2017/7/21

ラジオ体操〜議会だより作成〜津田沼演説会  美浜区の風景

クリックすると元のサイズで表示します

 今朝は高洲第三小学校でのラジオ体操に参加しました。朝から子どもたちの元気な声がグラウンドに響き渡ります。今日から31日までと、8月後半から始業式前まで行われます。ラジオ体操終了後は、学校の防災倉庫から来年1月で賞味期限切れになる水やアルファ米をいただきました。目前に迫った高洲ふれあい祭りで、期限切れ前には防災会で活用(試食は行いません)します。

クリックすると元のサイズで表示します

 日本共産党の津田沼駅北口での街頭演説に息子あーくん、妻と参加しました。斉藤和子衆院議員(千葉13区・比例予定)、衆議院千葉1区〜12区の小選挙区予定候補が挨拶しました。衆議院千葉1区は、大野たかしさんを擁立します。野党共闘で候補者はどうするかは党中央や各政党との協議になりますが、安倍政権の暴走ストップ、憲法をまもるための運動を進めていくためにも、候補者を立てることとしました。

 志位和夫委員長は、演説の最後に、この間、核兵器禁止条約を議論を積み重ね、日本共産党を代表して国連会議で発言してきたことなどを紹介し、7日に国連で採択された核兵器禁止条約にサインしない安倍政権を変えて、核兵器禁止条約にサインする日本の政府をつくり核兵器をなくそうという力強い訴えがありました。
 この演説会には、2,500人の参加があったとのことです。次の総選挙での日本共産党の躍進が必要です。
1

2017/7/20

夏まつりに向けて防災会テントの準備  ひとりごと

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 午前中は、高洲ふれあい祭りでの防災会テントに展示するパネルの内容確認とボードに貼る作業を行いました。高洲三丁目地域自主防災会では、毎年、祭りに防災会のテントを設置していて、これまで、避難(場)所の確認や非常食の準備の呼びかけ、被災地の写真展示、アルファ米の試食などに取り組んできました。
 今年の内容は、今後30年の間に85%の確率で震度6弱以上の地震に見舞われる状況を示して、住民自らの災害対策である家具転倒防止金具取り付け助成制度のお知らせや非常食の準備、防災会として住民の防災意識をつかむためのアンケート実施などを行います。

 みなさんは、今年3月作成で全戸配布された「千葉市地震ハザードマップ」(保存版)は保存されてますか?
ハザードマップの内容はこちらをクリック

 もしお持ちでない方は、各区役所の地域振興課くらし安心室の相談窓口でももらうことができます。
0

2017/7/19

日本共産党の夏季地方議員研修会2日目  千葉市政・議会

 日本共産党の夏季地方議員研修会の2日目は、9月議会対策についてです。党千葉県委員会の椎葉自治体部長から、現在の政治情勢から9月議会で重点に取り組むべき課題などの報告や提起がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

 日本共産党千葉市議団が毎年取り組んでいる市民要望アンケートへのご協力ありがとうございます。今日、控室に行ったら350通ほど送られてきていました。引き続き、ご協力をお願い致します。
市民要望アンケートのページはこちらをクリックして下さい

 夕方からは、市長選挙の時につながった母子家庭の母親から、いわゆる「無料塾」の支援についての相談があり、支援の方向性などについて話し合いました。支援をしていただける方(教員免許がある方、元教員など)の確保が大変とのことです。また、話し合いをする予定です。
0

2017/7/18

日本共産党の夏季地方議員研修会1日目  千葉市政・議会

クリックすると元のサイズで表示します

 今日明日と千葉県内の日本共産党の地方議員研修会があります。研修の冒頭に斉藤和子衆院議員が挨拶。この間、特別支援学校の教室が過密化している問題、九十九里浜の浜崖問題、農家を苦しめるジャンボタニシ、木更津駐屯地へのオスプレイ整備拠点化問題、児童虐待に対応する児童福祉司が千葉県は少ない問題など、現場の声をもとに国会論戦を進めてきたことを報告されました。国会での日本共産党の議席が大事と実感していること、志位委員長、はたの衆院議員の3名では少ないことから議席増が必要との訴えがありました。総選挙に向けて「現場の声を国会へと届けるために頑張る」と決意。来たるべき総選挙で再び国会に送り出すためにも市町村議員の役割は重要です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 1日目の研修は、NPO法人区画整理・再開発対策全国連絡会議事務局長の遠藤哲人さんが、「再開発の仕組みと問題点」と題して講演されました。土地区画整理事業では、JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業「奏の杜」のマンション等の開発などに見られるディベロッパーや大企業の儲けのための時間管理の問題点、千葉県内の土地区画整理事業の破たん、住民運動による事業改善の例などが紹介されました。
 再開発では、柏駅西口再開発事業を例にして、どんな再開発なのか、資金計画が明らかにされていない、議会への報告なし、資料は黒塗りばかりなど地元の声が反映されていない問題。多くの再開発では、住民のためではなく保留床を生み出すための再開発になっていることなどを指摘がありました。
 再開発について公共性の判断が必要とのこと。一例として、住民の要求実現に大きく寄与するものか。情報公開が十分にはかられたか。都市計画が住民参加で十分寝られたか。周辺との調和や交通処理条件などが十分検討されたか。優先順位を他の施策との関係で十分考慮されたか。管理も後々まで十分考慮されたか。住民犠牲とならないように十分配慮されたか。環境的な条件をしっかり検討されたか、などです。

 最後に、都市計画について都市計画区域マスタープランなどの基本的なことから、改正された生産緑地法の内容、都市計画審議会の役割について報告がありました。
1

2017/7/17

稲毛海浜公園プールへ  子育て

クリックすると元のサイズで表示します

午前中は、家族で稲毛海浜公園プールで遊びました。午後から会議があるので私だけ先に帰るかたちですが、家族連れ、友人同士などで楽しめる施設です。前売り券が近くのコンビニでも購入できるので、事前に買っておいた方がプールにスムーズに入れると思います。広いので移動は大変ですが、子どもは楽しいようです。夕方には肩から背中にかけて日焼けしていてヒリヒリしています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ