讃岐おばさんのひとり言 2

好きな器 好きなお茶 好きな旅行など
        思いつくままに・・・。

 

カレンダー

2017年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事カテゴリ

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:讃岐おばさん
来夢来人様
こんばんは〜
花嫁姿はもう式場でしか見なくなりましたよね。
私は実家で花嫁姿になり、タクシーで嫁ぎ先に着ました。

地区のコーラスは、秋の文化祭が発表の場です。
大体秋の歌を歌うことが多いです。
知ってる歌でも2部合唱になると難しいですね。
その分、うまく歌えた時は嬉しいです(*^-^*)
投稿者:来夢来人
こんにちは〜

幼少の頃は花嫁姿をよく見かけました。
今でも大きな神社ではたまに見掛けますが、
もう外では見なくなりました。


アルプスの谷間は、高らかに楽しく歌える曲みたい。

花は、聞き慣れた懐かしい歌です。

小さな空は、聞かせ場の多い歌ですね!

どれも難しい歌ですね、
練習に練習を重ねて頑張って下さい。
投稿者:讃岐おばさん
あーき様
本当に良い歌ですよね。
作詞された大村主計(おおむら かずえ)さんは、山梨県・牧丘町出身の童謡詩人(男性)だそうです。
「末っ子だった主計には姉はるえがいた。少年の頃、姉は桜吹雪の下を人力車にゆられて隣村に嫁いでいった。涙ながらに姉の花嫁姿を見送った切ない思い出を、主計が二十歳の時に一夜で書き上げたのが、この童謡『花かげ』である。 世界の民謡・童謡HPより」

それにしても中々こんな素晴らしい詩は書けませんよね。
投稿者:あーき
「花かげ」しっとりいい歌ね。
お嫁に行くお姉さんの情景が良くわかって。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

メッセージBOX

自由項目2

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ