2008/11/18

明日への神話  

岡本太郎の明日への神話が御披露目されました。まわりは写メの人だかりでした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/9/23

ミッドタウン  

9月半ばにミッドタウンに行きました。
吊されているこの赤い物体、いかにも草間弥生さんの作品かと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/9/12

岡本太郎 明日の神話  

渋谷マークシティを歩いていたらば、工事中の壁に岡本太郎の明日の神話を設置するための工事と張り紙がしてありました。東急デパートと井の頭線の連絡通路は天井が高くだだっ広いので、ぴったりかも。これからは駅にもアート。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/8/16

対決 最終日前日  

国立博物館に風神雷神を見てきました。
蒸し暑いなか家でオリンピック観戦している人が多いから大混戦は避けられるなんて誤算でした。10分待ちおまけに土砂降りになりました。
風神雷神の前は人だかり、それでも間近で見てきました。足首になにやらわっかをつけていたのですね。
尾形光琳のくっきりした線より俵屋宗達のほうが滑らかな感じがしてよかった軍配!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/8/11

メルシャン美術館 シャガール展  

軽井沢のメルシャン美術館でいまシャガール展が開かれています。シャガールのリトグラフは頼りないなく感じるが、油からは原色の力がみなぎっています。とくに青が好き。アルルカン、マジシャン。
でもシャガールの絵をみるとなぜか哀愁を感じそばに飾たい気持ちはおきません。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/20

対決巨匠たちの日本美術  




太陽照りつける中、上野までやってきました。

人、人いっぱいなので、第二室からみました。
お目当ての応挙の保津川図屏風、ありました、ありました。
ダイナミックな水の波頭。
岩も迫ってきます。
京都の着物の千総が所有しています。
(七五三、成人式でお世話になる方もいらっしゃるのでは)

木喰の閻魔大王はこわいはずなのだが、
どこか親しみをかんじてしまう。

そして、若冲の反対側に展示してあった、
蕭白の唐獅子図に圧倒されてしまいました。
勢い良く墨で描かれた唐獅子が、
何か空間を支配しているような
錯覚を感じてしまいました。
若冲の鶏があっさり見えて、
私にとっては鶏が自分にもう少し近づいた気がしました。


狩野永徳の大徳寺の
花鳥図襖は梅の枝ぶりが見事です。
襖をあけたときのことまで、
計算しつくされた構図です。


建仁寺にいっても見られない、
本物の風神雷神図は
8月のたった一週間しか見ららない
そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/6

副都心線  

山本容子
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/6

副都心線  

山本容子
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/6

副都心線  

山本容子
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/6

副都心線  

野見山暁二
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ