2013/4/17

本田雅人と強迫性障害 治し方 薬  強迫性障害 治し方 薬

本田雅人さんの【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドは、

たとえて言うと、しゃっくりをなくすとか、失恋の痛みを和らげる、早寝早起きの習慣を身に着けるといった事と同じようなことをしていきます。


しゃっくりをなおすために、あなたは何をしているかといえば、

特に何かをするわけじゃなく、「気づいたらなくなっていた」という状態を待つだけだと思いますが、

強迫性障害の改善でもまさに「忘れる」ということが重要で、自分から治しに行こうとしているうちは意識が強迫性障害を強く認識しているため、

なかなか改善しません。


また、早寝早起きの習慣を身に着けるためには「夜遅く寝て朝遅く起きる」ことに対して心地良さとか優越感みたいなものを感じる「認識」を改める必要があり、

強迫性障害でもはやり、強迫症状を起こす「認識」を改めていくプロセスが欠かせません。


【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドでは、

強迫性障害を解消するために欠かせないポイントがことごとく網羅されており、

マニュアル通りに実行していくだけでかまいません。


逆に言えば、マニュアルに書かれていることを忠実に再現していくことによって、

あなたも6週間後には、下のようになることができます。



気楽に生活できるようになる

薬の量をうんと減らせる

イライラを人にぶつけてしまうことがなくなる

何でもやれるような気がしてくる




クリックすると元のサイズで表示します

本田雅人さんの【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドで、薬やカウンセリングのような症状を悪化させる危険なやり方に頼らず、自宅で安全かつ短期間で症状を緩和させるにはこちら
0

2013/4/17

本田雅人の強迫神経症 克服  強迫神経症 克服


【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドのホームページには、本田雅人さんに寄せられたたくさんの体験談の一部が紹介されています。


強迫性障害はついでに治っているというか、それよりももっと大事なものを手に入れるためのプログラムだと感じました。

これからは病気のせいで今までやりたくてもできなかったことを一つずつやっていきたいと思います。

ほんとうに「これまでの不安や恐怖は一体何だったんだろう?」と思えるぐらい、自分の中で確実に変化が起こりました。

「強迫性障害は気付いたら治っている」という言葉の意味、プログラムを進めていくうちに心の奥底に落とし込む事ができました。





こうした声にあるように、

病院での治療に時間がかかってしまうのは、強迫性障害に真正面から立ち向かってしまうため、

強迫性障害の存在をさらに強く意識し、あなたの脳へと深く刻み込んでしまうからです。


強迫性障害を解消するには、忘れることが不可欠で、意識がそちらに向いている限りは、いつまでも続く「しゃっくり」のようにあなたを苦しめることになります。



【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドでは、まずは、強迫性障害とはいったいどんなものなのか?という本質を知ることで、

心に負担を与えていた重みが随分と軽くなり、その後、実践編で用意されているプログラム通りに毎日の行動を続けることで、

強迫性障害の認識がいつの間にか薄くなっています。


そのまま6週間くらい経過したときに、ふと強迫性障害のことを考えると、自分でもびっくりするくらい、

取るに足らない問題になってしまっていることに気づくはずです。





クリックすると元のサイズで表示します

本田雅人さんの【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッドで、ある時ふっと症状が気にならなくなる状態を生み出し、失っていた信頼を取り戻すにはこちら





脳内アップデート 松島宏和 評判・評価
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ