2008/3/12

オニオングラタンスープ  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

先月まとめて買った玉ねぎがどっさり。(笑)
北海道は、玉ねぎもおいしいです。

フランスパンを焼いたのですが、ちょっと失敗。(^_^;)
膨らみも足らず、時間がたつと、かた〜いパンに。

そこで、あめ色玉ねぎを作って、オニオングラタンスープに。


玉ねぎ大2個を、薄くスライスして、耐熱皿に。上にバターを適量のせて、電子レンジで5分。水分が出て、しんなりします。
鍋にうつして、根気よく中火で、あめ色になるまで炒めます。(40分くらいで色がつきました)

それを水(800mlくらい)でのばし、コンソメキューブ3個、塩コショウを入れます。

カップに、出来たスープの中にスライスしたフランスパンを入れ、チーズをのせて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼きます。彩りに、パセリをのせるときれいです。
(4カップ分)

朝食は、これと飲み物だけでも、じゅうぶんなボリュームになります。
0

2008/3/10

かぼちゃのケーキ  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

冷凍食品がいろいろ問題視されていますが、国産の冷凍野菜なら、よく利用しています。
このケーキに使ったのは、北海道産の冷凍かぼちゃ。 ホクホク甘くておいしいです!

この冷凍かぼちゃと国産大豆の調整豆乳を使って、フードプロセッサーに材料をどんどん入れて、あとは紙の型に入れて焼くだけの簡単ケーキを作りました。

【材料】
冷凍かぼちゃ 300グラム
豆乳     150グラム
生クリーム   50グラム
砂糖      50グラム(甘いのが好きな方はもうちょっと多く)
全卵       2個
薄力粉     30グラム
溶かしバター   少々

かぼちゃは、レンジで柔らかくして、皮ごとフードプロセッサーにかけます。
そこへ、豆乳、生クリーム、砂糖、卵、薄力粉を順に、回しながら加えていきます。
あれば、かぼちゃの種(食用に売っている)を上にちらして、170度に予熱したオーブンへ。45分ほどで焼きあがります。

写真のケーキは、仕上げに表面に溶かしバターを塗りました。

冷蔵庫で冷やして食べると、しっとりとしてより美味しいです。コーヒーのお供にどうぞ
0

2008/3/2

おつまみ一品  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

鶏ササミとインゲンと、じゃこの簡単な和え物です。


鶏ササミに、お酒と塩少々をふりかけ、レンジで3分ほど酒蒸しにし、一口大に裂いておきます。

インゲンはさっと塩茹で。

じゃこは、香りを立てるようにフライパンで炒っておきます。

下準備したこの3品をボールに入れ、ポン酢をふりかけます。

フライパンにごま油と鷹のつめ少々、にんにくみじん切り少々を火にかけ、香りがでたら、熱いうちに、ふりかけます。

最後に、いりゴマをふりかけて、できあがり 


おかずの一品でも、ビールのおつまみにもいけます。
0

2008/2/7

手作りレバーペースト  グルメ・クッキング

私の楽しみのひとつは、パン作り。

そのパンに塗るのは、バターだったりジャムだったり、いろいろですが、家族に好評なのが、手作りの鶏レバーのペーストです。

市販のものもたくさんありますけど、ビンにちょこっとだけ入ってお値段も結構高いですよね

手作りすると、びっくりするほど安くそして、沢山できます。


作り方は。。。

なるべく新鮮な鶏レバーを300グラム程度
玉ねぎ  中1個
にんにく 1片
バター  40グラム
ブランデー  適量
(または赤ワイン)
ローリエ   1枚
コンソメキューブ 2個
塩コショウ  少々

1.レバーの白い筋を包丁で丁寧に取り除きます。

2.1のレバーをボールにいれ、ちょろちょろと出した流水で10分ほど血抜きします。
  その後、ざるに上げ水気を切ったあと、ブランデーにつけておきます。

3.鍋にバター(10g)を入れ、みじん切りにしたにんにくを炒め、香りが出たら、みじん切りにした玉ねぎを加えて、しんなりするまで炒めます。

4.3にレバーをブランデーごと入れ、中火の強で、アルコールを飛ばし、ひたひたよりチョット少なめのお水と、コンソメキューブ、ローリエを加えて、煮詰めます。

クリックすると元のサイズで表示します

5. 水分が半分くらいになったら、火を止め、塩コショウをします。少し塩辛いくらいがパンに塗るには美味しいです。

6. 5をフードプロセッサーにかけ、なめらかになるまで回します。熱いうちに、最後にバター(30g)を加え、よく混ぜたら、出来上がりです。

荒熱がとれたら、密封容器にいれて、冷蔵庫で保存。1週間くらいは持ちます。冷凍しておいてもOKです。

パンでも、クラッカーに塗っても、美味しいです

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/23

揚げないコロッケ  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

年末年始、食べ過ぎて、少々カロリーオーバー気味です

そこで、少しでもカロリーオフと思って、油で揚げないコロッケ、作りました。

作り方は、簡単!

普通のコロッケと同じように、じゃがいもを茹でるか、レンジで柔らかくして、具材(炒めた挽肉やツナ、コーンなんでも)を混ぜ込み、成型します。

ここで、違うのが、パン粉。

耐熱皿に、少々の油をまぶしたパン粉をひきつめ、レンジ(600w)で3〜4分チン!します。 すると、よいキツネ色に仕上がります。

それを、衣をつける要領と同じに、小麦粉→溶き卵→レンジしたパン粉の順につけていきます。 見た目、もう出来上がり〜という感じです。

それを、220度のオーブンで10分焼きます。

揚げなくても、サクサクして美味しいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、大量に煮てしまって、食べ飽きた『ひじきの煮物』を具材にしました。
0

2007/12/17

ピッツァ(いろんな具材をのせて♪)  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスシーズンですね!

みんなでワイワイやりながら、手作りピッツァはいかがでしょうか?

今回は、大きく作りたかったので、オーブンの角皿いっぱいに四角く作って、具材も4種類のせました。

生地は、パン生地。

捏ね作業も5分ほどでいいので、簡単に作れます。

材料は

☆強力粉200グラム 薄力粉50グラム

☆塩 小さじ1/2

☆砂糖 小さじ2

☆ドライイースト 小さじ1

☆オリーブオイル 大さじ2

☆水80cc

☆牛乳50cc(50度くらいに温めておいて、水とあわせておく)

以上の材料をまとめ、5分ほどこねます。

こねあがった生地を丸くまとめて(なるべくツルっとなるように、綴じ目を下に)、ボールに入れてラップをし、暖かいところ(30度くらい)もしくは、オーブンの発酵機能を使って、30分ほど発酵させます。

生地が1.5〜2倍くらいに膨らんだら、生地を抑えてガスを抜きます。

もう一度丸めなおして、10分ほど生地を休ませます。

あとは、麺棒で、四角くオーブンの角皿にあわせて伸ばしていきます。

オーブンシートに生地をのせて、トマトソース、具材(写真は、ツナ、ベーコン、アンチョビ、生ハム←これは焼き上がり後にのせます、などお好きなもので)、モッツァレラチーズ(ピザ用チーズでもOK)、を順にのせ、250度に予熱したオーブンで、10〜12分焼けば出来上がりです。このとき、角皿も一緒に余熱しておくとよいです。

生のバジルや生ハムは焼きあがり後にのせます。オリーブオイルをふりかければ、こくも出ます。

みんなで一緒に好きな具をのせて、遊び感覚で作ったら楽しいですよ。
0

2007/11/26

ナポリ風ミートボール  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

先日、お友達を招いて、おうちランチしました。

メニューは、

☆ナボリ風ミートボール(ボルベッティーネ)のトマトソース
☆春菊のキッシュ
☆じゃがいもとブロッコリーと小エビのバジルソース

ここでは、ミートボールの作り方を簡単にご紹介します。

【材料】
☆ミートボール
牛肉(荒びき)300g、たまねぎ(みじん切り)半個、しいたけ(みじん切り)3個分、にんにく(みじん切り)1かけ、ベーコン(みじん切り)3枚、パン粉大さじ4、パルメザンチーズ大さじ4、小麦粉少々、

☆トマトソース
トマト缶1缶、玉ねぎみじん切り半個、にんにく、コンソメ顆粒、バジル、オリーブオイル

【作り方】

牛肉は、ミンチ肉ではなく焼肉用などを買って来て、フードプロセッサーなどで粗く引きます。
たまねぎ、にんにく、しいたけ、ベーコンをオリーブオイルでしんなり炒め、パン粉と共にお肉の中に混ぜ合わせ、粘りが出るまでよく捏ねます。
適当な大きさに丸めて、小麦をまぶして、多めのオリーブオイルで焼きます。

トマトソースは、たまねぎとにんにくを炒めた中に、トマト缶を入れ、煮詰めます。
コンソメ顆粒と塩コショウ、乾燥バジル(生でもOK)を加えて作ります。

お皿に、トマトソースを引いて、ミートボールをのせ、パルメザンチーズをかけて、お好きなハーブでも飾って、できあがり

ハンバーグのようですけど、ちょっと風味の違ったミートボールもいいですよ!
0

2007/11/8

ポテトサラダサンド  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します
パンを焼くのも、大好きです。
買ったものも美味しいけれど、自分で焼いたパンは、格別です。
特に、焼きたての香りは、私にとっては、『しあわせの香り』と感じます。

先日焼いたパン。
これをつかって、ボリュームのあるポテトサラダサンド作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

パンは、軽くトーストして、バターを塗っておきます。

食パンの場合は、2枚合わせたままトーストすると、外はカリカリ、中はふわふわのままで、具材も挟みやすくなります。

ポテトサラダは・・・

茹でたじゃがいも、軽く塩もみして絞ったきゅうりと玉ねぎ、カリカリに焼いたベーコン、ゆで卵、パセリ、これに、マヨネーズ、シーザーサラダドレッシング、しょう油(少々)、塩コショウで味付けします。
最後に、シナモンシュガーを香り付けに。

豪快に挟んで、ランチなどに、どうぞ
0

2007/11/3

春菊のキッシュ  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

キッシュは好きでよく作ります。

いつも、ほうれん草とベーコンもしくはきのこ等の具材で作っていましたが、『春菊』で作ったら、とてもおいしいとお友達から教わりました。

で、さっそく実行。

ほんとに、美味しいです

春菊の香りや風味が、卵とチーズの生地によくマッチします。


作り方は、

1. 冷凍パイシートを適当に伸ばして耐熱容器に敷きます。それを、200℃のオーブンで10〜15分ほど先に焼いておきます。(耐熱のお皿などで重石にするとよいです)

2. フライパンに玉ねぎ、ベーコン、春菊をオリーブオイルで炒め、塩コショウで味付けしておきます。

3. ボールに、卵2個、生クリーム100ml、牛乳200ccを入れてよく混ぜ、ナツメグを入れて香りを足します。

4. 3の卵液に、冷ました2の具材をいれ、シュレットチーズを入れ、焼いたパイシートの上に流し込みます。

5. あとは、200℃のオーブンで30分焼けば出来上がり。


お鍋料理に欠かせない春菊ですが、こんな風に食べるのも、イケます!!
0

2007/10/18

スイートポテト  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します

秋の味覚のひとつに、『サツマイモ』ははずせませんね!

栄養価も高いし、食物繊維も取れるし、なんとも、あのあま〜い味と香りが、温かで幸せな気分にしてくれます。

そのまま『焼き芋』にしても充分おいしいですが、今回ちょっとコジャレて、スイートポテトにしてみました。


サツマイモ(中)2本を洗って、ラップで巻いて、レンジで約10分。
柔らかくなったサツマイモの皮をむいて、マッシャーでつぶします。

そこへ、砂糖(80グラム)、卵黄(2個)、生クリーム(50cc)、バニラエッセンス(少々)を加え、よく混ぜ合わせます。(硬さの加減は牛乳でのばしてください)

これを、裏ごしにすれば、口当たりがぐっとなめらかで美味しくなります。
(ちょっと大変だ・・と思う方は、自宅用ならしなくてもOK!)

最後に、溶かしバター(30グラム)を加えます。

アルミの型に、適当な形に整えた生地をのせ(ちょっと手をぬらすとやりやすい)、はけで卵黄をぬり、オーブンへ。

220度で15分で、出来上がり〜!

出来立てのおいもとバターの香りがなんとも言えません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ