2018/2/7

ウォポンカップリング化  

ども。。





相変わらずバタバタしてますが・・・





大雪が降ったと思ったら、今度は子供たちがインフルでバタバタと・・・





私生活でもバタバタしてます・・(笑





大雪が降ると荷物が届かなかったり、板金屋さんの塗装、乾燥が遅れたり、日程に影響が出ます。。






もう今年は降らないこと祈ります。。






先日は1JZのウォポン交換。




ウォポンからクーラント漏れということで交換となりましたが、純正の油圧ファン兼用のシステムを辞めて、カップンリング形式に。

クリックすると元のサイズで表示します


カップリングにするとウォポン自体がスリムになるし、油圧ホースやタンクもなくなるのでスッキリしますね。





整備性もGOODです。




70と90に採用された油圧ファンですが、100以降はカップリングになってしまっているので、油にする優位性はあまりなかったですね。





ベースとなる車体がGAなのかMAなのかJZAなのかで、微妙に実現の方法が変わります。





純正で電動ファンがあるかないかとかですね。ベースがGA、MAの場合は電動ファンを生かすように作製しますが、JZAの場合は純正で電動ファンがないので、基本的にはカップリングのみで冷えるようにファンを選択します。


使用するファンは3種類くらいあって、その車の付いている部品やオーナーさんの使用状況によって選択します。




ラジエター、インタークーラーが何が付いているかでも、パイピング等その車特有の作りこみが必要となる場合があります。





以前に、GAベースの車体に1JZに載せ替えてハイフロータービン+ウチのアウトレットで500PS弱出した車両をカップリング化しましたが、ノーマルラジエター、純正電動ファンを生かした状態で、真夏もオーバーヒートすることなく全く問題なく走っています。





私見ですが、油圧ファンよりもカップリングの方がむしろ風量が多いような気がしますね。




今回の車両はアルミ2層ワイドのラジエターが付いていたので、クリアランスを考えファンは薄いものを選択、インタークーラーのパイピングも一部作り直しました。




これから先、油圧ファン関係の部品も出なくなることを考えると、カップリングにしたのは良い判断だと思います。



長く乗りたい方はお勧めですよ!







9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ