2017/12/2

師走になりました!  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

            ─ 地蔵院 総門 ─


いよいよ12月に入りました。
今年もあと1ヶ月を切ったことで、慌ただしさを感じますね。


京都はんなり旅も、この日が今年最後のバスツアー。
まだいい具合に紅葉は残っていて、私たちの目を
楽しませてくれました。
洛西“紅葉のトンネル”浄住寺「特別公開」と、鈴虫寺、
竹の寺を巡ってきました。


まずは一休禅師が幼少期を過ごしたお寺「地蔵院」へ。
境内が広く竹林で覆われていることから、竹の寺とも
呼ばれています。


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します
  
              ─ 本堂 ─



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します

      



クリックすると元のサイズで表示します

              ─ 中門 ─



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


紅葉と竹林のコントラストが美しい「地蔵院」
春の青葉の頃にも訪れてみたいものです。


クリックすると元のサイズで表示します


次は、嵯峨天皇の勅願寺「浄住寺」
参道の石段を染める紅葉が見事です!


クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します

 
室町時代の池泉式庭園や、狩野永岳の雲龍図などが
見どころでした。


クリックすると元のサイズで表示します


最後は、行列の出来る人気のお寺、「鈴虫寺」へ、
一年中鈴虫の音を聞くことが出来るお寺として有名。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


お茶とお菓子をいただきながら、肩の凝らない説法を聞こうと
階段には常に長い行列が!
本日の説法は「四恩」と、「和顔愛語」
いつも笑顔を忘れず、人を思いやること。
よく心に刻んでおきたいと思います。


また、わらじをはいたお地蔵様は、ひとつだけ願いを叶えて
くださるのだとか。
私もきっちりとお願いをしてきましたよ〜


クリックすると元のサイズで表示します


ツアーを終え、大阪駅まで戻ってくるとすっかり日も暮れて、
御堂筋イルミネーションが綺麗でした!



今年もあっという間に過ぎようとしています。
ご覧いただいた皆さま方には、感謝申し上げます。
どうもありがとうございました!


さあ、これから大掃除、年賀状作成、部屋の片づけ、買い出しなど
主婦はがんばらなくっちゃね。
ひょっとして、もう1回くらい投稿出来るかもしれませんが…
よいお年をお迎えくださいませ。 



2017/11/22

やっぱり、「もみじの永観堂」  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


職場の元同僚たちと京都へ紅葉見物に。
梅田で待ち合わせをし、さあ今日は大阪で一日お喋りを
と思ってたのに、一人が京都の紅葉状況の切り抜きを
持ってきていて…
そのいちばん最初にあったのが、「永観堂」だったわけ。  
じゃ、ここへ行きましょう!ということに。 


まあ、今まで桜と紅葉の季節には同僚たちと、京都観光を
していたので、こうなるだろうと予想していましたけどね。
行くとしたら、やっぱり、「もみじの永観堂」、
即決でした!



クリックすると元のサイズで表示します


「永観堂 禅林寺」
紅葉の見頃を迎え、参拝客がどっと押し寄せていました。
その美しさといったら…
もう言葉にする必要はないでしょう。



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


桜の季節の再会が中止となり、今年はもう会えないかもと
諦めていたので、この紅葉見物は楽しかった〜♪
お互いに足腰が弱ってきてはいるけれど、
もみじは綺麗だったし、お天気もよかったし、
もう最高でした!!
また来年も元気で会いましょう。


クリックすると元のサイズで表示します


梅田まで帰ってきて、阪急三番街でまたまたお喋りを。
懐かしいお店、モロゾフでチーズケーキを注文。
昔、職場の先輩とよくこちらを訪れたもの。
三番街は随分と変わってしまったけれど、モロゾフは
昔の場所に残っていました。
嬉しかったなぁ〜!
チーズケーキは、慣れ親しんだここのがいちばん好きだし、
珈琲もやさしい味わいで、ほっとした気分。
今日はハッピーな一日となりました。


2017/11/8

広島・三段峡へ行ってきました!  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


連休を利用して、広島県の「三段峡」へ出かけてきました。
二段滝、三段滝の紅葉はほぼ見頃を迎えていましたが、
三段峡正面入り口付近はまだ色づきはじめという情報。
家族の休みはこの日しか取れないので、決行することに。


クリックすると元のサイズで表示します


「三段峡」へはずっと前から行きたかったんですよね〜(^^;)
『山水画の世界を徒歩で楽しめる秘境』ですもの!
今年開峡100年目を迎えたという事を知って、その思いは
より強くなるばかりで…


北広島はかなりの遠距離だし、紅葉シーズンは混雑して入峡が
難しいらしい。
前日から一泊して秘境を目指したい!
深入山の麓にある「いこいの村 ひろしま」に宿泊し、車で
まず「二段滝」、「三段滝」へ向かうことに。


クリックすると元のサイズで表示します


宿舎の近く、深入山(しんにゅうざん)東登山口辺りの紅葉も
素晴らしく、こちらへもぜひ登ってみたいもの。
次回に挑戦したいと思います!


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


秘境のオアシス「葭ヶ原」の紅葉は見事!!
この辺りまでは、小鳥のさえずりなどを聞きながら
散策も余裕ですね。


クリックすると元のサイズで表示します


二段滝へは超秘境なので、渡船に乗らないと行けません。
高さ20mほどの岸壁がそそり立ち、昼間でもうす暗く神秘的!
船頭さんはロープをつたいながら、船を進めていきます。


クリックすると元のサイズで表示します


乗船して5分ほどで二段滝へ到着。
ここ数日の雨続きで、水量もかなり増えているのだとか。
よーく見てると、ん? 一段なのではないか…


クリックすると元のサイズで表示します


そうなんです!
昔は二段だったのだけど、昭和63年の集中豪雨で一段が崩れて
しまい、今でも「二段滝」の名称で残っているのです。


クリックすると元のサイズで表示します


再び船に乗り元の場所へ、次に「三段滝」を目指します。
途中、降雨のためびしょ濡れ。
えー、こんなはずじゃなかったのに…
出かける前から天気予報をずっとチェックしていて、予報では
「曇りのち晴れ」だったはず!
普段は折り畳み傘を携帯するのに、この日に限って不携帯。
最悪だわ〜(ノД`)・゜・。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


三段滝への道のりは険しいものでした!
途中の美しい景観に足を止めることもなく、落ち葉と雨で
ぬかるんだ道を、転ばぬようひたすら歩き続け、何とか
三段滝へ辿り着きました。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


目の前を激流が流れるさまは感動もの!!
付近の紅葉もいい具合に色づいて、コントラストが素晴らしい。
晴天だとさぞかしいい写真が撮れたでしょうに…


雨で濡れた体を温めたく、急いで今来た道を引き返します。
駐車場横の休憩所でおぜんざいをいただくことに。
程よい甘さが広がり、ほっとひと息つけて助かりました。
衣服を着替えたくても夫はまだ下山しておらず、電話、メールも
繋がらなくて、暫くこのまま待つことでした。


クリックすると元のサイズで表示します


やっと合流出来た私たちは、三段峡正面入り口へと向かう。
雨のせいか駐車場は空いていて、ここから「黒淵」を目指します!
近くのお店で昼食をとっていると、雨は益々激しく降り続き
これからの入峡を諦めかけていました。


クリックすると元のサイズで表示します


暫く待っていると雨もあがったので、「やっぱり三段峡を歩こう!」
10分ほど遊歩道を進んでいると、「姉妹滝」が見えてきて。
その後も兜石、赤滝、女夫淵、五立、石桶など、美しい渓谷が
続きます。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


「黒淵」にて再び渡船に。
いちばん深いところで11mもあり、水が黒く見えるので黒淵。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


三段峡随一の景勝地で、よくポスターなどに使用される場所。
船に乗り100mもある絶壁を見渡せば、山水画の世界にいるかのよう。
黒淵荘で少し休憩し、すぐさま引き返すことにしました。
渡船は16時半まで運行され、片道でも往復でも利用可能。
今日は並ばずに乗船出来たけれど、紅葉時はかなり混み合うそうです。


下船すると既に16時を過ぎ、日暮れも近いので急ぎ下山しなくちゃ!
辺りには照明もなく、真っ暗闇に包まれてしまうとか。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


17時過ぎには無事下山出来ました。
午前中に二段滝、三段滝を2時間で歩き、午後からは黒淵までを
やはり2時間かけて、合計4時間の散策でした。
諦めないで、目標を達成出来たことを嬉しく思います。
せっかく広島まで来たのですからね。
今は清々しい気持ちでいっぱい。
日本一の秘境散策を満喫しました〜!!


  (おまけ)

クリックすると元のサイズで表示します


三段峡へ行く途中、福山へ立ち寄り息子たちと昼食を。
久しぶりに孫の顔を見て癒されました♪
「ボク、ねむいよ〜」だって。



2017/10/9

第21回 西宮酒蔵ルネサンス  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


7日、8日の両日わが町西宮では、恒例の「酒蔵ルネサンス」が
開催されました。
阪神西宮駅前へ買い物に行ったとき、ちょうど開催中でして
西宮神社周辺を見て廻り、2日目は「ぜひとも試飲したい!」
という主人の希望から、サテライト会場をメインに。


クリックすると元のサイズで表示します


◆新酒番船パレード
  その年の新酒を樽廻船に載せ、江戸へ運び込む順位を競い、
  西宮から運ばれた一番新酒は高価な縁起物とされました。
  一番になった船員たちは「惚一番」と呼ばれ、江戸の町を
  練り歩いたとか。その惚一番一行の様子を再現したもの。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


またこの時期ですから、七五三参りの方もいらっしゃいました。
が、参道や境内には、酔っ払い(?)がいっぱいで…
お参り、お疲れさまでした!


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


サテライト会場の雰囲気もよかったです!


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


「日本盛 酒蔵通り煉瓦館」
主人はこちらでまず、「獺祭」の試飲を楽しんでいました。
あっ、その前に、「大関 関寿庵」でも、芋焼酎の原種を
試飲してましたっけ。
すきっ腹に酔いが回りそうとか言ってたわ。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


「白鷹禄水苑」
こちらの日本酒バーには、若い女性も結構多かったです。
オシャレな雰囲気を楽しんでいるみたいでした。
中には子どもを外で待たして、試飲?しているママも。ふふっ


もうひとつ、サテライト会場には、「白鹿 酒ミュージアム」も
あったのですが、さすがに回り切れず。
西宮神社へ戻ったとき、白鹿の甘酒をいただきました。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します


また今年は、友好都市である高知県から、津野山神楽も
披露され、お祭りを盛り上げてくださいました。
どうもありがとうございました!


でも、神社にあんなに多くの酔っ払いがいてもいいのかな〜。
なんて思ったりもしましたが。(^^;)


帰り際主人が、
「やっぱり西宮市民でよかったわ!こんなに色んなお酒を安く
 飲んで、酔えて幸せやなぁ〜」って、言っておりました。へへへ


2017/9/26

加古川 「円照寺」の彼岸花  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


加古川の「円照寺」では5色の彼岸花が咲くのだとか。
紫、ピンク、赤、白、黄色の5色で、出かけた日は、
もう紫が終わり、ピンクの花が1本だけ咲いていました。



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します



また赤の彼岸花も、円照寺ではそれほど多くはなく、
今はむしろ白と黄色が主流でした。
萩の花や酔芙蓉も咲き、テレビで放映されたことも
あって、花の寺を訪れる人は多かったですね。



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


加古川の「円照寺」へは7年前にも、ちょうどノウゼンカズラが
咲き乱れる頃訪れたことがありました。
   ⇊
こちら


夏の暑い盛りで、ご住職がアイスコーヒーを入れてくださって。
学生時代のこと、お花を植えるようになったことなど、
色々お話を伺いました。
帰りには、お友達のカマラマンの方に駅まで送って頂いたり。
あれから、7年も過ぎたのですね… 
 

クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


ホテイアオイも小さないスイレンも愛らしかったです〜♪


クリックすると元のサイズで表示します


この日も、ご住職にコーヒーを出していただきました。
参拝者が多く、以前のようにお話は出来なくて、
ちょっぴり残念でしたが。
円照寺では四季折々の花が訪れた人たちを
楽しませてくれます。



クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します





クリックすると元のサイズで表示します


今日はバスに乗って帰ることに。
加古川駅まで出るのに、バスは2時間に1本のみ。
行きも帰りもバスへの乗車は同じメンバーのよう。
あぜ道には真っ赤な彼岸花があちこちに。
いつの間にかお彼岸も過ぎてしまいました。
月日の経つのは早いものですね〜





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ