2017/4/22

Nゲージレイアウトプラン集50  鉄道模型
書店で見かけて以来、気にかかっていた本をようやく買ってきました。

模型雑誌を買わなくなって久しく、たまに書店でなにか面白い本
ないかなっと物色はするのですが、カタログ的なまとめ本だったり
レイアウト工作入門書ばかりでどうも買う気になりません。
かといってヘビーな車両工作などには興味ありませんし。
色んなレイアウトをたくさん紹介してくれてるような本があったら
買うのに、と思っていたら見つけました

税込みで三千円を超えるイイお値段なので手をだせずにいましたが
面白そうなので思い切ってついに購入。
メーカーの組み線路を使用する前提で設計してあって、完成後の
イメージイラストも細かく楽しいです。
これすべて著者の方お一人で考えたのだとしたら驚きですね。

このプランどおりに作る事はおそらく無いでしょうが、レイアウトの
妄想をかきたててくれる良い本だと思います。
0

2017/3/20

I LOVE 車掌車  鉄道模型
子供の頃、車掌に憧れました。貨物列車の最後尾に
くっついているヨとかワフが好きで、あれに乗りたいと
ずっと思ってました。
大人になって、なかなか大変な仕事だったらしいと知りました。
ヨ8000まで便所が無かったなんて、おなかがゆるい私には
到底務まらなかったことでしょう(^^;;;

そんなわけで、模型でも車掌車は増殖しつづけてます。
トミックスから黄緑色のヨ5000が出たので買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

何となくカトーのと並べてみました。
特に出来に差があるというわけではありません。値段はだいぶ違いますが。
ただし集電板とスプリングが丸見えなのはいただけないので
スプリングを黒いものに取替え、集電板はマジック(笑)で塗りました。

さてこの車両、なんと室内灯標準装備です。さっそく点灯させてみると

クリックすると元のサイズで表示します

すごく・・・緑色です・・・

あまりに緑色すぎるので、これは分解して室内を塗らなければなりませんね。
車掌車の室内ってベージュで良かったかな?
1

2017/3/5

とりあえず買ってしまう  鉄道模型
クリックすると元のサイズで表示します

ふらっと入った書店で見つけて、何も考えずにレジまで
持って行ってしまいました。

10系客車、好きです。見た事も乗った事もないですけど。
模型でも編成ものがコンスタントに発売されるので、世間でも
人気あるのだろうと思ってます。

好きではあるのですが、思い入れは無いので、セットを買い集めよう
とはあまり思わなくて、ASSYで手に入ればいいな、とは思うのですが
まめに模型屋に顔を出すわけでもないので、結局手に入らず仕舞いです。

そんななので、我が家には普通に単品で売っていた車両だけの組み合わせです。
実物資料どおりに追っかけていくとお金も時間も足りなくなるので
このくらいのユルい気持ちでやるのが良いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今更GMキットを組む人がどのくらいいるのか知りませんが
時間さえあればいつでも作りたいです。でも気力も続かなくなってきている
今日この頃・・・
1

2017/2/20

そろそろですが  鉄道模型
先日、トミックスのオハ50のシートに青色を塗っておりました。
発売当時から、これにライト基盤が仕込める構造になっている事に
気づいていたものの意味がわかりませんでしたが、ふと思い当たりました。
この時から真岡の客車を考えて設計していたのですな(気づくの遅い)

C11、いよいよ大手2社から発売されますね。
それぞれ買ってみようと思っているものの、どちらも予約していません。
お店に有ったら買って、無ければ諦めようという程度でさほど
執着はしていないものの、いざ手に入らないと欲しくなってしまうのが
愚人の悲しい性でありますし(C61を買い逃して後悔しているのでした)
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/2/12

苦肉の策  鉄道模型
クリックすると元のサイズで表示します

カトーが50系客車を発売して、相変わらずベンチレータが
屋根と一体なのにガッカリしましたが、後からグレードアップパーツ
と称してベンチレータと屋根のパーツが発売されました。

ただ、個人的にはこういう商売の方法には釈然としないものがあったので
とりあえずグレードアップパーツは買わない方針として、そのままで
走らせて遊んでおりました。しかし、車体の精密さに反して
何ともメリハリのない屋根が気に食わなくなってしまいました。
しかしパーツは買いたくない。

そういうわけで色差しでそれらしく見えるようにしようと思い立ちました。
エナメルの黒を前後の通風口(?)部分に塗り、さらに屋根との境目にも
薄い黒を流して、はみ出た部分は綿棒でふき取り。

クリックすると元のサイズで表示します

なにもしないよりはだいぶ良くなったと思います。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ