を見つけた

今からおいでよと
こことそこをつなぐ点が
湧き出る泉のように

甘い光が
回転している

今からふるえる鳥のにおいを
他でもないあなたへと送るよ

笑う声が聞こえては
100年前を思い出すよ

町中にちらちらとふりそそぐ
甘い光が
回転している
0

2014/3/1

はるめぶく  詩の草稿

はるめぶく前に
置いていったいぶきを
手のひらで包みかおりをのみほす

はるめぶくときは
あなたのねむりと
わたしの泉を溶かして
乳色にそめるよ

樹々の奥にこんこんと流れる泉を
二人で見つけて
手のひらを浸そうと
絡まった指で合図を送るよ

はるめぶく時に
またそこで会おうと
小さな約束をして別れていったね。

空の高さにゆらゆらと揺れている
乾いた音が響いて
何もない虚空をそこに見つけた。
1

2014/1/28

引っ越ししました!  詩の草稿

ブログ、お引越しします。
「言葉を見つける。」
http://ameblo.jp/niconicokoneko/

ここのブログも詩のメモ書き用として残しておきますが
私の近況などを知りたいと思ってくれている人は
アメブロの方、チェックしてくださいね!

それでは今後ともよろしくお願いいたします!
0

2013/11/18

12/14  詩の草稿

12/14 鶯谷ワッツアップで行われる久モ氏との共同企画で
長年一緒にやっているしげさんとのduoでライヴします!
平野ともこちゃんという絵描きの女の子にライヴペインティングもしてもらいます。
http://www.strikingly.com/addis-ababa

大沼志朗さん、森順二さん、三木勇さん、アカノシバヒトさん、
私の尊敬する方々も多数、出演してくれます。
かなり充実!是非いろんな人に見ていただきたいです!

しげさんと二人で最近、リハをして後で聞いたら思ったより良かった。
http://shipporis.bandcamp.com/

でも本番はもっともっとよくできると思う。
しげさんとはもう7,8年近く一緒にやっている。
こないだ話して気づいたけど私が亀戸に住んでる時から
一緒にやっていたんだね。
しげさんと2人で音を出していると何故か飽きない。
普通は何回か一緒にやったら飽きちゃうんだけどね。

不思議な関係です。

現在の私たちを是非見に来てください!
0

2013/10/26

ふたり  詩の草稿

ゆるゆると寝転ぶ
真っ白なシーツの上で
あなたは何を思うのか。

はじけ飛ぶシャボン玉を一つづつ
指でつぶして、
壁をくぐり抜ける。

手のひらと手のひらを合わせて
頬と頬と重ねて
二人でマネキンみたいに絡み合って

あなたは何を思うのか。
をくぐり抜けて
二人で雨に濡れ
重なり合う世界へと
招かれていく
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ