2017/3/19

センバツ 開幕!  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


「第89回選抜高校野球」が、今日19日甲子園球場にて
開幕しました!
今年は久しぶりに開会式から見物することに。


何てったって、初日から好試合があるので、家にじっと
してはおれません!
まずは開会式を見ようと、自転車に乗り甲子園球場へ。
たくさんの人が詰めかけていましたが、何とか外野席に
滑り込めました。 セーフ!


隣の席にいた人は元高校球児で、甲子園に出場されたそう。
今も当時のことを思い出しては、ドキドキするとか。
白球を追う青春なんて、いい経験ですね! 
羨ましいなァ〜


クリックすると元のサイズで表示します


息子たちの母校(大阪と兵庫)も、今年センバツに出場の予定。
今日の第2試合に大阪代表として、関東の日大三校との
対戦があるので、一旦自宅に戻り時間調整を。
再び甲子園へ来たときには、座席を確保するのがやっと。
今日は息子の分まで応援するつもりよ!


クリックすると元のサイズで表示します


しかし…


クリックすると元のサイズで表示します


初回にいきなり2点先取され、何だか雲行きが…
途中でホームランが飛び出し、ようやくと逆転!
この調子で行くのかと思いきや、8回には同点にされ、
9回も2アウトとなり勝利を諦めかけたとき、相手のエラー
などで、何と、7得点ですよ〜!!


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


エエーーー
「野球は2アウトから」とよく言うけれど、ホントですねぇ〜!
終わってみれば、12対5と圧勝?でしたよ。
何だか信じられないけど、初戦勝利となりホットしました♪
前評判だと、両校とも優勝候補に挙げられる程の実力校だとか。
どちらが勝ってもおかしくはない試合でしたものね。


私が長男の学校の試合観戦をして、校歌を聞けたのは
初めてじゃないかな〜
とにかく、嬉しかった!


クリックすると元のサイズで表示します


球場近くの公園では、桜(雛八丈桜)が咲き始めていました。
決勝を迎える頃には満開になっているでしょうね。


【追記】 3/20


クリックすると元のサイズで表示します


大会2日目も甲子園へ。
近くで買い物をしたついでの試合観戦ですが。(^^;)


今日は次男の母校が第2試合に兵庫県代表として出場!
永田監督が今大会を最後に勇退されるそうです。
後任には、次男とクラスメートだった大角君が、監督に
就任するんですって。
もうそういう年回りになったんだなと、感慨深いですね〜


クリックすると元のサイズで表示します


甲子園出場は果たすのだけど、このところ初戦敗退が
続いていて、今年こそは監督のためにも!と祈願したら、
何と、21対0 の大勝!!
まさか、「嘘でしょ!?」という感じ。


クリックすると元のサイズで表示します


相手校が21世紀枠だから弱い?という訳ではないですが、
今度の試合のため安打も抑えておけばよかったかも…


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


「報徳」はこれで選抜大会通算30勝なのだとか。
次の試合も頑張って、勝利数をもっともっと増やし
続けてもらいたいな。



2017/2/26

─淡路島─ 梅と夕日と菜の花と  写真

またまた法事があり、淡路島へ行ってきました。
日帰り運転はキツイ!という主人の提言から、
国民宿舎 「慶野松原荘」 で一泊することに。
ふるさとの美しい自然に触れ、故郷の良さを再認識
してまいりました!
写真をたくさん撮ってきたので、ご覧くださいね。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


慶野松原近くにある親戚での法要が、予定よりも早く終了
したため、チェックインまで3時間待ちとなり…
なので、毎年見物している南あわじ市“村上邸”のしだれ梅を
見に行こうということに。
行ってみて、正解! 今年も見事でした〜♪
樹齢60年のしだれ梅をじっくりとご覧ください。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


陽気に誘われ、猫ちゃんも梅見物かニャ〜
ぜんざいで休憩をしたけれど、とっても甘かったわ。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


◆「慶野松原」
    日本白砂青松100選、日本の渚百選、日本の夕日百選
    に選定される。
    2、5kmの砂浜に5万本のクロマツが広がる景勝地。


播磨灘に沈む夕日がまさに絶景なんです!!
この日は晴天だったので、空の色がきれいでしたよ。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


淡路出身でも洲本市生まれなので、慶野松原へは
余り来たことがなくて、夕日を見るのも初めて。
実際にきて見て、その素晴らしさに感動!でした。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


慶野松原には、プロポーズ街道というものがあり、
カップルがたくさん出没していました。
夕日を見ながらのプロポーズなんて、最高だわ〜
私も、もう少し若かったら…
だって昔はそんなロマンチックな所、なかったもんネ!


クリックすると元のサイズで表示します


こちらは、昨年の朝ドラ「あさが来た」最終回放送分の撮影地。
菜の花の咲く「あわじ花さじき」です〜!
大阪湾を望む丘陵地にはお花畑が広がっていました。
春もそろそろ近いのかなぁ〜。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


今度淡路へ向かうのは、いつになるのかしら。
明石海峡大橋は視界良好でした。



2017/2/18

「北条電車」に乗ってみました♪  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します


兵庫県の小野市と加西市を結ぶローカル線の「北条鉄道」
に、初めて乗りました!
とても心癒される楽しいひとときでした♪


クリックすると元のサイズで表示します


「北条鉄道」というのは、小野市の粟生(あお)駅から、
加西市の北条町駅13、6kmを22分で走行しています。
車両は全部で3両あり、本日乗車したのは小野市の市花
ひまわりと加西市のマスコット“ねっぴー”がラッピング
された 『ねっぴー号』 でした。


その北条鉄道の法華口という駅に名物駅長がいるらしい。
それに駅舎内ではパンを製造・販売していると聞き、俄然、
行ってみたくなって。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


いやぁ〜、ステキですよね!!
駅長さんは電車が見えなくなるまで見送ってくださるのですが、
その姿勢の美しいことといったら…
思わず見とれてしまいました〜(^^;)
名物駅長の姿を捉えようとするカメラマンの多かったこと!!
まあ、納得ですよね。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


駅舎内では、米粉と地元食材を使った米粉パンを販売する
パン工房 『モン・ファボリ』 が開店していました。
どれを見てもオシャレで美味しそう♪


クリックすると元のサイズで表示します


お土産用にいっぱい買い込みました! (*´σー`)エヘヘ


クリックすると元のサイズで表示します


ハム&さとらん卵のサンドイッチに、野菜たっぷりのスープを
こちらでいただくことに。
駅舎内では休憩スペースも用意されていました。
米粉のパンはもっちりと柔らかくて、何より野菜の量が
多いスープも、甘くてやさしい味がしましたね。
お味もボリュームも私好みで、大満足!!〜


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


テレビで放送されたばかりなので、訪れるお客さんも多く、
焼きあがったパンはあっという間に売り切れ状態に。


クリックすると元のサイズで表示します


3時のお茶に立ち寄ったら、もうチョコチップパンしか
残っていませんでしたが。
チョコチップパンも美味しかったわぁ〜!
可愛いデザインも嬉しいですしね。


北条鉄道では、1時間に1本という運行なので、
駅長さんを囲んでお話ができたり、ゆったりと
した時間を過ごせました。
米粉を使ってのパンを作る苦労話などをうかがったり、
あのお見送りのポーズも、最初は手を挙げることさえ
恥ずかしかったのだとか。
特に観光すべき所はないけれど、今までこんなにほっと
くつろげる駅舎はあったかなあと。
ついつい長居をしてしまいました。


クリックすると元のサイズで表示します


工房内で作業している時でも、電車が到着するとすぐさま
ホームに出てお迎えをされていました。
益々駅長さんのファンが増えそうですよねぇ〜


クリックすると元のサイズで表示します


終点の北条町からは、加西の石仏「五百羅漢」へ行くことに。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


「親が見たけりゃ 北条の西の五百羅漢の堂に御座れ」
と謳われたように、大きさや表情の異なる石仏のなかに
必ず、親や子、知人や自分に似た顔があるはずとか。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


泣いたり、笑ったり、考えたり…
羅漢さんはいろんな顔で鎮座されています。
こちらの羅漢さんは素朴な趣きで、とても親しみを感じました。


クリックすると元のサイズで表示します


最後に北条町駅で、記念の「長寿切符」を購入。
長(おさ)駅から、粟生(あお)駅行きの切符で、
「長」、粟「生」をかけて「長生き」なんですって!!
元気で過ごしたいですね〜


ゆったりと北条鉄道に乗り、心が潤ったプチ旅行でした。
桜の咲く季節にまた、駅長さんや羅漢さんに会いに行こう!
と思っています。



2017/1/31

〜和歌山紀行〜  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


和歌山県の串本町潮岬では、毎年1月の最終土曜日に
「本州最南端の火祭り」 (望楼の芝焼き) が行われます。


荒船海岸の「海霧」の撮影に行くようになって、
知ってはいたのだけど、今年初めて見物をすることに。
ついでに、橋杭岩と荒船の朝日も拝んでこよう!
と、欲張りな計画を立てました。(^^;)


クリックすると元のサイズで表示します


串本までは、新大阪駅から“特急くろしお”に乗り約3時間半。
けっこう遠いですよね〜!
新幹線なら東京まで行けますもの。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


潮岬の天気は快晴!
芝焼きにはもってこいの気象条件です。
ちょっと風が強めだったかな〜。
焼いたあとはすぐに消さなくっちゃ!


以前、「望楼の芝焼き」といって行われてたのですが、
今では「本州最南端の火祭り」と呼ばれるようになり、
3万坪の芝生に炎が燃えあがって、幻想的な風景に
なるのだとか。
岬タワーから周囲を見渡せば、雄大な自然が広がり
心地いいよなぁ〜♪


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


地元の方やトルコ民族舞踏団の踊りが披露され、
「しょらさん鍋」という、トビウオのすり身の入った
お味噌汁をいただきました。
そのあと餅まきもあり、広げた帽子の中にお餅が
1個だけ入ってましたよ! ホホホ
見かねたお隣の方がもう1個くだって、嬉しかった〜


クリックすると元のサイズで表示します


いよいよクライマックスの芝焼き!
串本古座高校・弓道部員による火矢射式ですが、
まあ、カッコいいです!!


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


火のついた矢が放たれ、ゆっくりと芝生に点火。
花火も上がり、やがて幻想的な風景が眼の前に…


クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示します


古芝を焼いて害虫を駆除し、新芽を育てやすくする
のですが、確か奈良・若草山の山焼きも同じ日
だったかなと。
こちらの芝焼きは、他所と違って平地で行われるため、
炎のそばまで近づいて見ることが出来ます。


炎があっという間に広がって、幻想的な光景に
ずっと見入ってしまいそう!
いつまでも見守っていたかったのですが、最終バスの
時刻が迫ってたので、仕方なく諦めることでした。


翌日以降に、橋杭岩や荒船海岸の朝日を拝みたいと
思っています。
さて、どうなるかな〜。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


橋杭岩の朝日を狙って出かけました。
太陽はこの時期水平線からではなく、大島の方角から
昇ってくるのだとか。
日の出がだいたい6時55分ぐらい。
1時間前には到着して、夜が明けるのを待ちましたが、
雲が厚くて綺麗な朝焼けは望めませんでした。
まあ何とか晴れたので、よし!としましょうか。


クリックすると元のサイズで表示します


昼間の橋杭岩はこんな感じ。
潮が引いて岩の間を歩いて行けそう。
今度は水平線から上がる朝日を見てみたいものです。



こちらは荒船海岸の朝日です。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


昨晩の雨や気温も高めで、海霧は発生しないし、
漁に出る船も見かけませんでした。
海霧を撮るには厳寒な日を選んで、また出直す
ことにしましょう!



この旅でもう1ヶ所楽しみにしていたものがあります。
それが、こちら。


クリックすると元のサイズで表示します


◆「無量寺」 臨済宗東福派のお寺で、「芦雪寺」とも呼ばれる。
  円山応挙とその弟子、長沢芦雪の襖絵を数多く収蔵。
  
 「応挙・芦雪館」は日本一小さい美術館とも言われてるのだそう。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


芦雪が描いた「虎図」、「龍図」を、やっと拝見できました!
雨の日だと収蔵庫へは入れないのです。
本堂では、襖絵をデジタル化して再現され撮影も可能。


芦雪は実際に虎を見たことがなく、虎の顔は猫のよう。
微笑ましいですよね。
自然とお酒も愛した芦雪は、十ヶ月間の南紀滞在中に
270点余りの絵を描いたそうです。
来月にはスイスに貸し出しされるとかで、今のうちにゆっくり
鑑賞出来てラッキーでした。


いつもは海霧を撮るための和歌山行きでしたが、今年はまた
違った体験が出来て楽しかったです♪
これから現実に戻るのがちょっとツライですが…




2017/1/27

ほっこりと ♬  雑感

寒い日が続いていますが、無邪気な孫たちに
とても癒されています〜


まずはこちらから


クリックすると元のサイズで表示します


神奈川県に住む6才の“はるちゃん”から、
絵はがきが届きましたよ。


「じいじ またあそぼうね」だって!
そうなんです。
じいじは、はるちゃんの遊び相手でお正月には
ず〜っと一緒に遊んでたものね。
まぁ、仲良く手をつないだりなんかして。
じいじのファッション、ずいぶん若くていいわね〜


続いて、こちら 


クリックすると元のサイズで表示します


ぷぷっ!
パンダみたいだって!?
昨年秋に誕生した和歌山の「パンダ」と
同じくらいの大きさなんですが。


おチャメなお嫁さんが写メを送ってくれました。
お風呂に入ってごきげんな
孫息子の“天クン”です〜♪
よろしくね。


さあ、今日もがんばりましょう!!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ