無謀な自己流ケア  

ニキビ痕
膿疱や膿腫の段階での無謀な自己流ケアは、皮膚の陥没やひきつれによって表面にでこぼこができるあばたや、メラニン色素の生成が促進されて起こる色素沈着などを残してしまうことにもなりかねません。
できてしまったあばたや色素沈着を修復するのは大変難しいことです。
できるだけ早い段階で治すことで、こうしたリスクを回避しましょう。
大人のニキビケアに自己流は禁物
青春のシンボルといわれるニキビ。
しかし、そのニキビが大人になって発症し、なおかつ治りにくいという女性が現実に大変増えているのです。
20代以上のニキビに悩む女性たちを対象にしたアンケートでも、半数近くの人が思春期にはニキビがなかったと回答しており、またそれ以外の人の多くも、思春期にニキビはあったものの一旦は治まり、20歳を過ぎてから再びひどくなってきたと答えています。
大人のニキビは、アメリカの著名な皮膚科医による「女性における思春期後ニキビ」という文献で、その概念が発表されています。
その特徴は、20代から30代のキャリアウーマンに多く、思春期にはニキビを認めず、思春期後に発症し、白ニキビが主体で、生理前に悪化するというもの。
化粧品によってできるニキビとは区別され、原因として血中アンドロゲンが高いことが示唆されています。
仕事や仕事と家庭の両立に頑張る女性のストレスが原因ではないかと推察されています。

ビーグレン 大人ニキビ
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ