teacup.ブログ START!

2013/2/22 
ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

イタリア料理店の経営

2013/2/22 
イタリア料理業界は特徴上どうやってもランチ帯メインの業界になりがちな方向があるのはご存知ですか。イタリア料理業界の成功目安はAランキング商品がハッキリしています点からもわかるように、こうした商品の完成度が イコール利益や集顧客力に直接的にインパクトを及ぼしていくです。味の基準と成るのは、トマトソースです。

商品発明で大事なというようなことはトマトソースのどのゾーンを実現し、商品化しているのかと言う点です。トマトのおいしさ成分なのか、甘い味なのか酸味や爽やかさなのか、グツグツ煮たソースにしているのか軽いソースにしているのか、 麺の太さや形は、ソースのからみ具合は等の設計図を創りメインのトマトソースの基準と、商品平均をハッキリさせましょう。そうすれば、そのこと以外のソースの方向性と商品の傾向がおのずと決まってくるです。こういう目安がブレているイタリア料理業界が、とっても大勢見受けられます。

業界特徴は、集顧客商品が利益商品であり、他の業界と異なる優位点です。ベース来、商品原価が低く利益率が高く、調理工程もシンプルなというようなことが業界特徴です。

イタリア料理業界は、とくに何らかの業界的な武器を持つというようなことが大事になるです。低単価か、量か、専門性か、ビュッフェ業界か、カフェ業界か、ビストロ業界か、等 価額的な優位性を打ち出しています業界が脚光を浴びがちですけれども、価格削減のノウハウが無い限定業界の優位性を低減させるだけであり、市販的なショップが投入しているというようなことは十分な確認が必需になってくると思います。ビュッフェを投入していますショップ、量感を実現していますショップ、和風感を売りにしていますショップ等が市場 には大勢見受けられます。どの業界でも似ている事はパスタの品質が集顧客力に直結しています点です

とくに、ビュッフェ業界はパスタの品質を高ポジションでキープしているというようなことは困難です。ピッツァは創り置きできますのだが、パスタはオーダー性にしているというようなことが望ましことです。

イタリア料理業界の成功目安は、何処迄パスタ類の商品力を上げられ、時間帯別の販売戦略と商品戦略を発明し、 あのショップ独自の武器を持てるかと言う点です。売れる商品と売れる時間帯が明瞭であるので、そちらの点に集中したマネージメントをしているというようなことは勿論、ランチ以外の集顧客が可能な 販売商品を持つというようなこと、ディナー帯の利益確保の為の商品発明と販売戦略を持つというようなことが成功するための目安となるです。

マーガリンとバター

0



AutoPage最新お知らせ