カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

こちらでブログを継続してます

随分久しぶりの書き込みです。
正直言ってこのブログ忘れていました。

現在は、こちらのサイトで継続中です。
こちらです

京都検定、まだまだ挑戦中ですよ。
0
タグ: 京都検定 京都 
投稿者:シンゾウ

1級合格

 女房殿からメールが入った。「お父さん合格です。128点」と。漢字が思うようにかけず完全に諦めていた私には意外な結果であった。急いで家路に向かう。いつもより気分が高揚し、足取りも軽い。列車の混雑があまり気にならない。

1年間の苦労を思い起こしていた。書けない漢字、本を読めば読むほど溢れ出てくる知らない情報。投げ出したくなることも何度かあった。受験する意味さえ見失うこともあった。仕事との両立。思うように勉強時間が取れない。なかなか覚えられない。いらいらする。自己嫌悪...その繰り返しであった。それでも最後は”自分は京都が好きなんだ”という思いだけで勉強を続けた。

家につき採点表を見る。6問目〜100問目で50点満点の46点取れたのが合格できた原因だった。時間に焦って書きなぐった文章だったので、誤字脱字、主語・述語が疎かになっていた。優しい試験官が採点してくれたのだろう。1問目〜5問目はそれぞれ20点の配点、問題が10問ずつあったので、50問×2点=100点満点である。これも誤字脱字の不安が大きかったが、部分点(奇数点で採点されている)がもらえたようで82点。これは予想通りの惨敗であった。漢字も正確に書け、イージーミスがなければ98点は取れていた。いや取らなければならなかった。分からなかった問題はたったの1問しかなかったのだ。結局は詰めの甘い勉強しか出来ていなかったということである。

今回の受験は自分の中では不完全燃焼で終わった。思うように書けなかった、記憶の整理できていなかった、京都文化の重さ(記憶すべきことの多さ)につぶされそうであった、遊び心という余裕が失せていた....反省点はいくつもある。この試験結果を励みに今年も受験することを、今、決めた。京都を楽しまなければ...



クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: 京都検定 京都 
投稿者:シンゾウ

満つれば欠くる世の習い

< 日光東照宮の陽明門(国宝)には柱が12本あり、その内の1本だけ逆さにしてあることを知りました。(テレビドラマ、西村京太郎シリーズ)”満つれば欠くる世の習い”ですね。

 京都にも同じような考えで立てられたものがあります。2つ言えますか。

 それは、京都御所と知恩院です。他にも沢山あるのでしょうが私の知っているのは2つです。

 御所の築地壁は長方形なのですが、鬼門の方向に当たる一箇所だけに切り込みが入れられています。猿が辻と言われているところです。もう一つは、知恩院。知恩院御影堂の屋根の上には2枚の瓦が取り残されたようにあります。これは完成の一歩前で止めたと言う意味があるそうです。昔の人は実に風習を大切にしていたのです。


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 京都検定 京都 
投稿者:シンゾウ

つらい別れ

 週に3度は遊びに来てくれていた孫(彼女)が、父親の転勤で松阪へ引っ越すことになりました。しかも、週末から松阪へ行くそうです。 彼女が私をやっと「じじ」と呼ぶようになってくれた矢先のこと。いずれは転勤するだろうと思っていましたが、いざ、その日がくると寂しい気持ちで一杯です。「遠いと言ってもたかが松阪」と慰めてみるものの気持ちは一向に晴れません。娘は「月1回は帰ってくるから」と慰めてくれるのですが....名古屋から特急で70分...毎月、私も松阪通いになることでしょう。

 天使のようなこの子を連れて京都旅行。それが私の夢です。「じじは京都のことをよく知っているねぇ」と言われたい。この子に京都の素晴らしさを伝えたい。後、最低5年は元気でいなくては...勿論、他の4人の孫も連れてだが...

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 京都検定 京都 
投稿者:シンゾウ

名古屋祭

 
この土曜日、日曜日は名古屋祭でした。これほど市民間に定着していない祭(いや、これは私の個人的な感想です。)はありません。今どきの若者は完全に無視状態。祭を楽しんでいるのは、山車を引っ張る人、英傑行列で英傑になりきっている人、それらを運営する人、その他祭に関係する人達だけではないでしょうか。私も、50数年間、名古屋に住んでいますが、名古屋が誇る祭と思ったことがありません。祇園祭とどこが違うのでしょうか。単純です。町衆(市民)の祭への思いが全く違うことです。その思いは一朝一夕で出来るのもではなく、長い時間と歴史が作っていくのでしょう。わいわい華やかであればよい的な名古屋祭とは根本的に違います。
 私は、名古屋祭の昨日、歩けることの喜びを感じながら町の中心街をウオーキングしていました。その時、偶然に山車に出会いました。規模は名古屋祭の比ではありませんが、こちらの祭のほうが地元密着型で、祭を皆で楽しんでいるという雰囲気がありました。祭はこうでなくては!!クリックすると元のサイズで表示します

0
タグ: 京都検定 京都 
投稿者:シンゾウ
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/9 
 
AutoPage最新お知らせ