2008/7/26

海老のポワレ、レンズ豆のサラダを添えて  料理

生で食べられる海老を、強火で一気に焼き、ブランデーでフランベして、
中央は生の状態で仕上げました。

ソースは頭を取った海老を細かく切り、オリーブオイルでしっかり焼き
水、オリーブオイルで焼いた香味野菜(玉ねぎ、にんじん、セロリ、ニンニク)
トマトペースト、黒コショウ、白こしょう、アニス、フェンネル、コリアンダー
をいれ2時間ほど煮込み、ザルでプレスするように漉し、1/2ほどに煮つめて
仕上げにバターで濃度をつけたものです。

レンズ豆は細かく切ったベーコンをきれいな色が付くまで、弱火で焼き
レンズ豆と、鶏の首ずるを6時間ほど煮込んでとった鶏のブイヨンを入れ、
軟らかくなるまで火を入れました。

サラダはエシャロットを入れたドレッシングで味付けました。



堺市泉北のフランス料理店 カウンターフレンチ レストランマヴィ
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ