鉄道コム

2008/7/12  0:40

国鉄 DD1611牽引 「パノラマ八ヶ岳号」  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
久し振りのDガマシリーズです。

今日は、昭和61年に走った小海線の臨時列車「パノラマ八ヶ岳号」をご紹介したいと思います。

昭和61年8月、私が未だ仮免教習だったころに高校時代の友人のAE86トレノに同乗して行きました。

小海線に行ったのはこの時が初めてだったと思います。当時はキハ52や58ばかりで、特に変わった路線ではありませんでしたし、当時アンノン族と言われたミーハーどもが集まるところなんか行きたくもありませんでした。
たまたま全国的にも貴重になったDD16型が客車を牽くということもあり、何となく連れられていった感じです。

「パノラマ八ヶ岳号」は、DD16がヨ+ヨ+ヨ+オハ46+ヨ+ヨという6両編成を牽いて運転されています。昭和60年頃に緩急車の連結が廃止されたため、大量に余剰となった緩急車をこう言ったイベント列車として活用する例が見られ始めた頃だと思います。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
昭和61年8月 小海線にて

友人に連れられていった上に、道路を走りながら適当に良い場所を見つけながら撮ったもので、撮影場所など全然わかりません。
このときの牽引機はDD1611号機で、東日本に残った4両のうち唯一のラッセル車対応では無い車両。それが今でも残っているというのは奇跡と言えるでしょう。

今ではこれらの車両も老朽化により廃車されてしまい、残っているのはこの11号機だけなのではないでしょうか。緩急車自体が必要の無くなった車なので、今後このような列車が復活することは2度と無いでしょうね。

鉄道ブログランキング

しかし、今この写真を眺めていて、廃バスにときめいてしまう私は・・・。
2

2017/4/20  1:11

投稿者:キハ181つばさ
風旅記様
同じ時期に同じ場所を旅していたんですね。
国鉄時代末期、合理化で余剰となった人員が膨らみ、その活用が喫緊の課題になる一方、59・2貨物合理化で廃車となった貨車を大量に処分しなければならない状況。
解体すれば金が掛かるので、売却で少しでも収入を上げることを考えたり、このように活用できる車両を廃車せずに残し、最低限の整備をして客を集め、余った人間で少しでも収入を上げるためにとにかく必死になっていた時代でした。
私は大宮操車場で緩急車に毎日乗っていましたが、やはり本線を走る2軸車の乗り心地と言うのを味わってみたかったですね。あと、関係ありませんが、3軸ボギー車と言うのも音を聞いてみたかったです。

2017/4/15  23:29

投稿者:風旅記
こんばんは。
調べ物をしていまして、こちらの記事に辿り着きました。
この列車、小海線を旅しているときに行き違ったことがあります。正確には覚えてはおらず、そのときに撮っていた写真を見返しておりまして、「この列車は?」となりました。
使われなくなった遊休車両を活用し増収につなげるアイデアを、必死に出していたのではないかと思います。
車掌車に一般の乗客を乗せることなど、それ以前の国鉄ならば考えることはなかったかと思いますが、慢性的な赤字が、国鉄をそこまでさせてしまう程、逼迫していたのかと思います。
お写真、楽しく拝見させて頂きました。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

2008/7/13  0:05

投稿者:キハ181つばさ
テツハハ様
こんばんわ。
もう新製されることが無いですから、古くなったら土に帰るのを待つだけ、なんて寂しくなっちゃいますね。でも、遺産的な価値も見出すのは難しいですから、止むを得ないのでしょう。
一般の方からすれば確かに乗りたい車両でしょうね。貨車で乗れるものといえば車掌車くらいしかありませんから。
私は仕事で様々な車掌車に乗りましたので、今となっては特に乗りたい気はしませんが、せめて形式ごとに車内の写真でも撮っておけば良かったかなとおもいます。

2008/7/12  23:58

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
ありゃ、よく考えて見たら確かに暖房が使えませんな。やはり、最低DE10じゃなきゃダメですね。
改装後のヨ8000は中に乗ったことが無いので、どうなっていたかは分かりません。ただ、見たまま狭いですよ。4人用1BOXが1組と、1人用の事務机と椅子、石油ストーブですね、ただ、トイレが付いているので安心です。おそらく1車両定員5〜8人とかで乗せていたんではないでしょうか。
バスコレ2弾だと4Rですね。ただ、こんなに後は丸くないような気がするんですけど。もうアレから25年。残っていないでしょうね。

2008/7/12  23:02

投稿者:テツハハ
こんばんは。
今は駅舎や休憩所、ヘタすると放置されてボロボロなヨ太郎君たち。こんな列車で活躍した事もあったんですね。乗ってみたかったですね〜。



http://oyakotetsu.blog.shinobi.jp/

2008/7/12  22:38

投稿者:金太郎
ヨ8000に乗客の姿が見えますが車内は改装されてたんですかね?車掌車は当然乗ったことも無いしどうなってるのかわかりません。AE86トレノとは懐かしいですね。オハ46どうせなら青ではなく茶に塗り替えてくれれば・・・。小海線にミキストが残ってたらDD16+オハ+ワム+ワム+・・・なんて走ったんでしょう。ただ冬の暖房が使えませんな。
廃バス、かなり色が褪せてるようなので多分この場所に長いこと置かれていたんでしょう。良く見りゃツーマン車ですぞ。私が小学校4年かそこらまでこんなの走ってました。年式とか型式はさすがにわかりません。いすゞのシャーシに富士重でしょう。バスコレ2弾の車体に似てるようなんで。

2008/7/12  18:07

投稿者:キハ181つばさ
line様
小海線に2回も通しで乗っているだけでも大したもんだと思いますが、「のべやま」ってぇのがまたレアですね。回る方向の違いで「すわ」というのがあったんですわ・・・。ちょうど房総の「みさき」「なぎさ」みたいなもんですね。
DD16は定期運用が無いので、捉えるには情報網と休みがいつでも取れるかなど条件が厳しいでしょうね。雪が多ければ、飯山線のラッセルとかが遭遇しやすいかもしれません。

2008/7/12  17:08

投稿者:line
DD16はまだ撮ったことがありませんね。多分目にはしてるのですが。
小海線は全線通しで2度ほど乗ってます。最初に乗ったのは循環急行のべやまでしたっけ?その急行が走ってる時でしたね。ただこれと言った車両も無かったので撮影したことはありません。
やはり景色が良いので乗り鉄向け路線ですかな。

2008/7/12  16:48

投稿者:キハ181つばさ
湘南急行鉄道物語様
写真としてはそんなにキレイに保管されているわけではないのですが、幸いなことに全くカビにはやられていませんし、フィルムスキャンから電子画像への変換技術の進歩や、手軽にある程度のキズを修正でき、さらにカラーバランスの調整もできるという、今の時代ならではの恩恵だと思います。それと、趣味を諦めることなく持ち続けたということでしょうね。
後ほどお邪魔いたしま〜す。

2008/7/12  15:50

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
私も小海線の近辺を含めて3回行っていますが、1度も乗ったことはありません。
車掌車なんて、入換手や列車掛しか乗れない車両な筈なんですが、乗客を乗せてしまうとは・・・私の想い出+優越感が薄れていきますよ。
車掌車は特殊な車両を除いて板バネですからね。85km/hのフルスピードだったら普通の客は耐えられないでしょうね。笑って見ている自分を想像してしまう。
レタスと言えばサラダそばを思い浮かべてしまう暑さ。そばつゆとサウザンアイランドのドレッシングが絶妙なコラボなんです。ご存知でしたか?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ