2015/6/16  23:19

マイクロ製東武20070系を加工する【完成編】  キット・改造・ディテールアップ


マイクロエースより東京メトロ日比谷線直通用車両の東武20000系・20070系が製品化され、個人的に好みの顔なので購入しました。

写真は購入時の写真。連結器回りがスカスカで何かイメージが違います。色々と加工したので紹介したいと思います。

床下・屋根機器塗装・細部色入れ・パーツ交換・インレタの貼り付けなどを行なっています。

正面。窓の大きな電車なので自作の運客仕切・運転台コンソール・各種機器を作りこんでます。

下回りは阿波座のエアホース・ハンドスコッチ・銀河の引通し管・ATS車上子・トレジャータウンの103系パーツ付属のATS受電器など色々なパーツで再現しています。コック類の色差しが効果的です。

ボディーを被せる前の状態。

塗装前の状態です。
床下は濃い目のグレーで塗装しています。

側面。窓にはトレジャータウンのドア表記・優先座席インレタを貼り付け。女性専用車は製品のものを使用しています。

続いて屋根。機器類はタミヤのインシグニアホワイトで塗装。東武の電車は機器とメッシュのメリハリがしっかりしてるので黒で塗装しています。

パンタグラフはGMのPT71Aに換装。そのままだとおかしいので一部をカットし、元製品の避雷器とパンタ台を移植しています。

動力は鉄コレ用に換装。妻面に転落防止外ホロと4号車のみIRアンテナが付いていますが未塗装なので前者は黒色・後者は銀色で塗装しています。

そんなこんなで加工が楽しい車両でした。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ