2009/5/26

女性の更年期症候群  更年期の症状

更年期のときに起きる更年期障害というのは
どういうものなのでしょうか。
更年期というものから説明していきたいと思います。

女性の更年期は、閉経間近になることで卵巣の機能が衰えてくることで、
女性ホルモンの分泌量が少なくなってくるために自律神経等の
バランスに影響が出てきてしまって心身ともに不調に
なってしまうことを指しています。
更年期の時期はだいたい40〜60歳の間だと言われていて、
平均的には間の50歳前後だと言われています。

更年期の前兆としては、最初に体の中で排卵の回数が
少しずつ減って行きます。そうなると生理が
必要にならなくなってきますので、
生理事態もちょっとずつおかしくなってきます。
例えば、生理の周期が極端に短くなったり、
長くなったり、量が減ってしてしまったりと言ったような感じです。

更年期はよく女性に多く見られる症状で、
8割以上の人がなんらかの症状を感じていると
言った結果が出ています。この症状の感じ方は人それぞれですが
重い人は病院で治療をしておいた方がいいと思います。

更年期を迎えてしまうと、その人はもう自分が年を
とってしまったのだとか女として終わったのだとか
考えてしまう傾向があるとは思いますが、
そうではないのだと言うことをきちんと
認識しておかなくてはいけません。

間違った認識をしていると、いざ更年期になったときに
精神的なダメージが大きくなると思いますよ。

また、早めの治療や予防対策によって症状は
緩和できると思いますので悲観せずに誰かに相談するようにしましょう。
0

2009/5/16

更年期の症状と更年期の時期  更年期の症状

「更年期」と聞くと「女の人がなるもの」と考えられていました。
女性が閉経する前後になるとホルモンのバランスが崩れるようになり、
それが原因となってさまざまな症状が出るようになってきます。

閉経の前後を基準としているために
更年期は女性にしか起こり得ないとされてきましたが、
最近では男性にも同様に更年期があると
言うことが分かってきているようです。

では、「更年期」とは閉経のことなのでしょうか?
いいえ、違います。「更年期」とは
多くの医師による定義によると
閉経前後を基準として前後10年位というある期間のことを指します。
年齢で考えてみるとだいたい40〜60歳位ではないかと思います。

更年期の症状で代表的なものと言うと
頭痛や体の火照り、汗をかく、肩こり、
気分の落ち込みなどと言ったものがありますが、
こういった症状は全員にでるわけではなく、
症状がほとんど感じられない人、
辛くてどうしようもない人など個人差があります。
続きを読む
0
タグ: 更年期 男性

2009/5/13

女性の更年期はどのようにして起こるのか  更年期の症状

女性の卵巣では通常女性ホルモンを
分泌するという働きをしています。
加齢によりその働きがだんだん衰えてくるようになり
女性ホルモンが分泌されなくなってくると
体内では女性ホルモンが足りないことにより
心身共にバランスを崩してしまいます。

そのバランスを崩した状態はずっと続くわけではなく、
体が徐々にその状態に順応してくるようになります。
その安定するまでの期間のことを
「更年期」と言うように位置付けられています。

では具体的にはどの位の期間を指すかと言うと、
更年期とは閉経する時期を基準にして
その前5年間から後5年間の期間を指します。

日本人の閉経がだいたい50歳位だと
言われていますので例えば50歳で閉経した場合には
更年期は45歳から55歳位になるのではないかとされています。
続きを読む
0

2009/3/11

更年期の症状は30代でも見られる  更年期の症状

更年期とは40代以上の人しかならないと言うようなイメージがあるかもしれませんが、今では30代の後半の人でも更年期の症状が見られるケースもあるようです。

更年期は、大変しんどいと言ってもそう感じる人と感じない人がいます。感じる人の中には日常生活が困難になるくらい辛いと感じるケースもあるようです。

そんななか、通常は30代で更年期なんてほとんど無いのですが、更年期を迎えてしまい更年期障害に悩まされ、日常生活が普段通りに過ごせないほどになってしまう人がいるのです。

こういった状況はなぜ起きるかと言うと、若い頃の不摂生が原因ではないかと思います。

例えば無理なダイエットを何度もやったとか、不規則な生活をして無理ばかりしていたとか、好きなものしか食べないで栄養バランスを崩していたとか原因は多々あると思います。

そんな状態は若いときにはよくても30代後半になって徐々に体力が落ちてくるようになると一気に体にでてきてホルモンバランスを崩してしまうのです。

では、更年期になるのに前兆みたいなものはないのでしょうか?そういった前兆などがあれば何らかの対応策が練れるのではないかと思います。

その主な前兆は「生理」に現れます。もともと生理周期が不規則なのならば分かりませんが、順調だった人の場合、生理周期が短くなったり、極端に長くなったりして乱れてくるようになってきたら要注意だと思います。

こういった前兆は見逃さないようにして、予防はできませんから、症状を緩和させるための対策を練るようにしましょう。
0

2009/3/11

自律神経のバランスの崩れによる症状3  更年期の症状

更年期障害にはさまざまな症状がでてきます。感じ方は人それぞれで個人差があるので一概には言えませんが、実際にどういった症状があるのかご存知でしょうか?

いくつか症状を挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。

【ホットフラッシュ】
この症状は更年期障害で一番多く見られる症状で、のぼせたり、ほてったりする症状のことを指しています。

のぼせると言った症状ですが、決まったような状態はなく、毎日決まった時間に頭に血がのぼってのぼせてしまったり、なんの前触れもなく急にのぼせてしまったりするようです。

ほてると言うのは周りの人は暑がっていないのに体が暑くなり汗をかいたりしてしまうような状態のことを指します。

こういった症状は自律神経のバランスを崩していることにより起こるような感じです。

これとは逆の症状で冷え性になってしまう場合もあります。これも自律神経のバランスが崩れたことにより起こる症状となります。

【痛み】
更年期障害の症状として体のあちこちが痛くなるといったことがあります。
特に見られる痛みは肩こりや腰痛などではないでしょうか。

これらは更年期になって体の血液循環が滞ったことにより起こるものです。ですから体を動かしたりマッサージに行ったりして常に血液循環をよくするようにしておかなければいけません。

一番簡単なのは散歩をするようにする。つまり歩くようにすることかもしれませんね。日常的にすることで痛みが緩和されるようになってくると思います。
0

2009/3/11

更年期障害の症状/疲れ、めまい、落ち込み  更年期の症状

更年期にはさまざまな症状や障害がでてきて、体や心にさまざまな影響がでてくると思います。

ではいったいどんな症状がでてくるようになるのでしょうか。以下にどんな症状があるのか挙げてみたいと思いますので、参考にしてみてください。

【疲れ】
更年期になるとホルモン分泌のバランスが崩れてくるようになります。そうなると体調にも精神的にも影響がでてくるようになり、肉体的にも精神的にも疲れやすくなってくるようです。

また、更年期の時期って御主人が定年を迎えるようになるとか、子供が自立してしまうとか精神的にダメージをくらう場合があり、いつでもだるいと感じてしまう可能性があります。

こういったことでも疲れに繋がってしまいますのでできるだけ対策をしたほうがいいかもしれません。

【めまい】
更年期の症状としてめまいを起こす人はかなりいるようです。
めまいが起きたときには少し薄暗い部屋で横になり、ゆっくりとするようにしましょう。

ただし頻繁に起きるようなら、更年期が理由ではなく脳梗塞など他の病気の兆候として現れる可能性がありますので、病院に行って受診するようにしてください。

【気分の落ち込み】
更年期になると、本当に何でもないことで気分が落ち込んでしまいます。

こんなときに誰か友達など気分を晴らしてくれるような人がいると更年期もまた違った過ごし方ができると思います。

また、没頭できるような趣味を持つことも気分を変えると言う意味ですごくいいと思いますので、ぜひ見つけてみてください。
0

2009/3/11

更年期障害で起こる婦人科系の症状  更年期の症状

更年期障害になるとさまざまな症状で私たちを悩ませます。どういった症状があるのかよく理解しておいて実際になってしまったらすぐ病院に行けるよう予備知識を付けて起きましょう。

まずは婦人科系の症状ですが、更年期になると卵巣の働きが弱まってきます。そうなると不正出血に繋がる場合があります。

また更年期は女性ホルモンのエストロゲンが減少しておこるもので、こうなるとおりものが増える場合があるようです。

上記のような症状や、外陰部のかゆみなどがおこるようになった場合、子宮筋腫の可能性も否定することはできませんので婦人科をすぐに受診するようにしましょう。

次に胃腸の働きの低下についてですが、更年期になると自律神経のバランスも崩れてきます。

それが原因で胃腸の働きが弱まることがあります。そうなると胃が痛くなったり、ムカムカしたり吐き気がしたり、排便のリズムが崩れて便秘がちになってしまったりしてしまいます。

こうなってしまっても更年期のせいだから平気なんて思わずに、潰瘍の疑いも無視せずきちんと病院にいくようにしましょう。

次に更年期になると女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。そうなると皮膚が弱くなってしまうために外部からの刺激に対して敏感になってしまいます。

そうなると、かゆみや湿疹などがでるようになってきてしまいます。

また水分保持力も低下してしまうので乾燥肌になってしまいかゆみが増してしまうことになります。しっかり保湿をするか、皮膚科を受診するようにしましょう。
0

2009/3/11

更年期の症状を和らげるための日常生活  更年期の対策

更年期になると人によってはさまざまな症状がでてきて、最悪な場合は病気にまで発展する可能性があります。

そこで、少しでも更年期の症状を和らげるための日常生活においての習慣をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

【タバコ】
タバコはできれば吸わない方がいいと思います。
タバコは体にはとてもいいものとは言えません。

喫煙することにより血管を収縮させたり、一酸化炭素が体内に入ってしまったりして動脈硬化を促していることになります。

また煙には発ガン性物質もあるため、周りの人にまで影響を及ぼしてしまいます。
みんなの健康のために、更年期を健康に過ごすためにタバコはできるだけ吸わないようにしましょう。

【三食】
朝食を食べないで1日2食で過ごす人が多いと思います。

朝食を抜いてしまうと体にはエネルギーが溜まりませんので飢餓状態になります。そうなると次の食事(ここで言うと昼食)の時に摂取したエネルギーを蓄えておこうとした働きがでてきます。

そうなると消化されないでエネルギーとして蓄えられてしまうので、逆に太りやすくなってしまうと言うことになります。

更年期のときは太りやすい状態ですのでしっかり3食バランスよく食べておくように心がけましょう。

またドカ食いをしてしまうと体脂肪も溜まってしまうことになってしまい、病気の引き金になってしまう可能性もでてきますのでなるべくそういった一気に食べるという行為は控えるようにしましょう。
0

2009/3/2

食生活の改善で更年期を乗りきる  更年期の対策

更年期のときは、症状によりけりですが辛く感じてしまう場合も多々あります。

そこで、普段の食生活を見直してみるだけで症状が緩和する場合がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

体に必要な栄養素であるビタミン、ミネラル、食物繊維などは野菜を食べることで摂取することが可能です。

更年期になると体のホルモンバランスが崩れ、コレステロールが多くなってしまいます。

野菜を取ることで野菜に含まれている食物繊維が、食事から摂取されたコレステロールの体内への吸収されるスピードを遅くすることができるのです。

それにより更年期障害によって引き起こされる可能性があるあらゆる病気を予防することが可能になってくると思います。

ですから、できれば野菜は毎日食べるようにした方がいいのではないかと思います。

次に寝る前には食事をしないようにしましょう。

人間が寝ているときに体内に摂取された栄養素は吸収されてエネルギーとして蓄えられています。

ですから、夜寝る前に食事をすると栄養が消化される前に吸収されてしまうことになり、結果的に体脂肪へと変わってしまいます。

食べ物が体内で消化されるまでの時間は2時間ほどだと言われています。

食事に脂肪分が含まれているとしたらさらに時間がかかるようです。ですから、太らないようにするのであれば寝る前最低でも2時間以上前に食べるようにしてください。

このようにちょっと食に対して意識を変えるだけで更年期障害を緩和させることが可能になるのではないかと思います。
0

2009/3/2

更年期/生活習慣を見直そう  更年期の対策

更年期をうまく過ごしていくために生活を少しずつ変えてみてはいかがでしょうか。

下記に更年期をうまく過ごすための方法として有効的だと思われるものをいくつかご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

まず、人付き合いをすることです。更年期世代になると新しい友達を作ったり、交流したりすることが難しくなってきますが、人と会話をしたりすることで脳が活性化され、張り合いが出てきたりします。

またボケ防止にも繋がりますので人とコミュニケーションを取るような生活を送るよう心がけましょう。

次にストレスを溜めずに楽しく生活を送ることです。

愚痴ばかり言っていても何もいいことがないばかりか気持ちもすさんできてしまいます。

できるだけ気持ちを切り替えるようにして楽しみと生活のハリを見つけるようにしましょう。

次に大切なのは「睡眠」です。私たちの体が正常に機能するための根本的なことに自律神経のバランスをきちんととると言うことが挙げられると思います。

日中は交感神経が働いて体を動かし、夜は副交感神経が働いて体を休めるようにするのです。この働きを正常にするためには睡眠をきちんととることが大切となります。

バランスが崩れてしまうと寝付きが悪くなってしまったり、眠りが浅かったりして睡眠障害がでてしまう場合があります。

こうならないようにリラックスしたりぬるま湯に使ったりして体の火照りを沈めて眠りに付きやすくするようにすることがとても大切になってくると思います。
0

2009/3/2

更年期/女性のヘアケアとメイク  更年期の対策

更年期の女性の場合、ホルモンバランスが崩れてきてしまっている事から、化粧をしてものりが悪くなってしまってメイクが浮いてしまっていると言ったような感じになってしまいがちです。

更年期の女性のメイクのポイントは明るくすることと、メリハリを付けてメイクをすることです。

まずはベースメイクですが、ファンデーションを付ける前にはしっかりと化粧水や乳液で保湿をするようにします。

その後、下地を付けてからパウダリーではなくリキッドタイプのファンデーションを付けます。

このとき適当に塗るのではなく顔の筋肉のラインに沿うような感じで、叩き込むように塗っていくようにしましょう。

その後にフェイスパウダーを顔全体につけ、余分な粉を払い落としたらきれいに仕上がります。

ベースが出来上がったら、徐々に色味を出していくようにして顔に立体感を出すようにしましょう。

目のメリハリも大切ですが一番失敗しがちなのはチークです。頬骨に沿うように軽く一度はけで付けるようにするだけでいいのです。

これだけで自然な明るさがでるようになります。決して二度三度塗り直して付けすぎにならないようにしましょう。

次に更年期のときのヘアケアに関してですが、年齢を重ねていくにつれて女性の髪の毛も薄くなったり細くなったりツヤが無くなってきたりすると思います。

毎日シャンプーをするときには頭皮のマッサージをして血行を良くしたり、毛穴の掃除をしたりしてなるべく毛穴に汚れを残さないようにすることが大切です。

また、パーマをかけたり髪を染めたりするのも結構負担がかかりますのでやるなら期間をあけるようにするなど髪をいたわるようにしてあげましょう。
0

2009/3/2

更年期による症状について  更年期の症状

女性が更年期になってしまうと色々な症状が体や心にでてくるようになると思います。

それも女性の場合には、子宮や月経などさまざまな女性特有のことにも影響が出てくる可能性がありますのでちょっとここでお話ししてみたいと思いますので参考にしてみてください。

更年期は閉経ではありません。ですから、更年期になったからと言ってすぐに月経が無くなるのだと言うことではありませんが、なんらかの影響がでてくるようになります。

今まで28周期とか定期的に生理が来ていたのに、更年期に入ってしまうと、月に2回来たり、感覚が2ヶ月も3ヶ月も開いてしまったりなど周期が短くなったり長くなったりして安定しなくなってきます。

また、血の量も少なかったり多かったりして変わってきますし、1回の月経の日数も変わってくるようになる場合があります。

これは年齢を重ねていくと仕方のないことなのですが、月経と勘違いしていて不正出血の場合もあります。

不正出血の場合は腟炎や内膜症、子宮筋腫の疑いも出てきますのでこの状況が続くようであればできるだけ早く婦人科を受診するようにした方がいいと思います。

次に血圧についてですが、血圧と言うのは加齢に伴って次第に高くなってくるものです。

しかし、更年期の場合には自律神経が乱れてしまっていることから高くなったり低くなったりと安定しなくなります。

これが続くと心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまう可能性が出てきますのでできるだけ早く病院を受診するか、毎日家庭で血圧を測るようにして変化を見逃さないようにしましょう。
0

2009/3/2

更年期における性欲と性行為  更年期の症状

更年期に入ってからの性生活のあり方についてお話ししてみたいと思います。

更年期で性生活?と思うかもしれませんが、今や更年期を迎える世代の人でも性生活はきちんと行われています。だからこそ若いときとは違う注意点が必要なのです。

ある調査結果によると50代以上の夫婦のうち倦怠期を迎えている夫婦は50%以上いることが分かりました。かなり多いですよね。

しかし、10人に2人は性行為が普通にあるという結果がでています。
結果的するかしないか両極端というわけですね。

ただ更年期を迎えてしまうと性欲が減退してしまうケースがあるのも否定できません。

更年期という時期が一時期のものであっても一方の人だけがずっと性行為をしたくないと言ってばかりいたらうまくいかなくなってしまう可能性もでてきます。

お互いにきちんと話し合うことが大切になってきます。

また注意してほしいことに閉経があります。

更年期に入って生理が来ないからと言って自分は閉経してしまったのだと勘違いしてしまうことがあります。

例えば生理が無くなったなと思ったら数ヶ月後に来たとかいう例は少なくないと思います。

更年期はホルモンバランスが崩れていることから月経不順になってしまいがちです。

妊娠する意志が無いのであればきちんと閉経するまでは避妊に気を付けるようにしましょう。

また、これは更年期であってもなくても関係なく当たり前の注意ですが、もし性病にかかってしまったら速やかに病院に行き治療をするようにしましょう。
0

2009/2/8

更年期における夫婦関係も気遣いが大切  更年期の症状

更年期と言うのは女性だけでなく男性にもあるものです。ここでは夫婦間における更年期の対処法を説明してみたいと思いますので、参考にしてみてください。

まず、旦那さんが更年期になってしまった場合ですが、男性は更年期になってしまったという事を受け入れることがあまり出来ずに仕事に関することだったり、社会的地位に関することだったり気にしすぎてしまう傾向があります。

男性の更年期は女性と比較しても変化が少なくあまり分からないのですが、もし疲れやすいとか言っていたり、なんとなく落ち込むことが多くなったり、精力がなくなってきたなと奥さんが感じるようになったら男性の更年期なのだと理解して暖かく接してあげるようにしましょう。

また、更年期の頃と言うのはちょうど定年時期に入っていたり、子供が結婚などして独立してしまったりなどと二人っきりで過ごすことも多くなってくると思います。

だからと言って旦那さんを邪険にするのではなく、お互いに関心を持つようにしてコミュニケーションをとるようにしましょう。

日本人の男性は感謝の気持ちを言葉に表すことをあまりしません。それだと家庭内でトラブルを招くことになりかねませんのでできるだけ言葉で表すようにしてあげましょう。

また女性の更年期での症状と言うのは、辛い人は本当に大変らしいです。

その様子に男性は何もできずにおろおろしてしまいがちになってしまいます。こういうときこそ旦那さんが精神的に支えになってあげるようにしましょう。
0

2009/2/8

更年期障害では生活習慣病のリスクが高まる  更年期の症状

更年期になると多くの人がその辛い症状に悩まされてくると思います。辛すぎると自殺を考える人が出てくるほど辛いそうです。

そうならないためにも更年期を乗り切る方法を事前から考えておいたほうがいいと思いますので参考にしてみてください。

更年期障害と言うのは、女性のホルモンの分泌量が閉経間近ということで減少してくることで、今までには感じられなかった生活習慣病などの症状も出てくるようになってしまう可能性がでてくるようになります。

女性ホルモンのエストロゲンが減少してくると、高血圧になったり、動脈硬化を引き起こしたり、糖尿病、高脂血症などさまざまな生活習慣病のリスクが必要になってくるので生活に関して注意すると言うことが必要になってきます。

ですから、もし自分がもしかすると更年期障害なんじゃないか?と思った場合には、早めに病院を受診するようにして生活習慣病などの検査も一緒に受けるようにした方がいいと思います。

また更年期の症状が悪化してくると上記で挙げた病気以外の病気を引き起こしてしまう可能性がありますのでできるだけ病院に行くようにしましょう。

また、更年期のときの体調不良に関しては更年期によって起こっているものなのか、純粋に病気になってしまっているものなのかなかなか自分では判断が付かないと思いますので是非病院に行って診てもらい、適切な処置をしてもらうようにしましょう。

あまり大げさに考えてしまうと、精神的に辛くなってしまいますので気軽に考えると言うことも大切です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ