2013/3/22

伝説の店  Simple Man

長い間放置していたけど、久々に書きたい事があったので。
先日、前々職時代の片腕となってくれた部下がとうとう退職した。
もう時効だろうから前々職時代のいきさつを少しづつ記していこうとい思う。
まずはざっくりと。

あの店は私が赴任した当時はプログレオタクの聖地として有名だった。
ただ当時の担当者のマニア度が行き過ぎてデッドストックを大量に生み出し、輸入盤の扱いを上層部からストップさせられてしまった。担当者は担当を離れ、私が洋楽ロックの担当者となった。
国内盤だけで洋楽をやれ、という指示であったが、それでは顧客のニーズに応えられない。
私は前担当者の遺産となったデッドストックを必死に消化し、新たな基準在庫として必要な1万枚の輸入盤の在庫をリスト化して上層部に交渉した。そしてようやく輸入盤仕入が再度認められた。
それからというもの私は、マニア度とビジネス度のバランスをとりながら20年強の間、国内輸入双方の洋楽を取り仕切ってきた。
店独自のカラーを打ち出そうと考え、知識と愛情では誰にも負けないと自負していたサザン・ロックとアメリカン・ルーツ・ロックには特に力を入れた。
おかげさまで、噂が噂を呼び、日本全国から同好の方が訪店していただいた。
円高となり、外資がどんどん参入し、洋楽ロックはどんどん普及して好調な時代がやってきた。
調子にのったバカな上層部が売れりゃなんでもいいって感じでゴミのような作品を多数全社導入させやがった。
国内盤も同様である。やがてCD業界に不況がやってくる。Forecastができていない上層部や他店の大量導入のケツ持ちはこっちに回ってくる。自店の利益率が減少しても私はそのような商品を引き受け、現金化に尽力した。
どんどん業界は不況となり、国内盤の発注が本部一括という実に下らない方針になった。
この業界は地域や店の特性で現場からヒット商品を生み出していくと言う事が重要なファクターである事を全く無視したコンビニ的発想である。んな事してるからどんどん衰退していった。
やがて会社は傾き、コンサルに依頼したらしく外部からド素人がやってきた。
経費とシステムの関係で輸入盤は単品で管理していなかったため、かつての本部導入のゴミのような商品と常に需要のある良質な商品が輸入盤であるという一括りで判断され、取り扱いがストップされた。
この頃には全社的に優秀な洋楽担当者がどんどん見切りをつけ退職していった。
私の店もある日突然輸入盤の在庫を無くすよう指示された。
その指示を出したのはかつてこの店の輸入盤担当者で、多数のデッドストックを生み出し、私がそのケツを拭いたその当事者である。そいつは外部からやってきたド素人に尻尾をふって取り入り出世していた。
彼は自身の保身の為、この店の洋楽を潰しにかかった。
私は極めて紳士的に何度も彼に交渉した。しかし、彼はお客さんの要望より自身の保身を優先した。
私は自分の墓を掘る事を決意した。
自分で作ったこの店のコーナーを自分の手で潰す。そして身を引く。
こうして私は伝説の店を潰し、去ったのである。
3

2012/12/31

Thanks List  Simple Man

またもや長らく放置してましたが、
毎年恒例のThanks Listはこちらに書き込みます。

長年過ごした音楽業界を離れ、
異業種に飛び込んで、苦闘した1年でした。

Thanks to my wife and daughter, and my family.

Lazy Horse

Maki,Toshiko,
and my friends who live in Tokyo

KUKU
and my old buddies

Rena

All Stuff of Harvest Hill

All stuff of ex.RRJ

にっSUN,

Ron

Mr.&Mrs. Sato(Phoebee),

Mr.Shouji,

Ayai Nankai Jutaku Jichikai,

And all my frynd who help me.

I Love Ya'll.
1

2012/4/20

Rest In Peace, Levon. Thank you very much!!!  When You Got Frynds

約5ヶ月間放置してました。忙しくでなかなか書く暇も無く、twitterやfacebookでかんたんに記すだけの方が楽なので、ついつい楽な方に流されてしまいました。けど、この話題はきっちりとここで取り上げておきたかったんで簡単に記します。

The Bandのドラマー、ヴォーカリスト、Levon Helmが4月19日に72歳の生涯を閉じられました。
http://www.levonhelm.com/
96年に喉頭ガンが発覚以来、16年に渡り病いと闘いながら活動を続けてきたLevonの音楽に対する想いと姿勢に敬意を表します。

私がThe Bandの音楽に出会ったのは1978年、映画「ラスト・ワルツ」の公開時でした。当時中学3年生。それまでずっとロックを聴いて来たとはいえ、やはりまだフラストレーションいっぱいの少年。BeatlesやStonesなど超ポピュラーなアーティストやご本尊のLynyrd Skynyrdを除けば、人気のハードロックやプログレ、グラムロック、当時誕生してきたパンクを中心に聴いておりました。1976年に行われた「ラスト・ワルツ」コンサートのレビューを音楽雑誌で目にし、大きな興味を持っていたのですが、中学生の小遣いではLPを次々と買う事はままならず、FMが最大の音源入手方法であり、また当時The Bandの音楽をオンエアする番組もあまり無く、映画公開まで音自体を耳にする機会がなかったのです。公開されるや否や映画館に足を運んだ私が受けた衝撃は言葉では言い尽くせません。それまでの私のROCKに対する概念を大きく覆すサウンドとルックスのアーティスト達が続々と登場し、聴いた事の無い音楽がそこには溢れていました。The Bandと彼等を取り巻くアーティスト達の奏でるサウンドからBlues,R&B,Country...といったアメリカのルーツ・ミュージックの要素に触れ、それらの音楽への門戸が開かれたのでした。そしてそういったルーツ・ミュージックを聴き込んでいく事により、今まで聴いていた音楽の新たな面も発見できました。一つの形態やイメージに凝り固まる事無く、柔軟に様々な音楽を聴いていく私のスタイルの礎はThe Bandにあるのです。

10代前半という感受性が最も豊かな時期に彼等の音楽に出会えた事は非常に幸運でありました。この時期にこういった様々な音楽を聴いておけた事が、その後の音楽人生を非常に有意義なものにしてくれています。

過去にThe Bandに関連した事は以下に詳しく述べています。
http://red.ap.teacup.com/simpleman/826.html#readmore
http://red.ap.teacup.com/simpleman/827.html
http://red.ap.teacup.com/simpleman/869.html#readmore
http://red.ap.teacup.com/simpleman/875.html#readmore

ありがとう、Levon。天国で待っているRichard、Rickとまたあちらで最高の音楽を奏でて下さい。
1982年、大阪フェスティバル・ホールで初めて観た光景と耳にした音は今でも私の脳裏にあります。





4
タグ: ameri

2011/12/19

Thanks List  Simple Man

ちょい早いけどこれからバタバタするんで恒例のThanks Listを。
今年はまたもや波瀾万丈の年でした。人生山あり谷あり。ほんまいろんな事があります。
結局大阪に戻ってきたし(lol)。
末端〜メーカーと24年間続いた音楽業界から足を洗ったし。
新しい世界に飛び込んで四苦八苦してるし(lol)。

この1年、私が関わった全ての人に愛と感謝を込めて。

Thanks to my wife and daughter,

SUD JIYUGAOKA,
Maki,Toshiko,
Shinsuke,
NANA,Taechan,
Hide,

George Azuma,

Alex,Koji,Nob,Akira,Mrs.Mizuno, Yunoo,Mutsumi,Yui,
(ex.RRJ)
SP Stuff of WMJ.

HIdeki Masubuchi,

Hiroshi Arishima, GlindHouse,

Rena,

Koreana,Misa,

Akaoman,

にっSUN,

Mr.&Mrs. Sato(Phoebee),

Mr.Hirota(Tower Ikebukuro), Mr.Awano (Tower Records), Mr.Abe(ex.Tower Hachioji),
All Headbangers of Tower Records.

Mr.Shinaki(ex.HMV SHIBUYA), Mr.Arakawa(ex.HMV Yokohama Vivre),

Mr.Shouji,

Mr.Nakamura, Mr.Tokuyama, Mr.Inoue,

All Stuff of Harvest Hill,

Ayai Nankai Jutaku Jichikai,

And all my frynd who help me.

I Love Ya'll.

3

2011/12/13

私感その3  Simple Man

売る方、売ってもらう方を両方経験し、今はその両方をやっている。
その両方の言い分、考え方がわかる立場だから言えるのだが、
私の古巣も含めて老舗の大店の人間は偉そうである。
みんな会社の看板に頭下げてるんで、お前に頭下げてるんと違うわい。
それがわからへんのかな。
なんかプライドを間違って抱えてるよな。
頭の悪いのを自慢してるのは冷静にみたら滑稽でもある。
2

2011/11/29

私感その2  Simple Man

こないだの日曜はW選挙の投票日だった。
投票終了と同時に結果が出た。
いろんな人がいろんな事をつぶやいていた。

私は野球のド素人がタイガースの采配などを偉そうに口にするのを聞くのが嫌いだ。
だから今回の選挙について偉そうな事も言いたくないし、その知識もない。
ただ言える事は、選挙でこれだけ大阪が盛り上がったのは初めてのような気がする。

私もそうだが、恐らくみんな都構想なんてよくわからんし、ど〜でもええ事に違いない。
ただ、現状にみんな不満を持っているんだ。
けど、どうする事もできないし、やり方もわからない。そんな暇もない。

選挙結果を受けて、従うしかないとか、飛ばして欲しいとか、
偉そうにのたまう頭の悪さを自慢している役人ども、
不祥事を繰り返す役人どもを普段から嫌悪していたんだろうな。

私も10年前に大阪市民を止めた(引っ越しした)事を良かったとつくづく思った。
あんな奴らの給料を自分が少しでも負担していると思うとやりきれない。

商売をやってる人なら誰でもわかる事だが、
お客さんが居てはじめて自分たちの収入がある。
それが経済の一番原始的な姿だ。

私は昔から公務員と呼ばれる職業の人達は何故あんなに態度がデカイんだろうか不思議だった。
何故あんなに偉そうなんだろう。
今日も市役所で、年金の説明を求める老人に偉そうに接する小役人を見た。

市役所、区役所、府庁、市バス、地下鉄、警察、公立学校に務める者、
政府の機関に務める者、政治家、etc....
収入が税金で賄われている者たち、
あなた達の給料は誰が払っているのか考えたことがありますか?
あなた達のお客様は誰ですか?

みんなわからんやろな。

最後に一言。
いややったらやめたらええねんで。
多分どこ行ってもあんたらは通用せえへんから(笑)。














2

2011/11/23

私感  Simple Man

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/29764?fb_comment_id=fbc_10150548260796632_23195116_10150562563266632#f1961e0ce8

私はかつてCD業界の店頭でこれを実践してきた。私のやり方は肯定する上司と否定する上司の真っ二つに分かれた。肯定する上司が全く居なくなって私はその会社を去った。
4

2011/11/14

Pronounced Leh-nerd Skin-nerd  Simple Man

ちょっと気になってた事。
LYNYRD SKYNYRDをカタカナ表記にするとレーナード・スキナードである。
彼等の造語なので発音はややこしいんだが、1stアルバムのジャケットには 「Leh-nerd Skin-nerdと発音するんやで」と記載されている。
クリックすると元のサイズで表示します
日本盤のアルバムもレーナード・スキナードと表記されている。

ところが最近はレイナード・スキナード(Lei-nerd Skin-nerd)という表記を良く目にする。
以前は門外漢のライターさんが書いている原稿に多かったんだが、ここんとこはサザン・ロック・ファンのWeb上での記述にもこの表記が多いような気がする。

まあ英語をカタカナで表記するのに完璧はないんで、どうでもいいっちゃあどうでもいいんだが、熱心なファンとしてはやっぱり気になる。
ライヴ盤のアル・クーパーのMCを聴くとレーナードとレナードの中間のようで、レイナードには聞こえない。
カタカナにするにはレーナードとしか書けないと思う。

全国のスキナード・ファンの皆さん、レイナードという表記を目に耳にする機会があれば訂正を促しましょう(笑)。
やっぱり名前は気になるもんね。


3

2011/10/20

20th October  When You Got Frynds

初めて彼らの事を知ったのは13歳の時。
一発で虜になった。
翌年、飛行機事故のニュースが飛び込んできた。
以来、聴く音楽の嗜好がどんなに変わろうとも彼らの音楽はいつも私の中心にあった。

大人になり、業界の末端で働いた。
彼等の作品を他のどの商品よりも力を入れて紹介し続けた。
日本盤の特典もいくつか制作に関わった。
雑誌の特集記事にも関わった。
あげくの果てに彼等が所属した数あるレーベルのうちの一つでも働き、
作品のリリースにも携わった。

墓参りにも4回行った。
メンバーのご遺族とも知り合った。
世界中のファンとも交流した。
出身地でのライヴにも行った。

今でも彼等の音楽は私の中心にある。

A BRIEF CANDLE ・BOTH ENDS BURNING
AN ENDLESS MILE, A BUS WHEEL TURNING
A FRIEND TO SHARE A LONESOME TIME
A HANDSAKE AND A SIP OF WINE
SAY IT LOUD AND LET IT RING
THAT WE'RE ALL PART OF EVERYTHING
THE FUTURE, PRESENT, AND THE PAST
FLY ON PROUD BIRD, YOU'RE FREE AT LAST.


4
タグ: ameri

2011/10/13

一年前  Simple Man

丁度去年の今頃は毎年開催されているとあるフェスで激多忙だった。
当時勤務していた会社の所属アーティストが4組出演の為に来日していた。
それもうち3組はとうもろこしに石酢にネズミというプライオリティがトップのアーティストである。最大のビジネス・チャンスである。
社長以下、経理総務1名、制作2名、デジタル1名、宣伝1名、販促1名、バイト3名という布陣の少数精鋭の会社だったので、それこそ全員が一丸となってあたらなければならない大イベントだ。
しかし.....だ。
事もあろうに宣伝が持病を口実にイモ引いてとんづらかましよった。本人とは全く連絡つかずである。
日頃から偉そうな事ばかりぬかす奴ではあったが、同じ大阪人と言う事もあり私は彼に比較的寛容に接してきた。しかし今回だけは我慢がならなかった。
とは言え、んな事言うてる場合やないので、残る全員で彼の穴を埋め超フル回転で働いた。
か弱いうら若きバイトの女の子に力仕事までして貰った。
おかげさまで不完全ながらなんとかやり終える事ができたが、それが大きな結果に結び付く事なく翌春に会社は消滅した。
イベントが終了した後、彼はのうのうと言い訳しながら出社してきた。
今更彼に対する怒りや恨みは無いが、世の中にはこんな奴が居る。
もう会う事も無いと思うが、もし会ったらしばき倒しても倒し足らんやろな。
6

2011/10/13

休日  Simple Man

先週の個展、焼肉の休日に続いてやってきた休日。
疲れはたまりにたまっているが、またもやミナミへ出かけた。
先週注文したレス・ポールのペグを買いにアメ村のイケベへ。
元同僚としばし談笑した後、なんばのタワレコへ。
そこで先ほどブログにアップしたPuddle Of Muddの新作を購入。
帰宅後、早速聴いてえらく嵌ってしまい、ブログに書いた次第です。
夜は貰ったシャンパンを空けて今ほろ酔いでこれを書いている。
このまま調子良く呑んでしまうと、ペグの交換は後回しになりそうやな(lol)。
3

2011/10/13

Foo Fighters  When You Got Frynds

Foo Fighters / Medium Rare


クリックすると元のサイズで表示します

Foo Fightersの最新リリース作。全曲60~80'sのカヴァーで、今年のレコードストアデイに合わせてアナログ限定でリリースされた作品。シングルのカップリング、ライヴ、コンピレーション等から集めたカヴァー曲に新録を加えたもの。
1. "Band on the Run" (Wings )
2. "I Feel Free" (Cream )
3. "Life of Illusion" (Joe Walsh )
4. "Young Man Blues" (Mose Allison 、Live at Austin City Limits)
5. "Bad Reputation" (Thin Lizzy )
6. "Darling Nikki" (Prince and The Revolution )
7. "Down in the Park" (Gary Numan and Tubeway Army )
8. "Baker Street" (Gerry Rafferty 、 Live @ BBC Radio 1 Evening Session April 30, 1997)
9. "Danny Says" (Ramones 、 Featuring Gregg Bissonette on Drums)
10. "Have a Cigar" (Pink Floyd 、 With Brian May)
11. "Never Talking to You Again" (Hüsker Dü 、Live, Hamburg, Germany, 1st December 2002)
12. "Gas Chamber" (Angry Samoans 、 Live @ BBC Radio 1 Evening Session November 23, 1995)
13. "This Will Be Our Year" (The Zombies)

CD化に際しM-6のプリンスのカヴァーがカットされ12曲入りとなり、ベルギーの雑誌「HUMO」マガジンの付録という形でリリースされた。私が購入したのはこっち。
とにかく選曲のセンスに脱帽。有名アーティスト中心だが、その幅広さとひねりの利き方は流石デイヴ・グロールと言わざるを得ない。M-5のシン・リジィなんてこれを持ってくる所がニクい!ゲイリー・ニューマンなんていくら好きやっても普通はロック・バンドでカヴァーしようと思わんやろう。ラモーンズもこれを持ってくるかあ。ハスカー・ドゥーは想像できたが、アングリー・サモアンズに至っては感服。ラストをゾンビーズでまったりゆっくり締めるところもこれまたGood!

アナログはもう入手困難みたいやけどCDはまだ可能。
私はここで手に入れました。

3
タグ: ameri

2011/10/13

Puddle Of Mud  When You Got Frynds

Puddle Of Mudd / Re:Discovered

クリックすると元のサイズで表示します

1993年結成、94年デビュー、2001年メジャー・デビューの中堅オルタナティヴ系歌ものロック・バンド、Puddle Of Muddの通算7枚目のアルバム。メジャーを離れてインディーからのリリースとなった本作は全曲ロック・クラシックスの名曲カヴァー集。選曲は有名曲中心だが、奇をてらう事も無く格好つける事も無く、いかにも彼らが普通に好きな曲を集めましたって感じで非常に好感が持てる。どの曲もオリジナルに忠実なアレンジで取り上げられているが、曲のダイナミズムを強調し、よりパワフルに感じられる。前回の来日公演を見逃しているので、次回があれば是非観たいバンドだ。

1. Gimme Shelter (The Rolling Stones)
2. Old Man (Neil Young)
3. T.N.T. (AC/DC)
4. Stop Dragging My Heart Around (Stevie Nicks&Tom Petty)
5. The Joker (Steve Miller Band)
6. Everybody Wants You (Billy Squire)
7. Rocket Man (Elton John)
8. All Right Now (Free)
9. Shooting Star (Bad Company)
10. D'yer Mak'er (Led Zeppelin)
11. Funk #49 (James Gang)

ちなみにM4のデュエットはB C Jean
M11でギター弾いてるのは、このブログの読者には説明不要のDuane Betts。

1
タグ: ameri

2011/10/7

久々のミナミ、ART、ROCK、焼肉  Simple Man

堀江のART HOUSEで今日から開催されている友人の石川武志の個展(2人やから「個)やないなあ)、「It replaces it 石川武志×吉川誠司 展示内容 家具・平面作品・雑貨というの商品など」を観に行く。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら石武は不在だったが、ゆっくりした気分にさせてもらった。
また彼とライヴ・ペインティングをしたいものだ。


その後はレス・ポールのペグを交換すべく、アメ村の楽器屋で働く元同僚を訪ねる。彼とはまた別の同僚(私と同期で故人)の葬儀以来の再会で昔話に花が咲いた。今や大阪の楽器屋の知人と言えば彼だけになってしまったんで、今後はこの店のお世話になる事だろう。残念ながらパーツの在庫はしていないとの事なので取り寄せを依頼してこの店を後にした。


夜は元部下で今や私に最近の洋楽情報を伝えてくれる貴重な友人(私のラウド系、エモ系の師匠かも?)と久々にメシを食べに大国町の三麗へ。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しくゆっくりと1枚1枚焼きながら食しました。やっぱりここのタン塩は美味いな。この店に初めて行ったのはもう20年程前になるけど一番好きですわ。
最新のロック談義に花が咲きビールが進む進む。

ふとTwitterを見ると私を呼ぶかのようなツイートが(lol)。

じゃあ行くか、という事でPhoe〜beへ。
ここでは打って変わってアーシーなロックをゆっくり味わいました。

0

2011/9/29

さつまいものコロッケ  Simple Man

親戚から大量のさつまいもを貰ったので。

まずはおやつに大学芋。
レシピ通りに醤油を入れたら嫁はんには「しょっぱい」って不評。
ったく。えらそうに。
クリックすると元のサイズで表示します

続いてはコロッケを作る為に圧力鍋でふかす。
クリックすると元のサイズで表示します

んで衣をつけて。
クリックすると元のサイズで表示します

コロッケ定食の出来上がり。
クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ