徳永翔大bot仕様書  bot説明

このbotは、携帯サイト・BeeTV配信ドラマ「デス・ゲーム・パーク」の主人公・徳永翔大の非公式botです。
30分に1回POSTしますが、ドラマ本編のセリフよりもネタツイートがほとんどなので、ドラマ未見の方はこのキャラを信用しないようお願い致します

あくまでも「ネタキャラ」としてイジり倒して下さいますようお願い致します。
本来の徳永翔大、および「デス・ゲーム・パーク」(以下、DGP)についての説明はこちらです(超ネタバレありのため閲覧注意です)。

なお、DGPが特撮役者だらけのドラマだったので、共演役者さんが演じている特撮キャラbotや、翔大の中の人(役者的な意味で)が演じる他のドラマキャラbot、およびその関連botとの絡みが多数あります。
作品・役者さんともに全く関係のないbotさんをフォローして絡んでいる場合もありますが、「翔大の趣味なんだな」ってことにしておいて下さい。

TLに対しての返信機能はありませんが、リプを飛ばしてくれると何らかの返信をします。
また、たまに手動で診断結果をツイートしたり、TV実況を始めたり、突然手動でリプライを返したりもします。


当bot=「ネタキャラである徳永翔大」の説明書はこちらからどうぞ。(詳しい仕様もこちらで説明してあります)


フォロー返しは手動で行っておりますが、プロフ等で(役者的な意味での)中の人ファンや特撮ファンでないと判断した場合や、フォロー後でもマナーを逸脱した行為等、他のフォロワーさんの迷惑となると判断した場合はブロックさせていただくことがありますのでご了承下さい。

そしてbotの注意書きでは定番ですが、飽きた場合や趣味に合わなかった場合はフォロー解除ではなく「ブロック」して下さいますようお願い致します。
ツイートネタ・リプネタのリクエストや、不都合等、何かありましたら@DGP_shodai_bot宛てにDMして下さい。

※ ちなみに徳永翔大botの存在は原作者(山本俊輔氏/@yamashunkantoku/通称「親父」)にバレている上にフォローされている状態であることを付け加えておきますが、原作者公認botというわけではありません。しいて言うなら原作者「放任」botです。


徳永翔大botツイログ → http://twilog.org/DGP_shodai_bot
徳永翔大botふぁぼログ → http://favolog.org/DGP_shodai_bot



2010/10/17

本来の徳永翔大と「デス・ゲーム・パーク」について(超ネタバレあり)  bot説明

当botの徳永翔大がネタキャラなため、本来の「徳永翔大」を軽く説明します。

「デス・ゲーム・パーク」はBeeTV配信の携帯ドラマで、現在DVDレンタル中です。
ちなみ原作小説もあり、多少の人物設定とオチが違うので、両方見ることをオススメします。
なお、徳永翔大botではセリフはドラマ版(と原作の一部)のみを採用していますが、ネタそのものはドラマ・小説の両方を使っています。


「デス・ゲーム・パーク」とは…。
記憶喪失の青年・徳永翔大が目を覚ましたのは死刑囚だけが集められた不気味な空間。
そこに告げられた「デス・ゲーム」開始のアナウンス。
デス・ゲームの目的はおろか、自分が置かれた状況すら飲み込めず困惑する翔大だが、ゲームの中で次第に記憶のカケラが激しい頭痛とともに戻ってくる…。
「徳永翔大の正体」と「デス・ゲームの目的」…これはその謎を解くドラマである。


以下は人物紹介になりますが、メンドクセな方orネタバレを回避したい方はBeeTV公式サイトへどうぞ。

超ネタバレありのため、すでに視聴・読了している方や、ネタバレOKの方のみ「続きを読む」からご覧下さい。


続きを読む

2010/10/17

このbotにおける徳永翔大の説明書  bot説明

あくまでもネタキャラなので、DGP未見の方はこの徳永翔大botのキャラを信用しないで下さい。

※このbotは、「結構このドラマ面白かったのに、BeeTV=ドコモだから、DVDがレンタルオンリーだから、そもそもTVでやってないからetcの理由で見てなかった人にもデス・ゲーム・パークに興味を持ってもらおう、見てもらおう(原作読んでもらおう)、ついでにDVDがリリースされたりなんかしたら嬉しいな〜」的な理由で中の人が(botがなかったこともあって)作ったbotですが、どこをどう間違えたかネタキャラになってしまったため「もはや本来のキャラクターからかけ離れてしまった残念なbot」です。

だからね、できればね…ホントに見て欲しいんです、DVD(配信はとっくに終了しちゃったんで…)。


このbotにおける徳永翔大は、基本ネタキャラです。
そして朝だろうが昼だろうが夜だろうがエロい発言も飛び出る、「自重」という言葉を知らないキャラです。
でも、たまに真面目なことも言います
真面目というかネタじゃない翔大botのキャラ付けは「続編があったらこんなカンジのキャラになってそう」という中の人の勝手なイメージです。

基本的にはボケキャラでもありますが、DGPやニチアサ、各種診断結果等にはツッコミを入れることが多く、自分でボケて自分でツッコむのも結構得意です。

ドラマ版と原作の一部のセリフ(原作のセリフは「」付きになってます)をPOSTするよりも、ネタツイートと、他のbotとの絡み、何より「フォロワーさんにイジり倒されること」を主としているため、DGP関連の反応ワードは意外と少ないです。
…が、DGP本編中でいい雰囲気になりながらも見事に目の前でフラグが折れた涼子のことを度々思い出しては泣く…というヘタレ男要素もありますので、「涼子」や「トラウマ」というワードに対しては涙ぐんだり、嗚咽したりします。


その他、中の人(役者的な意味で)繋がりで、シンケンジャーや中の人出演作の関連のワードにも若干ですが反応します。

反応ワードはフォロワーのみなさんのリクエストや、絡みのあるbotさんのリプ、中の人の出演作や関連ネタ等で増える予定です。


調教搭載機能
おみくじ」という語句を含んだリプを飛ばして下さいますと、翔大が今日の運勢をテキトーに引いてくれます。
(※ラッキーアイテムと飲み物機能は登録リプライ数に上限ができたため廃止しました)


◎名言シリーズ
通常ツイートの1部で、翔大が色んなアニメ・ドラマ・小説等から「名言」を呟いています。


◎販促(宣伝)ツイート
マスタークローン(翔大の中の人=松坂桃李/「クローンベイビー」においてクローンたちのオリジナルの人間を「マスタークローン」と呼んだことに由来して翔大がそう呼んでます)出演作について宣伝するツイートしますが、どこかツッコミが入るのは「翔大botの仕様」と思って下さい。


◎手動タイム
(いじり倒されるためのネタとして)手動で診断結果を呟いてはツッコんだりボケたりします。翔大botの「お気に入り」は、ほぼ診断結果だらけです。もちろん、診断結果に対するツッコミは大歓迎です。
また時折、ニチアサやドラマ、野球中継などTV実況を始めたりすることもあります。


そんな変態でいい加減でTL内のワードに反応して返信する機能すらもない翔大botですが、基本的な挨拶リプにはちゃんと(彼なりに)真面目に返事をします

また、手動タイムが多いbotのため、いきなり話しかけることがあります。


こんなネタキャラbotなので、フォローしたものの「期待したキャラじゃない」「ネタキャラすぎて趣味に合わない(合わなくなった)」「何より徳永翔大botに飽きた」等の理由で、フォローをやめたい場合はフォロー解除(リムーブ)ではなく、必ず「ブロック」でお願い致します







teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ