マイ・オークションをごらんください

「たまねこ*古布とアンティーク着物&リメイクカナダ」

お店へGo!

只今お店のたまねこはお休み中です。

2017/11/16

ヤフオク出品 石橋巡り  

ちょっと更新の間が開いてしまいました。

血圧サージの件は降圧剤服用を始め、

毎日朝と夕に記録をつけています。

勿論、改善はされていますが、本来ストレスを減らし

生活習慣の見直しが大切なようです。

放っておくと、認知症の可能性が…

肝機能検査は通常より4倍もあったASTと ALTが

改善されていて一安心という所です。

それで浴衣フェアーに向けて始動し始めます。

とは故、老い先短いことを実感したので、

在庫整理も本腰を上げなくてはね。

ヤフオクに出品も同時進行です。

なのに先日教えのN先生が紅葉を見に行こうかとお誘いがあり、

のこのこついて行きました。

着いた先は彼女のご実家、

目の前には素敵な石橋が架かっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

肥後の石工たちの、

素晴らしいアーチ構造の石橋を訪ねる旅も素敵でしょうね。

http://www.yado.co.jp/hasi/kumamoto/touyou/index.htm

肥後の石工たちの業、

種山石工は石橋造り日本一という名声を得て様々な著名な橋を

作りました。いわば王たちの前に出る技術を持っていたのです。

聖書の中でソロモン王の神殿を作る際にも

そのような者がいました。

望まれている事柄やその仕事を成し遂げるため、

神の導きの下

壮麗な工作物を設計したり製作したりするのに必要な技能,

芸術的才能,想像力,判断力などをも表わしました。


そして,あなたのもとには仕事をする者,すなわち石工,

石や木の細工師が大勢おり,すべて各種の仕事に熟練した者

である。』(代一 22:15)

途中素敵なつり橋がありました。立神峡です。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤフオクにはアンティークな帯を出品しています。

クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
0

2017/10/30

浴衣リメイクの作品展  着物リメイク

来年、5月か6月に浴衣リメイクの作品展を考えています。

エプロンフェアーはどうなったかですって…

何だか不発に終わってしまいました。事情は色々ですが、

今回の浴衣リメイクの作品展も

企画倒れになってしまうかもしれません。

実はまさかの血圧200mmHg超え!

自分では血圧は大丈夫と思っていたので本当に驚きました。

これは「血圧サージ」と呼ばれるものです。

肝機能検査の必要もあるので

明日総合病院に行かなければなりません。

過信は禁物ですね。聖書にもある通りです。

それで,立っていると思う人は,

倒れることがないように気をつけなさい。―コリ一 10:12 

さてさて浴衣たちの行く末は?

クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
2

2017/10/21

エプロンドレス  着物リメイク

出来上がったエプロンドレスはお婆ちゃんの私が着ても

可愛いです

肩ひもで結ぶデザインですが、

肩を継いでチュニックにしようかと思っています。

実はこのエプロン、

後ろ身と前身を裁断を間違えてしまったのです。、

でもそれで素敵な気づきがありました。

布は大判ハンカチかスカーフの裁断前の物で、デザインの

サンプル品にと縦地に取るつもりでした。

そうするとお写真のようにいかにも正体が見え見えです。

間違ったおかげで出来上がりお写真のようにX字形の模様が

違和感を和らげてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先日のGoogleのロゴは

スブラマニアン チャンドラセカール 生誕 107 周年でした。

最初に「スブラマニアン・チャンドラセカール」が

恒星を観測する様子と「Google」の文字が目に飛び込んできます。

次に、天秤が表示され、左側に「白色矮星」、

右側には「1.44」の記載のある重りが描かれます。

「白色矮星」が「軽い」場合はそのまま存在していますが、

「1.44」倍(チャンドラセカール限界)を超えると

爆発現象(超新星)が起こるというものです。

このような素晴らしい業績を残した方を思い起こせるのは

勉強になりますね。

『自分が死んだらならどう言われるだろう』とお考えてしまいました。

聖書の「伝道の書」を書いたソロモン王は,(伝道の書 7:1)で

「名は良い油に,死ぬ日は生まれる日に勝る」と述べています。

どうして,死ぬ日は生まれる日に勝るのでしょうか。

人は生まれたときには全く白紙の状態です。

その後の生き方次第で,良い評判を得ることにもなれば,

悪い評判を得ることにもなります。

その意味で,長年にわたって良い名を築き上げてきた人にとっては

確かに,死ぬ日は生まれる日に勝ると言えます。

【棺を蓋いて事定まる】かんをおおいてことさだまるという

賢人の言葉にもあり、死後、初めてその人の真価が

決定するというなら、死ぬその日まで気が抜けませんね。

でも私は何も業績がないと思うかもしれません。

ソロモンは続けて―伝 12:13。で

「まことの神を恐れ,そのおきてを守れ。

それが人の務めのすべてだからである」と述べています。

名もなく貧しく美しく、華々しい業績がなくとも

神のみ前に謙遜なもの、

気立ての良いものとして見いだされれば本望です。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
2

2017/10/16

古民家解体  田舎暮らし

先日、家を解体するので着物を整理するお宅にお邪魔しました。

全く我が家のような古民家で、

今回の地震で我が家と同じ大規模半壊ということでした。

解体するのは、もったいないと誰もが口にします。

屋根など修復されたばかりで綺麗で、

柱など基礎構造がまだまだ耐えられそうで、、

リフォームも考えられるところですが…

内部は必要に応じて改造されたようで、

リフォーム費用がいくらかかるかわからない状態です。

今まで住んでおられた方は、広すぎる建物、間取り等

使い勝手がとても悪かったと思います。

また、すき間風など、断熱性などが悪く、

そのつらさは想像するに余りあります。

やっぱりこの際、

公費解体の制度を利用しての解体はしょうがないでしょう。

我が家がリホーム出来たのは、10年間空き家にしていたものの、

40年前に一度、大規模リホームをしていたこと、その後も主人が

度々家のメンテナンスをしていたことが大きいと思います。

やはり古く大きい家を維持管理するのは

努力と資金が求められます。

今後夫婦で何年生きるのか、たかが知れていますので、

必要な水回りが快適になったので、終の棲家としては十分です。

今回解体されるお家には男手がないように見受けられました。

比較してということではないのですが、主人や息子たちのおかげで

今があると気づかされましたので、

この家に大切に住んで感謝を表したいと思います。

それにしても雨露しのげる家は

人間にとっても基本的に必要なものですね。

1948年に国連が採択した「世界人権宣言」第25条には,

だれもが十分な生活水準を保持する権利を有するとしています。

それには,満足できる住居が含まれているのです。

聖書もイザヤ書 65章21節で

そして,彼らは必ず家を建てて住み,

必ずぶどう園を設けて[その]実を食べる。と保証しています。

クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
2

2017/10/12

ロングベスト  着物リメイク

先回のワンピースに合わせて縁をとった布で

ロングベストを作りました。

縦長のデザインは着やせ効果が期待できますのでお勧めです。

クリックすると元のサイズで表示します

先日マンションの裏の公園で馬を見ました。

藤崎宮秋の例大祭の際、朝と夕に

神輿に付き従う「随兵(ずいびょう)」と

「飾り馬(かざりうま)」の奉納行列があり、

その休憩中だったようです。

熊本県民においては親しまれ、

熱狂的なファンも多いお祭りですが、

ウィキペディアで調べてると、

いろいろ危惧することの多いのも事実で

私自身は、子供の時しか見ていません。

馬と言えばこの前のクイズ番組でよく読まれている本に

「スーホーの白い馬」がベスト10にランクインされていました。

私は読んでいなかったのですが、

教科書にも採用されているそうです。

モンゴルは主人の父の職業の関係で主人が生まれた土地であり、

お写真もたくさんあるので親しみを感じます。

義母は荒涼とした大地で駆け回る義父を

カッコよいと思っていたそうです。

白い馬は聖書にも出てきます。

黙示録として知られる啓示の書で

使徒ヨハネの象徴的な幻の中で,

栄光を受けたイエス・キリストは白い馬に乗り,

軍勢を率いる姿で描かれていますが,

その軍勢の者たちもみな白い馬に乗っています。

この幻がヨハネに啓示されたのは,

キリストがごすべての敵に対して行なう戦いが

義と公正の戦いであることを示すためでした。(啓 19:11,14)

馬のあの大きな瞳は本当に魅力的ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
2

2017/10/6

玉虫色のお召のワンピース  

玉虫色のお召のワンピースです。玉虫色のお着物とは

玉虫の羽のように、光線の具合によって緑色や紫色に見える

染め色や織物の色のお着物です。

どのような技でこのような素敵な布が誕生するのでしょうか?

玉虫はもちろん

自然界には様々な鳥たちがこのような衣を持っています。

またニュージーランド固有のアワビ,パウアも、

貝の内側は息をのむ美しさだそうです。

淡い青,明るい緑,濃い紫に,柔らかな黄色やピンクが散らばり,

金色や銀色が輝きを添えています。

たんぱく質とカルシウムが交互に層をなして重なっており,

光が屈折し,オパールのような玉虫色の輝きが生まれるそうで、

パウアが海のオパールと呼ばれるのはそのためなんだとか…

そのような創造物を目にする時、人は模倣したり、表現したいと

思うのでしょうね。

今日の聖句

あらゆる良い賜物,またあらゆる完全な贈り物は上から来ます。

[天の]光の父から下って来るのです。ヤコブ 1:17。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
2

2017/9/29

大島紬のコクーンワンピース  着物リメイク

大島紬からコクーンワンピースを制作しました。

シルクの風合いがとても素敵!

大島紬は着物リメイクの定番中の定番ですね。

外国に着て行っても注目間違いなしです。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、【大富豪が自分の息子を田舎の土地に送ったら、

帰ってきた息子はどうなったか】という話をご存知ですか?

https://curazy.com/archives/50263

楽園ってこんなかなーと思います。

そして、こんな詩も思い出しました。

やさしい日々  静かに眠る夜

ささやかな喜びのつつましい生活

高望みしない おだやかな心

だれもが求めるけれど

見いだすことのむずかしいもの

             オースチン・ドブソン

そして聖書の中でソロモンも次のように述べています。

「野菜の料理とそこに愛があれば,肥やし飼いにした牛と

それに憎しみが伴うのに勝る」(箴言 15:17)

物質的な豊かさよりも他の人との良い関係のほうが大切ですね。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
2

2017/9/20

エプロンドレス&五目並べ  着物リメイク

先回と同じエプロンドレス2枚作りました。

先回、今回とも不注意なミスが多かった。

ミスや失敗は誰にでもあることですね。

ある辞書によると,

失敗は「誤った判断,知識の不足,不注意」から生じます。

ついうっかりしてと、不注意を軽く見ることは良くありません。

重大な事故や結果につながりかねないからです。

聖書(申命記 22:8)でユダヤ人に

「新しい家を建てる場合,あなたは屋根のために

欄干も造らなければならない。

転ぶ者がそこから落ちて,あなたが自分の家に

血の罪をもたらすことのないためである」。

と神からこう命じられていました。

欄干は,必要な安全対策の一つでした。

聖書時代のユダヤ人家族は,屋上をよく使っていたからです。

それでミスを少なくする方法は傾向と対策を講じることです。

傾向と対策?懐かしく思われる方も多いでしょう。

私も受験に向けて良くお世話になりましたよ。

ところで今、タブレットで五目並べにはまっていますが、

一度も勝てません、勿論不注意なミスが多いからです。

でも不思議なんですよね。

先手で初めて、攻めて、相手をしっかりガードしたつもりでも

御相子にならず、結局は負けるんです。

よく見ると最後の方では、私の黒が白に変わる瞬間があるのです。

オセロではあるまいものにです。なんかルールがあるのでしょうか。

でも今度はどんなミス、見逃しで負けるか楽しみながら、

自分の傾向を知るよう努めています。けな気なゲームです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

エプロンに飽いたので大島のワンピースを作ります。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
4
タグ: 不注意 ミス 失敗

2017/9/12

エプロンドレス&朝顔  

高校の時仲の良かったお友達が

熊本に帰って来ておられることを知って連絡を取ってみました。

凄く懐かしがって会いたいねーと…

他のKさんとは時々会っていて私のことが話に出るというので、

お電話番号をメールで教えていただくはずが、

彼女の方から連絡が来て、何で私に会いたいの?と聞かれました。

何でって?懐かしいから、どうしておられるのかなと思って…

あなた昔私を呼び出して宗教の話をして感情的な応対をしたので、

それ以後、絶対にあわないと思ったとのこと。

私にはその記憶が全然思い出せなく、でも内容はあっているので

多分おっしゃる通りなんだと、申し訳なく思うしかなかった。

何時の時期だろう?

因習が強く残る田舎で、姑は、馴染みがない苗字を聞くと

入り込みだろうと閉鎖的な感情を持つ人でした。

そんな本家の嫁で、手厳しい主人の反対の中で、

本当に苦難の日々でした。勿論自分が選んだ道なので

当然受けるべきものです。

でも当時は誰か自分の気持ちを分かってもらいたいと

必死に願ったのかもしれません。

続けて彼女は言う。3年後ぐらいには気が変わるかもと、

他の誰より、あなたとの思い出が一番あるし、

受験勉強を頑張るようお花の鉢植えをくれたり、

彼女の退職には労をねぎらう電話をくれたしと。

そして、彼女は元教師らしく、

主人のもとにとどまり信念を曲げず生きているのは

良いことたいとの評価をしてくれました。

継続は力なのかな、真理を知って40年、

それを可能にしてくれる主人との関係を

大切にしなければならないとの認識を新たにしました。

確かに苦難は多くても

日々神に仕えることはヨブが述べたとおりです。

「朝にあなたの愛ある親切をもってわたしたちを

満ち足らせてください。

わたしたちが喜び叫び,すべての日々にわたって歓ぶためです」。(詩 90:14)

今日のリメイクはエプロンドレスです。昔買った布地は

よそ行きからエプロンドレスに格を下げて、

活用すると良いかもしれません。

打ち合わせは内側が紐、外はボタンです。

プレゼント用に沢山作って布の在庫を減らしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

今日のK's Gardenは朝顔です。朝ごとに活力をもらっています。

クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
3
タグ: 苗字 真理 因習

2017/9/6

シーツから前掛け&養蜂  着物リメイク

蜜蜂からの横取りではないのかというお声について…

特に、厳格なヴィーガンは蜂蜜を食べないそうです。

ヴィーガンとは?

動物の生態系から搾取しないこと、地球上の動物たちは、

人間に肉や乳を献上するために存在するのではないという考え。

そしてhoney=はちみつが牛乳などとともに、

名指しで排除することが書かれているそうです。

聖書的には、聖書に基づく禁令を別にすれば,

ある種の食物を食べたり避けたりすることを問題にすべきではなく,

食物を食べることに関して自分自身の良心を

互いに、他の人の良心に押し付けるべきでもありません。

当初神は,人間の食物として植物だけをお与えになりました。

しかし1,600年余り経過したノアの日の洪水の後,神は,

「生きている動く生き物はすべてあなた方のための食物としてよい。

緑の草木の場合のように,

わたしはそれを皆あなた方に確かに与える。

ただし,その魂つまりその血を伴う肉を食べてはならない」と

言われました。―創 9:3,4。

そのようにして神は,人間が動物を食べることを許容されました。

不完全になっていく人間の必要のために

そのように変更、譲歩されたのかもしれません。

さて、ヴィーガンの人達の気持ちもわからないわけではありません。

家畜が劣悪な環境でただ人間の必要の為搾取されている状況が、

世界にはみられるからです。ブロイラーの飼養管理など、

やっぱりかわいそうに思います。

神の言葉は,「義なる者はその家畜の魂を気遣っている」

と述べています。(箴言 12:10)

イスラエルに対する神の律法は,動物に配慮を示すべきことを

繰り返し強調しています。(申命記 22:4,10; 25:4)

ではなぜ創造の初めから家畜を創造されたのでしょうか。

神は,動物を人間の益のために創造されました。

動物は人間の仕事を助け,

また人間の仲間もしくはペットともなります。

また,神の愛や知恵を知り、観察し、研究し、生活を豊かにし,

その驚嘆すべき御業の故に神を賛美することもできます。

(詩編 104:24。)

最近、産業としてではなく、趣味の域で養蜂が行われています。

花の多い所に 巣箱を設置し

蜂が蜜を集めやすい環境に人間が巣箱を置きます。

我が家は3キロ以内に河原に菜の花畑があり、12月頃までは、

多くの花が花が咲いており、

自分たちの必要以上たくさんの蜜を集めることができるのです

蜜をいただくとしても、冬を越すための 蜜は残して置くのです。

ニホンミツバチは戦後衰退する傾向にあったので、

積極的に関与して、ミツバチ守る会などの運動の一環なのです。

神からの贈り物なので、

愛情と感謝をもって共存していきたいと思うのですが…

楽園になった地では、完全さに伴って、

次第に肉は食べられなくなっていくのでは?

たとえ最初からお肉が食べられないとしても、今の世の中でも

菜食主義者がおられるので、大丈夫でしょう(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

さて今日の着物リメイクはシーツを染めた前掛けです。

亡くなられたN先生と染めたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
2
タグ: 愛情 賛美 感謝



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ