2013/10/3

結婚がすべて  

結婚して家族を持つことって当たり前のようでとても難しいことなんですよね。
好きな人と出会って深い関係を持って、ふたりでずっと一緒にいることを決める。
大抵の人はお互いにそんな風に感じた気持ちのタイミングがあったときに結婚を決めるんでしょうね。
幸せいっぱいで結婚して生活を共にするうちにすれ違いがおきて気持ちがどんどん離れて行く。
結婚ってそんな切ないものなのかも知れませんね。
私たちは掲示板を利用して出会ったのですが、そんな切ない気持ちになってるときに出会ってしまったんです。
お互いになんとなく寂しい気持ちを抱えたまま日々を送っていたんですね。
傷のなめ合いをしたわけじゃない。
彼と一緒にいるととても幸せな気持ちになれたんです。
寂しい気持ちを埋め合ったことも事実だけど、それ以上の感情があったことも確かなんです。
出会ったときのふたりの気持ちが同じだったからかも知れない。
ふたりが魅かれ合うことに時間は必要じゃなかったんです。
どんなに一緒にいても足りないほどに求めてあってしまったんです。
ふたりはいつも時間を作って傍にいるようになった。
彼と一緒にいられる時だけが私の幸せに変わってしまったんです。
ふたりの子供を大切に思う気持ちだけが家族の元に帰らせるだけ…。
子供の手が離れた時にふたりのホントの人生の始まる。
彼と風の通る気持ちのいい家を探そうって言う約束があるんです。
今はその約束を守るためにふたりは頑張ってる。
彼との穏やかな時間を手に入れるために今を生きてるんです。
0

2013/7/29

マーブルで痛感する衰え  

突然ですが、最近ちょっとした問題に気づいてしまいました。

25歳の誕生日を迎え「とうとうアラサーの仲間入りだね」なんて年上の友達に茶化されようともまだまだ元気いっぱいだと思っていたんですが…体力が衰えてきてるなって感じるこの頃です。

というのも、先日親友と沖縄旅行での出来事なんですが、マリンスポーツで疲労困憊してしまいました。

ジェットスキーにのせてもらって、近くの島を一周してきたんです。
その時はふたりとも「ジェットコースターみたいで楽しい」なんて余裕だったので、スタッフさんの「次はマーブルに挑戦してみる?」の声に挑んだところ…。

スタッフさんがなんと沖縄らしいコンセプト!をガンガン飛ばすから、フロートにしがみつくのがやっとで終わった頃にはさっきまでの元気がウソみたいにぐったり。

スタッフさんにすごい笑われたし、悔しいから来年までに体力つけようかな。(笑)

0

2013/3/22

海が作る作品に込められたビーチへの思い  

ビーチを綺麗にしようとするゴミ拾い活動中に浜辺にある貝殻、シーグラス、海藻、流木などの漂着物を観察、採集する活動をビーチコーミングといいます。

ビーチコーミングで集められた漂着物を用いて作られた作品には「綺麗な海を次世代に伝えていきたい」、「環境を守っていきたい」という思いが込められています。
このような海の環境美化を訴えるために作られた作品を『シー・ボーン・アート』と呼び、沖縄だけでなく、全国で広まりつつあります。

NPO団体のHPには「作品の数が増えれば、海が綺麗になっていく」という言葉があり、すごく印象的でした。
「ゴミを捨てるな」という言葉以上に伝わる願い…
こういった活動が広く知られていったらなと思います。
0

2013/2/11

わが街の沖縄料理店  

通勤で利用しているJRの駅からそう遠くないところに「うみ」という沖縄料理店があります。
60年配の夫婦が経営しているお店です。

奥さんのほうは元沖縄の海女さんで、当時の写真が入口ドアの横に貼ってありました。
おそらく20年ぐらい前のものだと思うんですが、海女姿の奥さんはなかなか堂々としていて健康美にあふれてます。

店には当然のごとく夜の客のためにいろいろな種類の沖縄特産「泡盛」が置いてあります。
中にはアルコール度60%以上という強いものもあるというから驚きです。

いうまでもなくメニューのほうは数々の沖縄料理であふれています。
私はそれまで「ゴーヤ」というものを食べたことがなかったのですが、この店の「ゴーヤチャンプル」で始めてそのおいしさを知りました。
またこの店の「モズク」は絶品なんです。なにぶん沖縄直送ということで、スーパーなどの店で買うものとはまったく違うんです。
すごく太くて、噛むとコリコリと音がするぐらいです。
こんなに”食べごたえ”のあるモズクなど、それまで出合ったことがなかったので驚きです。
0

2013/2/5

黒島の雰囲気  

離島から離島へ気軽に行ける島はたくさんありますが、中でも「黒島」という島は、私の中でお気に入りの島です。
石垣島から船が結構出ているので、気軽に行くことも出来ますよー。

ここは、牛が放牧されているようなのどかで良い島なんです。
まさに「沖縄の田舎の風景」を楽しめるんじゃないかなぁと思います。

ゆっくり癒されたい人におすすめの島ですが、海もキレイでダイビングスポットとかも結構あるみたいです。
だから、活発に動きたいという人にもピッタリの島なんです。

のどかだけど、アウトドア派にも愛されるような島ってなかなかないですよね。
それが、この島なんです。
アクセスもしやすいから、観光客からも愛されている島だと私は感じます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ