2009年〜の旅行 目次  

ブログ「旅好き美味いもの好き」は勝手ながら3つに分けることにしました。

@本体 美味いもの&アレコレ&ダイビング 編
A旅行編 2005〜2008
B旅行編 2009〜    ←このブログ
C魅惑のクラシックホテルたち

そうそう旅行に行くわけではないので
      ほぼ毎日更新しているのは本体の方です。


このブログで紹介している旅行 

  ◎千葉大多喜たけのこの旅 2009.04
  ◎千葉の小江戸 佐原へ小旅行 2010.05
  ◎横浜「ホテルニューグランド」本館の旅
  ◎新潟片貝まつりの旅 2011.09
  ◎長野 上高地日帰りバスの旅 2010.08
  ◎京都「柊家旅館」と奈良「奈良ホテル」の旅 2009.07
  栃木 那須温泉「山楽」に泊まる 2010.10
  群馬 四万温泉「積善館」に泊まる 2010.07
  女一人旅 伊香保温泉の洋風旅館「ぴのん」 2011.02
  熱海の旅館「あたみ石亭」に泊まる 2009.09
  箱根の旅 2009.12
  箱根宮ノ下の富士屋ホテルに宿泊 2011.08
  伊豆長岡温泉の旅館「三養荘」に泊まる 2009.12
  伊豆長岡温泉の旅館「正平荘」に泊まる 2010.12
  伊豆天城湯ヶ島温泉の有形文化財「落合楼村上」に泊まる 2010.04
  今井浜東急リゾートホテルに宿泊 2010.12
  河口湖の旅館「湖山亭うぶや」で冬花火 2011.01
  軽井沢 星野温泉の宿「星のや」に宿泊 2011.06
  長野 蓼科とドラマ「高原へいらっしゃい」のロケ地「八ヶ岳高原ヒュッテ」2010.08  
  長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ 2011.08
  熊野三山めぐり 2011.07
  鹿児島 桜島と霧島神宮と妙見温泉「石原荘」の旅2009.04
  【ダイビング】沖縄 糸満・ケラマ 2009.05
1

2012/2/12

伊豆 伊東「オーベルジュ ル・タン」 食事編  ♨伊豆 伊東のオーベルジュ ル・タン に泊まる

伊豆 伊東のオーベルジュ ル・タンの食事編。

オーベルジュなのでフランス料理が美味しいお店 兼 宿です。



●夕食


自家菜園の野菜


パン


川奈産鮮魚のサラダ仕立て 自家製ピクルス添え


季節のポタージュ まずは具を食べて


季節のポタージュ


あしたか牛のサーロインステーキ めちゃうま!


デザート


プティフール


たくさんお菓子。女性はうれしいね!

●朝食





まずは具を食べて

コンソメをそそぎます 食べかけでスミマセン


夕食はもちろん美味しかったですが、特に朝食がいいですね。
朝採った野菜を気持ちよくいただけます。

私たちは平日に泊まったのでなかったのですが、
土曜日のディナーには6種類のホールケーキから、
お好きなものをいくつでも選べて、その場で切り分けてくれるそうです。
甘いもの好きの方は土曜に泊まるのがいいですね!

通常2名一部屋 一泊一人20000円くらいからです。
今回は一休.comマーケットでチケットを購入したことと、
手違いが生じたため、大変お安く泊まれました。

2月5日から河津桜まつりが始まっていますから、泊まるにはいい時期ですね!
河津桜まつり http://www.kawazu-onsen.com/sakura/sakura.htm

ひと足早い春を感じてみてください。

オーベルジュ・ルタン




関連ランキング:フレンチ | 富戸駅城ケ崎海岸駅川奈駅



0

2012/2/11

伊豆 伊東のオーベルジュ ル・タン 施設編  ♨伊豆 伊東のオーベルジュ ル・タン に泊まる

昨年末に出かけた伊豆 伊東のオーベルジュ ル・タンの紹介。

オーベルジュとは、泊まれるレストランのこと
だから食事がメイン。でもこの宿は食事だけでなく、温泉だし、お部屋も広くきれい。
また泊まりたくなる宿です。

オーベルジュル・タン http://www.le-temps.jp/
    ぐるなび→ http://r.gnavi.co.jp/n020400/ クーポンあり

住所:静岡県伊東市十足614-187
TEL: 0557-45-5181 
レストランとしての営業時間 11:30〜14:00(L.O.)  18:00〜20:30(L.O.)
        定休日 水曜日

JR伊東線伊東駅からは車で10分くらい。
一碧湖にある池田20世紀美術館の隣りにあります。





 ラウンジ

 2階廊下

●お部屋 客室は全8室


スタンダードツインですが、十分広いです



●お風呂


 温泉です!
24時間入れます

次はメインのお食事。



0

2011/10/24

新潟の青木酒造を見学  ◎新潟の青木酒造を見学

銀座の焼鳥屋「鳥清」主催の日帰り酒蔵見学ツアーに参加。

今年も新潟県南魚沼市にある青木酒造さんへ。

青木酒造さんは「鶴齢(かくれい)」という日本酒を作っています。
とっても美味しいお酒です♪

青木酒造 http://www.kakurei.co.jp/index.shtml

住所:新潟県南魚沼市塩沢1214
TEL:025‐782‐0023


創業1717年 なんともうすぐ300年!




宴会場 場所をお借りしてランチ


お庭も素敵です


でもその前に 酒蔵見学 長靴も履いてます

日本酒はこの順番で作ります。
精米 米洗い 米蒸し 麹造り もと造り  
仕込み  搾り  火入れ ビン詰め



精米は別の場所で。


米洗いと米蒸しはこの空間で行います


種麹 別名「もやし」袋にはオリゼーが入ってるんだって


食べさせていただきました 甘い。あられみたい。




まだお米のつぶがあるので、かきまぜ棒は重たいです


まだちょっと早い段階のものを飲ませていただきました どぶろくみたい?
でもこれでもイケル味でしたよ


これで絞ります


試飲開始!試飲というより飲み放題♪ 私は茶色の特別純米が好き♪


特別に用意していただいたものも・・・


お弁当 新潟らしい惣菜があって美味しかった♪


酒米粉を利用したワッフル 実はのお店で出してるもの


OHGIYA CAFE すぐ近くにあります
http://www.ohgiya-cafe.com/


この一体は素敵な町並みになっています

朝から帰りのバスの中まで、みなさんずっと飲みっぱなし。
さすがについていけなくて、私は最後におうちでダウン。
でもとても楽しい旅でした。

0
タグ: 新潟 酒造

2011/9/24

新潟片貝まつり A越後ゆきくら館と奥只見湖遊覧船  ◎新潟片貝まつりの旅 

片貝まつりの帰りに、酒蔵見学と奥只見湖遊覧船に乗りました。

@玉川酒造 越後ゆきくら館

玉川酒造 越後ゆきくら館 http://www.yukikura.com/

住所:新潟県魚沼市須原1643
TEL:025-797-2777
営業時間 : 9:00〜16:00 定休日なし 見学無料
只見線須原駅下車徒歩5分

ゆきくらとは、冬の雪を大切に保管利用した新しい貯蔵庫。
天然の雪を特殊なシートで覆い、年間を通して大吟醸を低温貯蔵することができます






9月上旬でこんなに雪が残っています。


地下に行けるようになっていて、中はひんやり♪





無料で試飲が出来ますが、並びます。
見学はほんの数分で、説明もあんまりしてくれなかった。
団体扱いだから仕方ないか〜。

A奥只見遊覧船

奥只見湖遊覧船 http://www.okutadami.co.jp/boat/

7月末の雨災害による奥只見シルバーライン通行規制のため一時休業していましたが、
ちょうど前日の9月10日から営業再開。ラッキー♪


銀山平乗船所 なんにもありません。ランチできずがっかり。


あの船に乗って 奥只見乗船所まで行きます 所要時間40分 片道1100円




奥只見ダム


映画「ホワイトアウト」(織田裕二、松嶋菜々子主演)の原作地です


3時になって奥只見乗船所でやっとランチが食べれました!

これにて片貝まつりの旅終了〜
0
タグ: 新潟 花火

2011/9/24

新潟片貝まつりの旅 @  ◎新潟片貝まつりの旅 

今年は震災の影響で地元の花火大会がなかったので、
遠出して世界一大きい花火で有名な「片貝まつり」へ行ってきました。

片貝まつりは2010年に公開された映画「おにいちゃんのハナビ」
で有名になりました。

日程は毎年9月9日と10日。今年はラッキーなことに金曜と土曜の夜でした。
そこで温泉1泊バスツアーを利用。

片貝まつりとは
三尺玉発祥の地として知られる片貝の花火は、400年に及ぶ歴史があります。
昭和60年には四尺玉の打ち上げにも成功し、ギネスブックに掲載されるなど、
名実ともに世界一の打ち上げ花火として知られています。
片貝まつりは浅原神社の秋の例大祭で、花火はこの浅原神社への奉納を意味します。

なお、詳細についてはこちらのHP(個人で運営)がたいへん参考になります。
 → http://www3.ocn.ne.jp/~tadachi/


バスの中で片貝まつりの説明を受ける
このような冊子を作成して売っているのだそうな


こちらの花火は神社奉納の花火。
我々団体ツアーも一人500円出し合って、花火を奉納。
このように1つの花火に誰が奉納したのかなどを載せています。


途中で立ち寄ったお土産屋さんで鶴齢のカップ酒を見つけました
思わず購入。


バスの駐車場は越後製菓の工場でした。越後製菓さんの出店が出てて
きな粉味のおせんべいを購入。ふんわりした口どけの美味しいお菓子でした!


花火の筒のモニュメント 郵便局近くにあります。
四尺玉、三尺三寸玉、三尺玉、二尺玉、尺玉、七寸、五寸、四寸、三寸の各花火の筒
人がいると大きさがわかるね!


浅原神社入り口 すごい人です。


会場

有料の桟敷席。今回はこちらで。一枡8人で使用
この写真では2枡半写っています。


めちゃめちゃ狭いです!


子供神輿。威勢がいいです〜


花火が始まりました。でも私はトイレ待ち。
トイレはたくさん設置されていますが、女性は一度並んだら1時間かかります。


うーん、花火の写真は難しい。。。

というわけで、三尺玉・四尺玉の写真なしです。
四尺玉は毎年、9月9日・10日の午後10時に打ち上げられます。
打ち上げ前にはサイレンを鳴らし、告知します。
四尺玉はぶっ飛ぶくらいにズシっと体に響きます。
これは体験しないとわからないな〜。

奉納花火ですので、一発ごとにアナウンスが入ります。
都心の花火ではアナウンスがあっても企業の協賛という感じで、
(申し訳ないですが)聞こうともしませんが、こちらの花火は
子供の誕生、成人・還暦・米寿等の祝い、物故者追善供養、健康祈願など、
それぞれの想いがこもっています。
都心の花火とは違い、連発が少ないですが、これはこれでとてもいい花火です。
開催時間は19時から3時間にも及びます。
アナウンスの方、お疲れ様でした!

この日の宿は越後湯沢のホテルでした。夜2時に到着。
花火は22時15分ごろ終了でしたが、交通渋滞で2時間はその場に足止め。
ホテルは温泉つきでしたが、紹介するような宿でも・・と思いましたので省略。

次は1泊バスツアーですので、立ち寄った酒蔵と奥只見湖遊覧船。

0
タグ: 新潟 花火

2011/9/23

長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ G鏡池と蕎麦屋「山笑」  ♨長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ

戸隠神社の近くにある鏡池にある「どんぐりハウス」でランチしようと
立ち寄りましたが、ものすごい待ち状態で、急遽、蕎麦屋「山笑」へ向かいました。
どんぐりハウスは蕎麦粉を使った「ガレット」の店です。

@鏡池

どんぐりハウス http://www.kagamiike.jp/index.htm
住所:長野市戸隠 2039-10
TEL:026-254-3719
営業時間 9:00〜17:30(季節により時間変更する場合も)
定休日:毎月第三水曜


鏡池 ハイキングに最適!


案内図


熊笹の湯 とても気になりましたが購入はしませんでした

A手打ちそば「山笑」

戸隠蕎麦 山笑(やましょう) http://www.soba-yamasho.com/



住所:長野県長野市戸隠2704
TEL:026-254-3538
営業時間:11:00〜15:00
定休日:毎週水曜日


夏の新そば! そんなのあるんですね〜
緑がかった色をしています





今回いただたいのは

二種合わせざる 1150円 最初は粗碾き十割

次に細碾き十割

山笑は、戸隠唯一の十割そば専門の手打ちそば屋さんです。
戸隠そばは基本、二八そばなんだそうです。

1時間位並んだかなあ。最後のお客さんになりました。

この日は切れ気味ではありましたが、とても美味しかったです。
美味しいお蕎麦を食べると長野に来た!って感じがしますね〜。


通信販売もしています。日経プラス1でも3位にランクされていました



山笑




関連ランキング:そば(蕎麦) | 長野市その他



これにて長野の旅、終了〜
0
タグ: 長野 温泉 古民家

2011/9/22

長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ Fパワースポット 戸隠神社  ♨長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ

長野の旅。いつかは行きたいと思っていた戸隠神社へ。

ここが特別な理由を簡単に言うと、古事記にある「天の岩戸」伝説

「昔、天照大神が、弟の素戔鳴尊の乱暴を怒って天の岩屋へお入りになってしまわれました。世の中は真っ暗闇になり、いろいろの悪い神々が出てきて、恐ろしいことや、悲しいことが次々におこりました・・・」というお話ですね。

その扉である岩を下界に放り投げて落下した地点が日本の真ん中、戸隠山
この天岩戸神事に関わった神々をお祀りしている神社なのです。
そして、その石の扉を開き放り投げた「天手力雄命(あめのたちからおのみこと)」
もお祀りしています。

天の岩戸については以前、宮崎県の天岩戸神社にも行きました
 http://red.ap.teacup.com/tabizuki05-08/197.html

戸隠神社 http://www.togakushi-jinja.jp/

戸隠神社とは:公式HPより
霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。

今回は奥社と九頭竜神社を参拝。この2つは同じ場所にあります。
参道は2キロあり、車では入れませんので、徒歩となります。
公式HPには
【参道入り口〜随神門(ほぼ中間点)】緩やかな上り坂(ほぼ平坦)。約15分。
【随神門〜奥社】杉並木を抜けるとだんだん勾配がきつくなる。
最後は自然石混じりの石段を登るような感じ。約20分〜25分。
と書いてありますが、その通りです。


ここが参道入り口
ヒールは避けましょう。トイレは真ん中地点1箇所しかありません。


大鳥居


最初はゆるやか 楽勝楽勝なんて思っていたら、、、


隋神門。かなり歩いたと思ったのだけど、まだ中間地点。
ここにトイレがあります。


隋神門 


門を越えると杉並木 立派です 


やっと見えてきました。かなりハードな上り坂。息荒くなりました
人のペースにあわせてるとすごく疲れます。


清めの水


手前に九頭竜神社
古来より水の神、雨乞いの神、虫歯の神として尊信されてきた戸隠最古の神社


ちょっと上って 奥社 


奥社


全体の案内図


帰りの下り 足ガクガク


入り口に戻ると「くまざさアイス」が待っていました。
実は、帰りの途中から アイス!アイス!と頭の中で唱えながら歩きました
休憩できるようになっていますからご褒美にどうぞ。

次はランチのお蕎麦屋さん。
0
タグ: 長野 温泉 古民家

2011/9/19

長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ E古民家民宿のらのら  ♨長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ

だいぶ脱線しましたが、長野の旅に戻ります。
復習しますと、そば処よこ亭でランチ → サンクゼールワイナリー見学 → 小布施の地酒「松葉屋本店」見学 → 高山温泉郷山田温泉の大湯 と紹介しました。

この続きはこの日の宿について。

だんなの日本酒仲間が経営している古民家民宿 Private Norah (野良 )Resort のらのら

まだ本格的には営業していませんので、ご興味のある方は
たまみんさんのブログ http://ameblo.jp/minnanoaroma/
でご相談ください。


青い建物が古民家


これがその建物 写真はありませんが、玄関は土間になってて広い


ここはロビーに当たるかな? 掘りごたつになってます
食事テーブルの部屋は別にありますが、ここで食事も団欒ぽくていいですよ〜
奥に部屋がたくさん!とにかく広い〜


豪雪地帯なのでストーブがあります


泊まったお部屋 ベッドルーム
建物のほとんどをリニューアルしています


泊まったお部屋には階段が。上ると・・・


屋根裏部屋になってます


廊下の先には・・・


洗面所 もちろん新しいキラキラ


お庭も広い・・・


さらに この写真全体がこの宿の敷地です!
お米とりんごと梨と蕎麦を作ってます!


訪れたのは8月末でしたので、まだ金色にはなってなかったな〜
いやいや立派な農家さんです。


出していただいた朝食。美味しいです♪
夕食も朝食もいただきましたが、団欒重視で夕食の写真は採りませんでした。
スミマセン。


信州の伝統野菜 ぼたんこしょう
ピーマンのようですが、もうちょっとぷっくりしてて、辛〜い野菜
焼いて食べたり、味噌いためにしたり。たくさんいただいて帰りました。
いやいや本当に辛いです。特に種の部分(中身もピーマンのようです)が、激辛!


食用ほおずき ミニトマトみたいに甘酸っぱい感じ

場所は長野県飯綱町。最寄駅はJR信越本線の牟礼(むれ)駅だと思います。
駅からは徒歩で行ける範囲にはありませんので、おそらくタクシーか送迎でしょう。

とても大きな農家さんのおうちを改装して民宿形態にしています。

そろそろ農家民宿の申請許可が下りたころかしら?

これから宿代、食事のこととかいろいろ決まっていくのだと思います。

町内に温泉施設が2箇所あります。
大きいのは日帰り温泉施設の天狗の館。

天狗の館 http://www.organic-resort.co.jp/tengu/index.php

飯綱高原スキー場も近くにあって
本当にいいところですよ〜

食事を一緒に作るプランや、農業体験できるプランなど
いろいろ楽しめる素敵な宿になりそうですから、期待しています

たまみんさん、お世話になりました。また伺います。頑張ってくださいね〜

まだまだ長野の旅続きます。次は戸隠神社。
0
タグ: 長野 温泉 古民家

2011/9/7

長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ D高山温泉郷山田温泉の大湯  ♨長野県飯綱町の古民家民宿のらのらへ

小布施の後は、温泉!
車で結構距離がありましたが、高山温泉郷山田温泉の大湯へ。

高山温泉郷山田温泉の大湯 http://www.vill.takayama.nagano.jp/life/institution/yamada.html

住所:長野県上高井郡高山村山田3580
電話:026-242-2314
営業時間:6:00〜21:00
定休日:毎月第3水曜日
入浴料:大人300円、小・中学生150円/足湯無料


黒い木造



 足湯


「信州高山アンチエイジングの里 スパ・ワインセンター」 愛称"スパイン

 ここも足湯

山間の小さな温泉街にある共同浴場の大湯。

温度が熱くて、ぬるめの方にばかり浸かっておりました。

写真はないが、面白かったのは、
洗い場の蛇口がなくて、かけ流しの温泉に木の栓がしてあって、
その栓を手前に引くとお湯が流れてくるという仕掛けがあった。
豊富な湯量だからできるのかもしれないなあ。

実にいいお湯。満足♪満足♪
0
タグ: 長野 温泉 古民家



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ