金田一少年の事件簿  

週刊少年マガジンで1992年から連載をし、元祖推理漫画とも言える存在となっている作品があります。
それは皆さんもご存知の金田一少年の事件簿です。
この漫画は1990年代の中でも非常に人気の高かった推理漫画となっています。
原作は元々は金成陽三郎氏だったのですが、途中から天樹征丸氏に変わりましたが、作画は今でもさとうふみや氏が描いています。
ちなみに金成氏は脚本担当に変更になり、作品から離脱をしたわけではありません。
そして原作として新しく担当になった天樹氏というのはMMRでもおなじみのキバヤシさんです。

この金田一少年の事件簿はどのようなエロ同人なのかご存知の方がほとんどだと思います。
連載された当時というのは、推理漫画というのはタブーといわれていたのですが、この金田一少年の事件簿は其のタブーを破り連載されたのです。
そして人気はうなぎのぼりになり、当時少年漫画のキングといわれていたジャンプよりもマガジンのほうが売り上げが上回りました。
これは金田一少年の事件簿の人気が要因となったからだといわれています。

主人公である金田一はじめは日本を代表する名探偵の金田一耕助の孫にあたり、色々な連続殺人事件を解決するというストーリーとなっています。
基本的に犯人のトリックを見破り犯人を当てるという推理漫画となっているのですが、宿敵である高遠遙一という殺人者との駆け引きを中心とした物語となります。

金田一少年の事件簿以外にも明探偵コナンなどといった推理漫画もあるのですが、これらの作品は金田一少年の事件簿の草分け的な存在となっています。

この菌が一少年の事件簿はアニメやドラマでテレビでも放映されていました。
ドラマではKinkikidsの堂本剛さんがはじめ役となっており、20%以上の視聴率を維持した人気ドラマとなっていました。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ