2015/5/17  21:27

阪急2300系2301Fを作るB  キット・改造・ディテールアップ

クリックすると元のサイズで表示します
今回初めて先頭車ボディー側の屋上についている手すりを再現してみました。

特徴的な連結器は2301側が鉄コレ、2352側はGM阪急2800系のバルクパーツを使用します。この2800系パーツは是非とも阪急用パーツとして発売して通常製品として発売して欲しいですww
クリックすると元のサイズで表示します
2352側。電纜箱から伸びるエアホースが特徴的です。

エアホース系はすべて0.5mmの真鍮線で再現しています。
クリックすると元のサイズで表示します
真鍮線を出したついでに妻面の配管も・・・。いつもどおり配管を曲げて瞬着でベタ付けです。
クリックすると元のサイズで表示します
床下は阪急7000系用・阪急2800系用2種類・凡用パーツと一部鉄コレのものを使用。抵抗器は若干オーバースケールですが上手く再現できたかと・・・水切りはエバーグリーンのプラ棒を貼っています。

今日はこのへんで・・・。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ