2007/4/30

おいしいマレーシア 里帰り  
2006年3月の帰国から8ヶ月たった11月。
ようやくチャンスを得て、クアラルンプールに遊びに行くことができました。
会いたかった友人たちに会い、食べたかったものを食べ、充実の3日間。
懐かしいマレーシアの味に、再会!!のシリーズをぼちぼち書いていたら、何ヶ月もかかってしまったのですが…。
0

2007/4/28

おいしいお土産もありますよ  その他
あっという間の4泊5日。
楽しみにしていたKLの旅も無事に終わってしまいました。

その後、こうやってぼちぼちブログに書いていたわけですから
楽しみはいつまでも続きましたね。
おいしいものたちをまた食べられた幸せ!
あの、熱帯の日差しや土砂降りのスコール、タクシーのおっちゃんとの会話や懐かしい友人との再会。またしても、たくさん元気をもらった旅でした。
そして、こんなスーパーマーケットで買える小さいお土産が、結構おいしかったりします。

クリックすると元のサイズで表示します
粉末のナシゴレンのもとはいろんなフレーバーで。AJINOMOTOブランドのものですね。
手前はマギーのビーフンゴレン用ペーストです、ピリ辛でおいしい。

クリックすると元のサイズで表示します
これはカルフールで買ったお徳用タピオカ 粒の大きいのと小さいのです
この一袋で、茹でるとものすごい量のタピオカが・・・。
ココナツミルクの粉末も買っておいてセットで差し上げると、アジアンデザート好きの人にはたいへん喜ばれます。

クリックすると元のサイズで表示します
紫藤パープルケイン・ティーのウーロン茶の小箱。小さく圧縮して固めたかわいいサイズのお茶です。脂肪分解、コレステロールを下げる、リラックスして眠れるなどからだによいシリーズ。中の説明書が英語、中国語、日本語なのが助かります。

その他香辛料や、カレー粉、パームシュガーの塊は自宅用に。
定番のマンゴープリンやドリアンチップ、マレーシアらしい箱のチョコなどいろいろ買いました。
帰国後もおいしい、マレーシアの旅でした。
0

2007/4/26

おいしくないマレーシア、もあって・・・・  その他
空港で、小銭を持っていたのでまだ最後におみやげ物屋さんに立ち寄りました。
アジアなもの、マレーシアの工芸品などを扱うお店があって
バティックのハンカチなど買い足しました。
そこで、見覚えのあるチョコレートを発見!
クリックすると元のサイズで表示します

コレは…東マレーシア特産の胡椒を使ったチョコレートでは?
以前日本人学校の中学で3年生が東マレーシア(ボルネオ島)に行き
娘が買って来てくれたブラック・ペッパー・チョコが不思議とおいしかったのを思い出しました。(詳しくは→ここから
チョコなのにピリッとした胡椒の刺激がなんともいえない。それでいて甘くておいしい。

この箱を見たとき、おおーホワイトペッパー・チョコか!しかもチョコもホワイトバージョン!と珍しいお土産になると思ってつい買ってしまったのです。

しかし、皆さん、白と黒では大違いでした。
すでに職場のスタッフにお土産として渡してから、自分も味見してみてびっくり。
コレはあかん!!
ホワイトチョコがまずい〜、独特な臭い匂いのチーズもびっくりのうえっと来る匂い。
そして食べたときのホワイトペッパーのチリチリ感が心地悪い!
以前、日本人学校のPTAイベントのおまけで使おうとしたメガネチョコが、ものすごくまずかった話を書きましたが(→過去ログはこちら
あのときの強烈なまずさを思い出し、そのなかまだ〜と思いました。
もちろん、おいしいお土産もたくさん買ってあったので、即配るのはやめましたが…。
すでに味見した方には、ごめんなさいね〜と弁解することしきり。
空港や、どこかで見かけた方はまずお味見をしてからお土産にすることをお勧めします。
ほんと、黒いほうはOKだったのにねえ。
0

2007/4/15

まだ、食べるのかい?  その他
KLIAの空港にて
JALの成田への便は夜11時過ぎ
9時ごろに空港についても、まだまだ余裕があります。
お土産を買い足したり、本を見たり、余裕をもってお店ものぞけます。
そしてちょっと一服したいとき
ここの空港は出発ロビーに入る直前まで、食べ物屋さんがいっぱいあるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
カフェでコーヒーとパイで一休み
マレーシアらしく、カヤのパイです。カヤはココナツミルクを煮詰めて作るクリーム状のもので見そり色なのはパンダンリーフの色と香りがついているから。
最後の最後まで、まだ食べるのかい?といわれそうですが…

チャイニーズ、イタリアン、スターバックスなどいくつもお店があるので
空港の中もおいしい匂いでいっぱい。
またいつか来るときも、飛行機から降り立ったとたん、このおいしい匂いに包まれるんだなあ・・・。

0

2007/4/4

KL旅行の最後の夜・・・  チャイニーズ系
さて、更新に暇がかかってますが、昨年秋のKL里帰りツアーの話を完結しなければ…。

KL滞在最後の日、朝からミッドバレーのカフェで欧米風にコーヒーとデニッシュを食べ、のんびり外のかぜにあたり、昼はチャイナタウンをうろうろしてお土産探し、小さい路地のホーカーで雰囲気より味!ってかんじでおいしい板麺とバクテーを食べました。
地元のバスに乗ってブキ・ビンタンに行き高級ショップを散策(買わないけど)、一休みはスターバックス。モノレールに乗って前の地元まで戻る。

最後のご飯は、主人の後任であのコンドミニアムの部屋も引き継いだ方と
バングサあたりで…ってことになりました。
その方においしい焼き餃子を教えたいと主人が言うので、バングサ・ショッピング・センター内のエスカイヤ・キッチンに…。
クリックすると元のサイズで表示します
お久しぶりのフライド・ダンプディング。
外はカリカリ、中はジューシー日本人が餃子といって想像するものに超近い!
おいしいんですが、コレを餃子のタレではなく、フレッシュなスイートチリソースや黒酢と千切りショウガで食べるところがチャイニーズっぽい。
おしょうゆも、言えば盛ってきてくれますので好みで酢醤油にできます。

         クリックすると元のサイズで表示します
そして、いつもいつも同じですが、このお店で食べるのはトンポー・ミート、豚の角煮風。あのふわふわのむしパン花巻(フラワーロール)にはさんでパクリ!おいしいね〜。
日によってお肉が硬かったり、とろとろに柔らかかだったり当たり外れはありますが、こちらもなんか安心できるお味です。

ああ、結局最後は無難なところでご飯食べてしまったなあ…。
ここからはKLセントラル駅まで行き、KLIA、クアラルンプール国際空港へ速い電車を使って移動します。渋滞もなく、荷物が大きくても快適に移動できるので、電車はお勧め。
あと数時間でマレーシアを離れるわけで、ほんとにあっという間の3泊4日。
でも、会いたい人には会ったし、食べたいものも食べたし、充実していましたです。
0

2007/3/18

もうひとつ番外編! モノレール  その他
KLの街中には電車のほかにLRTやモノレールも走っています。

さあて、一日でいろいろ乗ってみるマレーシア最終日。
お土産を買い足してショッピングもうまくいったので
最後にブキッ・ビンタンからKLセントラルまでモノレールに乗ることに・・。
クリックすると元のサイズで表示します
おー、なかなかかっこいい顔してるよね。
こじんまりしているけれど、渋滞もなく時間が読めて助かります。
          
          クリックすると元のサイズで表示します
遠慮がちに撮った車内の様子
トドゥンを巻いた女性がとてもマレーシア
繁華街の真ん中をつっきて、高架の上を進むのですが
窓の外をよく見るとなかなかステキな建物がたくさん見られます。

クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じのモスクとか
         クリックすると元のサイズで表示します
          こちらは中国系のお寺、カラフルな飾りが見られます

クリックすると元のサイズで表示します
もうすぐ終点、この先インド系のお店の多いあたりです
ごちゃごちゃした町の向こうに高層ビルがそびえている…コンドミニアムかな。

あちこち回ったKL最終日ももう夕方になってしまいました。
夜は、主人の会社の後任の方と、地元のお店に行くことになりました…。
0

2007/3/10

番外編 バスに乗る  その他
クリックすると元のサイズで表示します
KL に住んでいたとき、自家用車がなかった私はどこに行くにもタクシー。
日本に比べて思い切りやすいので、お気軽にタクシーを使いました。
LRTやモノレールを使うにも、駅までいくにはタクシーなわけですね。

というわけで、2年間でバスに乗ったのは2度だけ。
こちらに長く住んでる日本人ママさんのリードで、初めて乗ったときは超緊張!
でも、楽しい経験でした。

今回、チャイナタウンからロット10のあるブキ・ビンタンまでバスで行くことにしました。
何しろ主人は初めてバスに乗るのです。
どれに乗るのか、料金はいくらか? 何分くらいかかりそうか?
ターミナルで何台かバスが止まって時間待ちしていたので、おしゃべりしているドライバーさんに話しかけ、いろいろ聞いて確認OK!わくわくです。
         クリックすると元のサイズで表示します
このときのバスは結構新しく、こんなにきれいで快適快適。
(以前に乗ったときはちょっとぼろくて、インド音楽ががんがんかかってました)
タクシーでこの繁華街を移動すると、いきなりRM20だ!とか吹っかけてくる人もいるし、道が込んでいると時間がかかるし、いろいろありますが、
その点バスなら気を使うこともなく、リーズナブル。

公共の交通機関を使ってみると、住んでる気分で楽しくなりますね。
0

2007/2/22

番外編  はしれ!青信号  その他
クリックすると元のサイズで表示します
KLのどこにでもあるわけではないのですが
町中の交通量の多い交差点で、このような歩行者用信号機を見ることがあります。

一見日本でもおなじみの、赤は止まれ!君なのですが
信号が青に変わると、その「残り時間」とともに、この子が動いて歩き出す。
クリックすると元のサイズで表示します

しかもしかも、残り時間が少なくなるとだんだん動きがはやくなり
ついに走り出すのです。
クリックすると元のサイズで表示します
10秒前になると猛ダッシュ!して急いで走るので
見ている歩行者も、あ!たいへん、はやくはやくという気持ちになります。
はじめて見たときはそのユニークは走りにみとれ、自分が急ぐのを忘れそうになったものです。(今回、観光気分で町を歩いていたので、やっと写真を撮ることができました。)

でも、です。
マレーシア、特にKLの歩行者は信号を守る人のほうが少ないような気がするくらい、みな私が交通ルール!って顔で横切ります。
赤信号で途切れない車の列を、少しも恐れずどうどうと何車線も横切っていく人は、1人や2人ではないのです。車のほうも結構強気ですから、うわあ、危ないって場面がよくあります。
お国柄といいますが民族性といいますが・・・。青信号になっても曲がってくる車にどきどきしながら渡る日本人は、つい出遅れがち。ローカルの人の歩くペースにあわせるんだ!と人の動きに合わせてすたすた歩くことをお勧めします。
ただし、信号無視の人も多いので、お気を付けください。
0

2007/2/18

路地裏で骨肉茶(バクテー)  チャイニーズ系
11/25 午後
主人が、どこかでバクテーが食べたいというので
ぺタリン通り周辺をうろうろしてみました。
朝だけの屋台、夕方からの屋台、ちょっと時間が合わないのよね。
バクテーを一日中やってるところって…?
しばし歩いて、
心当たりはガイドブックによく載っているワンタンミー「冠記」の隣の路地!
あそこにはちょっと海系スープのおいしい板麺パンミーも、
カキ氷のマンゴーピューレのせマンゴー・ロロの店もあるし〜。
入り口の揚げパンだっておいしいのよ!
一見薄暗く、清潔重視の日本人には大丈夫?って思う人もいるかも…なところですが。

クリックすると元のサイズで表示します
まずは飲み物を注文
アイス・チャイニーズ・ティーとチンチャオ豆乳
豆乳の大手メーカー YEO’S の缶をそのまま出してくれたので、チンチャオ・ゼリーの入ったカップに自分で注ぐ。
このプラスチックの味わいが、なんとも路地裏屋台のふんいきです。

          クリックすると元のサイズで表示します
バクテーはちゃんとやってました。
お揚げさんとえのきだけもたっぷり、よく煮込まれた豚肉はほろと柔らかです。
持ち上げてるのは内臓?小腸なども何種類か入ってます。
独特の漢方風味は薄めで、あっさりしたスープ。
コレをご飯にかけて食べると、さらっとおいしくて、ついついご飯も食べてしまうのです。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、私がたのんだ板麺パンミー・ドライ。
以前ここではスープのを食べたので、今回はドライで…。
コレがおいしかった!!
しこしこの板麺に絡み付いているこのタレが見た目より濃い味ではなく、なんともよい感じです。
カリカリの小魚イカンビリスも大好き!
ついてきたスープがあっさり魚の出しの聞いた海系スープとでも言いますか
日本人為はなつかしのあじです。

こういう路地裏のランチが、安くてうまくて嬉しいのよね〜。
0

2007/2/10

チャイナタウン界隈を歩く  その他
11/25 の午前中
マレーシア里帰り旅の最終日の朝は、メガモールでお買い物。
その後、チャイナタウンへ繰り出しました。

クリックすると元のサイズで表示します
住んでいた時は偽ブランドもののお土産やら、海賊版DVDやら
(あ、ちょっと大きな声で言えないような感じですが…)
手芸小物や日本へ一時帰国時の手土産物色に訪れたりしていましたが
観光客気分でブラブラすると、結構面白いものがあったんだなあと思います。
たとえばこんな仏像…どうするン?これ…結構大きいやん
一般家庭でもどーんと置くのか?
信仰のために? はたまたインテリアの一つとして?などと、買う気もないのにあちこち覗いてまわる…。
そうだよね、私には主婦仲間がいて時々来ていたけど
主人はこういう歩き方することなかったんでしょうね、きっと。

しばらく行くと、このようなものが!
クリックすると元のサイズで表示します
おおー、チキンライスの店だね!
こちらはチャイニーズ風、ハイナン・チキンライスのようです。
見事にぶら下がっている鶏たち。このくねっと曲がったお首がなんともグロテスク。
しかし、コレを見て「おいしそう〜」と思ってしまうのは
すかりマレーシアモードに戻っていたからでしょうか。
ハイナン・チキンライス(海南鶏飯)は日本でもちょっとブームになっており、東京には専門店があったりします。
しかし今回は他に食べたいものがあったので、さらに歩いて美しくない路地裏にGO!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ