携帯電話の精霊??  

ふと思い立って、YouTubeで「bird Thongchai」を検索してみました。

90年代中盤に、タイのアイドル歌手バードことトンチャイの
カセットテープを2〜3本持っていました。

その後、タイ好きの人にあげてしまいましたが。

好きな曲があったのですが、タイトルがわかりません。
YouTubeにあるかな、と思ったけど、探しきれませんでした。

その代わり、面白いミュージックビデオがありました。
Bird Thongchai - Chuay Rap Tee - ช่วยรับที

ฟังวิทยุออนไลน์ ที่ izeemusic

携帯電話の精霊??が出てきます。
携帯電話が人間になって、腰に携帯電話のキーボードをぶらさげています。

**********
携帯電話といえば、2000年頃の韓国のアイドルグループでM.I.L.K
というのがいましたが、

M.I.L.K. - Come to me


このミュージックビデオの冒頭に出てくる携帯電話の呼び出し音が
気に入って、将来自分が携帯電話を持つことになったら、
こんな呼び出し音が良いな、と思っていました。

**********************

他に、携帯電話がでてくるものってなかったかな、
と考えていて(既に当初の目的を忘れている^^;;)
韓国映画「子猫をお願い」고양이를 부탁해
が、携帯電話が印象的だったな、と思って
これも検索してみました。


Byul - 진정한 후렌치 후라이의 시대는 갔는가?
映画「子猫をお願い」のOSTです。
主人公たちの携帯電話の使い方、という意味でも、
上のBirdのミュージックビデオみたいに携帯電話の画面が
宙に浮かび上がる演出という意味でも、
印象的でした。

***********
「子猫をお願い」といえば、
「朝鮮近代文学とナショナリズム」李建志(Lee Kenji)著 作品社
という評論集の中の
「在韓華僑物語―チャジャン麺と文化表象」という章の中で
「子猫をお願い」に出てくる華僑の双子たちのことを扱っています。

で、華僑で思い出したのですが(既に携帯電話とも関係なくなっている...)
10年くらい前のタイのChina Dollsという二人組の歌で、
中国娘という歌がありました。
グループ名からわかるように、中華系の人たちです。

China Dolls - Muay Nee Kah


NHKの日本・タイ共同のコンサートを見て、CDも手に入れて、
ラップ部分の中国語を解しようとして(歌詞カードはタイ文字)
タイ文字を勉強しようとしたことがあります。

解読は、結局途中で投げ出しましたが、台湾で中国語で歌った
中国娃娃 - 单眼皮女生


これ見ると、中国語ラップの部分はタイ語版と同じ歌詞なので、
なんて言っているのか、あっさり解決してしまいました。

**************
他の言語でセルフカバーした歌と言えば、
韓国と日本で活躍したS.E.S.が思い出されます。

S.E.S - 夢をかさねて


↓セルフカバー
S.E.S. - 꿈을모아서


ガストで食事していたら、この歌(日本語版)のミュージックビデオが
放映されて、びっくりしたのを覚えています。
韓国から来て日本語で歌う歌手が、
ここまで大きく紹介されていることに。

S.E.S - Love


↓セルフカバー
S.E.S - LOVE いつまでもオンジェカジナ

これを聞いたときは、日本語の歌詞の中に朝鮮語の「オンジェカジナ」が
混じっていて、こういう歌がでるようになったんだぁ、と
びっくりした覚えがあります。


以上、YouTubeからの借り物動画です。
YouTubeからの借り物画像なので、消されることがあります。

11月1日追加:
探していたバードの歌が分かりました。
เบิร์ด Bird Thongchai - เสียดาย Sia Dai
http://jp.youtube.com/watch?v=hhOmA8-iTDc
0



2012/11/29  22:58

投稿者:chiyu@山口県

http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2012/Gpre201295.html
なるほど、SIMカードは買い替えたりするわけなのか.....
でも、電話番号も変わる訳だから、トンチャイのプロモの中の
女の子の電話番号も変わったはずで、ということは、
この男の子は別の友達ルートで番号を知ったのだろうか??

2009/1/28  22:06

投稿者:chiyu@山口県

タイ語が読めるようになったら、
本当にタイでrain(비)とかの韓流スターが人気あるのか
確かめたいです。
...と思ってはいるのですが...

2009/1/28  22:03

投稿者:chiyu@山口県

私もそう思います。
CDの裏をたどたどしく努力して読もうとしている時とか。

2009/1/26  1:11

投稿者:Томо Иноуэ

タイ文字を見るたびに
きっとハングル読めない人は
ハングル見るとこんな感じなんだろうな・・といつも思います。

うちの従妹はタイでタイ式ヨガをきわめて
本を出したぐらいなのでおそらく読めるはずですが^^

http://sarubang.que.ne.jp/blog/

2009/1/18  2:55

投稿者:chiyu@山口県

タイ文字は一通り覚えようとしました(実際には、あいまいにしか覚えていません)。
タイ語は、全然わかりません。
タイ文字の入力には、http://www.gengo.tk/tro/thairomaji.html
このサイトをよく利用しています。

タイ文字の発音は、
ハングル文字を勉強した時の、
唇音、歯音、といった分類と、
激音、平音、といった分類との
縦横表の知識(?)と対照できるな、
とか思いました。
タイ語には b p phの区別もd t thの区別もあるのに
kとgの区別がない(khは別にある)というのが
すごく不思議です。

2009/1/16  23:48

投稿者:Томо Иноуе

それにしてもタイ語が読めるってすごいですね。

http://sarubang.que.ne.jp/blog/

2008/10/10  22:22

投稿者:chiyu@山口県

で、日本語版と朝鮮語版を同時に再生して楽しむ、という....

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ