少年野球で、投球のコントロール・速球を教える正しい方法  ピッチング上達 DVD


クリックすると元のサイズで表示します
 
 
詳細はこちら
 
 
 
あなたのお子様の体に負担をかけずに・・・
 
 
あなたのお子様の「投球フォーム」、「コントロール」、「投球速度」を
体に無理な負担をかけずに、今よりも良くする事

それが少年野球の指導法・練習法として、何より大切です。


元プロ野球選手として活躍した川口和久選手が
子供のための投球上達法として、
コントロールを身につけ、速球が投げられるようになる方法を教えてくれます。


川口和久選手の投球上達法DVDはこちら



クリックすると元のサイズで表示します


川口和久

プロフィール
18年間、広島カープと読売ジャイアンツでプロ選手として活躍。球威のある速球、そして落差の大きいカーブで奪三振の山を築く。(最多奪三振のタイトルを計3回獲得。)広島カープ時代は、「巨人キラー」として活躍。ジャイアンツとの公式戦で、30勝以上している投手の中で、勝ち越し実績を持つ数少ない投手(星野仙一、平松政次、川口和久)の中の1人。1980年代は、北別府学、大野豊らと共に広島『投手王国』の一翼を担い、1984年の広島カープ日本一に大きく貢献する。引退後は、テレビ(TBS、CSなど)やラジオで野球解説者やタレントとして活躍。また、後進の育成にも情熱を燃やし、現在では、元プロ野球選手10名が運営する、「MAXベールボールスクール」にて、ピッチングコーチとして少年投手の指導を担当。

経歴
1980年 ドラフト1位で広島東洋カープへ指名され、プロ入り。
1987年、1989年、1991年 最多奪三振のタイトルを計3度獲得
1995年 広島球団史上初となるFA権を行使し、読売ジャイアンツへ移籍。
1996年 最終の公式戦で最終打者から三振を奪い、セ・リーグ優勝の胴上げ投手となる。
1998年 現役を引退。(プロ選手生活18年)
 
 
 
相手は子供です・・・
 
 
難しい言葉を使って指導しても、中々理解してくれません。

また、子供は、大人のように体が出来上がっていないので、
プロのようなフォームを教える訳にも行きません。


子供がプロの動きを真似すると、余計にフォームが悪化するだけではなく、
ムリな動きが、ケガや故障などの事故を引き起こしてしまうケースは多々あります。


ケガをさせずに、しっかりと上達させてあげたい。
それが川口和久さんの想い



クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


多くのお子様がめきめき上達しています。


子供たちの体験談はこちら
 
 
 

0




AutoPage最新お知らせ