2013/6/12

大鯛  

クリックすると元のサイズで表示します

でかい鯛を、釣り上げました!
2

2010/6/22

活きた金?  

新聞報道によると・・。
こんな金の使い方をしているんだから、一向に真の漁業者は浮かばれない・・!
日本全国の零細漁民を助ける為に、生きた金を使って欲しい物だ・・。


東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010062190070611.html

2010年6月21日 07時09分

 日本周辺の太平洋でマサバの漁獲量が激減し水産庁が資源回復に多額の補助金を投じる中、巻き網漁業の団体が同庁の助成で本年度から船団を大型化し、収益性を高める実証実験を始めている。魚群を一網打尽にする巻き網漁には「乱獲の恐れがある」との批判がある。団体は同庁OBの天下り先で、資源保護に逆行するような実験の背景にもたれ合いの構図が浮かんだ。 (水戸支局・沢田佳孝)

 この団体は、青森県から千葉県にかけた太平洋沿岸の巻き網漁協でつくる「北部太平洋まき網漁協連合会」(東京都港区)。

 水産庁によると、実験は全国有数の巻き網基地として知られる茨城県神栖(かみす)市のはさき漁協で、三年計画で始まった。漁の主力となる網船を八○トンから一九九トンに大型化。現行四隻体制の船団を三隻に減らし、人件費や燃料代を抑える。国は実験にかかった費用と水揚げ高の差額の半分を補助。同庁は「使用する網の大きさを変えず、漁獲能力を現行以下に抑える」と説明する。

 だが、水産資源管理に詳しい三重大の勝川俊雄准教授は「マサバ減少の原因は、巻き網船が成熟前のサバも根こそぎ捕ってしまうことが大きい。資源保護を考えるなら、網船を大きくする必要はない」と批判する。

 連合会は一九七一年、水産資源の管理や漁業経営の向上などを目的に設立された。九八年以降の三代の代表理事は水産庁出身。代表理事は常勤で、報酬を得ている。現在の川本省自氏は二〇〇二年三月、次長で退職した大物OBだ。

 同庁は減船や休漁への補償を柱にしたマサバの資源回復計画を〇三年度に本格化させ、マサバを主力とする連合会には〇八年度に約五億円、〇九年度に約四億五千万円が支出された。同じ二年間に同庁が水産資源保護のために支出した補助金の86%に当たる。

 元同庁漁場資源課長の小松正之・政策研究大学院大教授は「現行以上の大型漁船を追加すれば、資源保護に逆行する。連合会などの水産団体が水産庁と補助金とOB派遣人事でつながり、結果的に漁業者の自立を妨げている」と指摘している。

 こうした問題の指摘について、連合会は二十日までに取材に応じていない。川本氏は連合会を通じ「答える必要はない」と回答した。

(東京新聞)
3

2010/6/9

軍記ー22  戦記


次の日、午前九時頃から二人でまた歩く。
次の日も次の日も。
途中、二回程川を渉る。
爆音に注意しながら、ヒタスラ歩く。
あの、二人一組とは出会わない。
陸軍さんもポツポツいる。
四日目に川を渉り、川沿いに奥へ入る。
二時間ほど歩いたら、何か見た様なところへ出る。
往路、間違えて往復ビンタを食ったところであった。
あの時は、すみませんでしたと渡辺兵曹にあやまる。
ここまで来れば、もう安心だと歩速もゆるやかに軽口も出る。

昼ごろ、ムンゲタに着く。
陸軍が大分いる。
海軍の兵隊を見なかったかと、聞いて回る。
皆、知らぬと言う。
士官に話を付けて、小さい小屋を一軒借りる事ができた。
その晩、そこへ二人で寝る。
疲れと安心で、二人とも死んだように眠った。
翌朝、目を覚ますと食事の用意ができていた。
あべこべである。
彼は、私が疲れているとして起こさなかったらしい。
こんな理解のある人が隊長だったら、いつでもこの身を捧げてもいいなと。
またしても、例の件を思い出す。
それにしても、最後尾の二人が一番先に到着してしまった。
それも途中で、隊長をおいてきぼりにして。
戦友達は、何をしているんだろう。
私達より、半日も早く山を下りたのに、何をしているんだと腹が立つ。

渡辺兵曹曰く、皆な来ていると思ったら誰もいない。
これは豪い事になったと言う。
私は、隊長が先へいって小屋を見つけておけと、言ったんだから致し方ないと・・。
出たとこ勝負で、いきましょうやと笑ったが、顔は笑っているようではない。
身の安全が保障されたとなると、心配事が出てくるものだ。
何とかなるだろう。
心配しても始まらない。
丸一日おくれて、隊長ほか三〜四名、更に一日おくれて、残りの皆が来た。
0

2010/4/23

俺に用事・・?  

こいつ、俺に用事があるの・・?
ぐるぐる回っている・・。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/4/17

航海!  

若人を乗せて、実習船が出港して行った・・。

北東の風が強く、外海に出れば、相当荒れているだろう・・。

500トンの船だって、時化れば船は揺れるもんだ!

世間の荒波を受ける前に、太平洋の荒波で揉まれて来るだろう・・。

航海の安全を、心より祈る!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/3/27

パンとさかな  エコ

天然酵母の美味しくて安全なパンを焼く、タルマーリさんへお邪魔しました・・。

いすみ市の旧岬町の、のどかな山あいに有ります・・。

知る人ぞ知る、有名なパン屋さんです!

先日、お魚とパンを物々交換して頂き、味見させて頂きました。
とても、優しい味で、のど越しが良く、信頼できるパン屋さんです。
食は、まずは安全、安心、そして優しく、美味しい・・・。
食料は、こうでなくちゃいけません・・。

もっぱら、お米党の私も、このパンには大満足でした・・。

そこで、今日は、我家自慢の干物を持って、出張販売に出掛けました・・。
パンと干物のミスマッチングに、お客さんも面食らった様でしたが・・。
こちらも、安心、安全、優しい干物ですから、すぐにお客さんも信頼してくれて、美味しい、昔の味だと、好評価を頂き、手間ひま掛けて作った甲斐がありました・・。

4月4日のナチュラルライフマーケットにも、飛び入り参加決定です!!
ねじり鉢巻で、参加してきます・・。

都会から、大勢の食にこだわる人達が集結するようななので、楽しみです・・!
皆さんも、良かったらお立ち寄り下さい・・。




クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/3/27

(SAKURA)  エコ

そろそろ、春本番で暖かくなってきました・・。

田んぼに水も入り、蛙の声も聞こえだしたし、メジロやアカハラなどの野鳥も賑やかに騒いでいます・・。

長女が小学校へ入学した際に植えた桜の木が、今年も満開となりました・・。
やはり、木も成長したし、娘も少しは成長したようです。

斉藤さん、見てるかな・・?
ともみも、大学生ですよ・・・。

最近、四季のの移ろいのサイクルが狂いだしていますが、昔ながらの暦に合った四季の変化に戻したいものです・・。

それには、皆さんのライフスタイル(生活様式?)を昔の生活に戻さなければ無理でしょう。

少し不便な生活に、戻りましょう・・。
不便は、健康に良いはず・・・!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/3/18

NLM  

久しぶりの投稿です・・。

来月の4日に、いすみ市でナチュラル、ライフ、マーケットが開催されます。

有機農業や、自然派の食材など、環境問題などにも取り組む人達も大勢集まるようです!

t−ecoも新鮮なお魚を携えて、マーケットに出店致します。

皆さんも、是非顔を出してください。

詳しい案内は、パンやのタルマーリさんのブログから確認ください。

来場者は、是非マイ箸、マイ食器を、ご持参ください!
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ