14日間糖質制限プログラム
今なら、こちらからお申込みされた方には、めちゃ盛り特典をプレゼント



  | 投稿者: 14日間糖質制限プログラム

先生の話は本編で詳しく説明させていただきますが糖質制限をやる上で気を付けなければならないことが上記のウィルスに加えてもう1点あります。

糖質制限を行う上で絶対注意すべきこと
1.糖質制限をやる際には気を付けなければならない●●●の不足がありこれを補っていくことで健康を保つことができる。

2.糖質制限を行う際に薬やインスリン注射を併用すると低血糖を起こす危険があるため、必ず電話やメールサポートを利用しながら行って欲しい。

勘の良い方はもうお気づきだと思いますが、私たちは当サイトを通じて14日糖質制限プログラムという糖尿病の治療プログラムを販売しております。

当サイトは1人でも多くの方に広めるため広告費をかけさせていただいている関係上、どうしても無償で全てを提供するわけにはいきません。

それでもあなたやあなたの大切な方にとって糖尿病を治していただくために必要以上の金額を取ることはしておりません。説明にもう10分ほどいただきますのでよろしければこのまま読み進めください。

糖尿病を治す大きな流れとしては



の3ステップを実践していただきます。
申し訳ありません、とても大事な部分なのですが一部伏字とさせていただきました。

この3ステップを通して最終的には薬・インスリンを使わず空腹時血糖値を120以下まで下げます。
インスリンを作るβ細胞を健常者と同じ状態まで回復させることで血糖値・HbA1cの正常化を図ります。ただβ細胞は健常人の8割~9割程度までしか回復しないことが多いようです。このため、最終的に一般の人の食事より2割程度は糖質をカットした食事を続けることをオススメさせていただいています。


まず糖質と血糖値の重要な関係を知っていただく必要があります。

この関係が、糖尿病を治す上で実は最も大切だといっても過言ではありません。

糖質制限が広まってきたとはいってもこんな当たり前のデータも多くの医師は知らないのですが・・・。

糖質1gにつき血糖値は3〜5あがる
これは、科学的なデータに基づいて実証されている糖尿病の人の血糖値の上昇値です。
(※インスリン分泌能力や体重などによる個人差はありますが2型糖尿病と診断されていればほぼこの数値です)

さて、一般に指導されるカロリー制限食と私たちが推奨する糖質制限食、そして現代食の違いを比べてみたいと思います。

カロリー制限食(314キロカロリー・糖質55g)



糖質は 55gなので、血糖値は 55*3で約 165上昇します。

糖質制限食(586キロカロリー・糖質15g)



糖質は 15gなので、血糖値は 15*3で約 45上昇します。

現代食(870キロカロリー・糖質110g)



糖質は110gなので、血糖値はなんと110*3で300以上も上昇することになります。
※ここでは麺類をとりあげましたが、一般的な現代食の糖質は90g以上です。

さて・・・どれがすい蔵に負担をかけるのか・・・?一目瞭然ですよね。
現代食は当然として、カロリー制限食でも150以上血糖値が上昇しています。
これを見ればなぜ現代人に糖尿病がすごい勢いで増えているのか。なぜカロリー制限ではダメだと言い続けているのか。お分かりいただけるのではないかと思います。

このような高糖質食(カロリー制限食含む)を1日3食(+間食、夜食)も取り続ければ当然インスリンを作るβ細胞は四六時中働くことになり、β細胞の疲弊・死滅につながってしまうわけです。

糖質を摂取すると、血糖値が上昇します。そのため人の身体は糖質を分解・処理し、血糖値を正常に戻すために膵(すい)臓のβ細胞からインスリンを分泌します。
このインスリンが糖分を分解する働きをするのですが、現代のような高糖質食を摂っていると、多くのインスリンを分泌する必要が出てβ細胞に大きな負担を与えます。
この膵臓に大きな負担をかけ続けた結果起こるのが糖尿病なのです。

現代食の栄養バランスは炭水化物:たんぱく質:脂質を6:2:2で取るのが良いとされる非常に困った指針が出ていますので、意識しなければ絶対に糖質量を減らすことは出来ないでしょう。

それでも厳しいカロリー制限を行えば、必然的に炭水化物の摂取がかなり抑えられることになり、結果治る人もいたというのが私のカロリー制限に対する見解です。
繰り返しになりますが、血糖値を上げすぎず体の負担、β細胞への負担を減らすことが糖尿病完治への大きな一歩となるわけです。



  ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼

14日間糖質制限プログラム【めちゃ盛り特典付】

※こちらから「14日間糖質制限プログラム」を、お申込みされた方にはめちゃ盛り特典を無料プレゼント!
詳しくは、14日間糖質制限プログラムのお申込みページをご覧下さい。

0

  | 投稿者: 14日間糖質制限プログラム

2日後に会うことになった佐藤さんが石崎信一氏の人生を変えました
佐藤さんは、会うなり嬉しそうに糖尿病は治る!ときっぱり断言してしまいました。

怪しいとは思いましたが、心のどこかでこういう話を待っていた石崎信一氏がいました。

佐藤さんは昔、足に妙な痺れがあり病院で検査した際に糖尿病であると発覚したそうです。足の痺れは糖尿病の代表的な症状でもある神経障害。

糖尿病発覚時の空腹時血糖値は314。HbA1cは9.1とかなり重度の状態だったそうです。

医師から指導されたカロリー制限と運動療法を佐藤さんは忠実に実行し
空腹時血糖値が200〜250、HbA1cも8ぐらいで落ち着いてきたそうです。
あまり良くなっているとは言えない気もしますが、当時佐藤さんは
「まあ悪化しなければいいかって感じだったんだ。糖尿病は治らないってのは聞いていたし、とりあえず医師の言うとおりにしていれば悪化しないんだからいいかなって。それに薬を飲んだら足の痺れもほとんどなくなったんで余計に安心しちゃったのかな。」

と医師の言いつけを守り、足の神経障害もなくなったことで安心していたそうです。
しかしある日、足の痺れが突然再発
「やっぱり人間、何もないといつのまにか運動なんてしなくなる。安心しちゃってたんだよね。あの時は本当に焦った。おさまったと思っていた足の痺れが再発して、痛み方から明らかに悪化してるって解った。医師からカロリー制限をもっと厳しくするか、薬の量を増やすと言われて目の前が真っ暗になったよ。」

「このままじゃまずい、と思ってまず血糖自己測定器を買ったんだ。」

「で、食後血糖値を今思えば初めて測ったんだけどね、血糖値が500を超えてたんだ。妻と一緒に卒倒しそうになった。数字のインパクトってすごい・・・。このまま糖尿病が悪化して死ぬんだって本気で思った。」

もう「自分で何とかしなければ」ってなったね。医者は頼れそうにないし、かといって放置も出来ないんだから。

血糖値が高いのは血中に糖質が大量に余っているから⇒
余らないようにするには⇒糖質の摂取量を減らしてみよう

なんと佐藤さんは自力で糖質制限に辿りついたといいます。

「それぐらいしか出来ることが思いつかなかったんだ。今考えても素人考えなんだけど、とにかく栄養成分を調べて糖質となりそうなものを食卓から排除してみた。」

500を超えていた食後血糖値(1時間)が翌日の食後に測るとなんと264に・・・!たった1日で食後血糖値は500から264まで下がったのです。

「あの時の感動は忘れられないよ。だって500とかいってた血糖値が264だよ。今でもこの数字は覚えてる。」

この糖質制限食を続けた佐藤さんは1か月後の検査で空腹時血糖値118、さらにその1月後の検査で空腹時血糖値95、HbA1c5.6という健康体を取り戻したそうです。

「でもね、ここからが本当の苦難の始まりだったんだよ。」

「えっなんでですか?」

思わず聞き返した僕の声が大きかったのか周りの人がこちらを見て恥ずかしかった記憶があります。

血糖値だけでなく、高脂血症や高血圧も改善されてた。

医師も 「凄いですね、よほど努力されたんでしょう。」とそりゃ驚いてた。

でもね。
そこで糖質制限の話をした途端に、医師は
「それはダメです。今すぐやめたほうがいい」って怒りだしたんだ。
今すぐ止めるようにって強く言われたよ。
「脳は糖質がないと働かない」
「糖質は人間の主要エネルギーで摂取しないと生きていけない」
「糖尿病は病気で、素人考えの改善法をやるのは危険」
あまり医師を信用しなくなってたんだけどね、脳は糖質がないと働かないって話は聞いたことがあったし、医療のプロフェッショナルがここまで強く言うんだから本当に危険なのだろうと思ったよ、そう糖質制限はやめたんだ。

※2013年現在、このような指摘をされる可能性はかなり低くなっています。
「ただ・・・もうそれからは怖くて血糖値を測定できなくなった。」
「元の食事(カロリー制限食)に戻したら血糖値が跳ね上がるのはわかってたよ・・。それに加えて糖尿病が悪化していくのは測らなくてもわかった。なにせ身体がものすごくだるくなったしね・・・。」

「でもその後すぐに妻との出会いと同じぐらいの素晴らしい出会いが待ってたんだ。」
と佐藤さんは冗談まじりに、しかし本当に嬉しそうに話始めました。
「休日に書店で糖質制限って書かれた本を発見したんだよ。」
そこには佐藤さんの考えた糖質制限を裏付ける根拠と糖質を取らなくても大丈夫だという確かな説明が医師によって書かれていたそうです。

「その日からすぐに糖質制限を再開したよ。すぐに薬も必要なくなった。」

「今考えればカロリー制限をするときに、おかずだけを2品ほど減らしてカロリー制限をしてたのもよくなかった。別に糖質を制限してたわけじゃない。それでたぶん食後血糖値が500を超えてしまったんだろうね。」

でも、佐藤さんの災難はまだ続きました
「糖質制限を始めて2か月目ぐらいだったかな、突然ウィルスに感染したんだ。病院にいったら抵抗力が弱くなるとかかりやすいですって言われて、その時は処方された薬を飲んですぐ治ったから気にしなかった。」

「でも、その3か月後ぐらいに今度は下痢になって病院に行くとまたウィルスのせいだって言われた。さすがに2度目ともなると無視できなくてイヤな予感がした。まさか糖質制限のせいなんじゃ・・・。同じ病院だったから先生に相談してみたんだ。そこで最近の生活の変化を聞かれて糖質制限のことを話したのが石崎さんを紹介してくれた●●先生なんだ。」

「●●先生は珍しく糖質制限のことを知っていた。実際にやっている患者に会うのは初めてだと言っていて、肯定も否定もしなかった。でも僕が謎のウィルスにかかった時、糖質制限を否定しなかった責任を感じたのか詳しく調べてみますといって一週間後にまた来てほしいって言われたんだ。」

「一週間後に行くと、先生はすごく嬉しそうな顔で出迎えてくれたよ。これは良い知らせがあるなって顔を見ただけでわかったね。」

「佐藤さんのウィルスは・・・」

先生の手助けにより佐藤さんが謎のウィルスによって変な病気にかかることはなくなったことで、佐藤さんの糖質制限食による糖尿病完治のノウハウが一通り完成した。



  ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼

14日間糖質制限プログラム【めちゃ盛り特典付】

※こちらから「14日間糖質制限プログラム」を、お申込みされた方にはめちゃ盛り特典を無料プレゼント!
詳しくは、14日間糖質制限プログラムのお申込みページをご覧下さい。

0

  | 投稿者: 14日間糖質制限プログラム

おばあちゃんが糖尿病になった・・・。
劇的なニュースが石崎信一氏の耳に飛び込んできたのは今からおよそ10年前。

両親が共働きで祖母に育てられてきた石崎信一氏はおばあちゃんが糖尿病になったという知らせを母から知り軽いショックを受けました。

「糖尿病ってどういう病気だっけ・・・?」

母に問いただしても奥歯に物がはさまったような返答しか返ってこず、石崎信一氏はその週末久しぶりに祖母を訪ねました。

かなりの心配をしてかけつけた石崎信一氏を待っていたのは思った以上に元気な、そしてなつかしいおばあちゃんの顔でした。

その顔を見て安心したのでしょう。当時は糖尿病なんて大したことはないと思っていたのですが・・・
それから2年後、仕事中に母から1件のメールがありました
「信一、仕事中ごめんね。おばあちゃんが突然倒れて危険みたいなの、仕事終わったらすぐ高●医院までこれない?」

メールを見た瞬間から仕事が全く手に付かなくなり、5分後には上司に許可を取り、石崎信一氏は会社を出ていました。

病院に着くと母が真剣な顔をして、「おばあちゃん、お医者さんが心筋梗塞かもしれないって・・・手術しないと危険な状態みたいなんだけど、手術したほうがいいのかどうか石崎信一氏も分からないの、どうしよう・・・」

こんなときばかり、悪い予感は外れてくれという石崎信一氏の期待はいつも裏切られます。おばあちゃんは糖尿病の悪化による心筋梗塞(心臓付近の血管が詰まる命の危険が高い症状)でした。

なんとか一命はとりとめましたが・・・
手術が終わり、なんとか一命をとりとめたおばあちゃんは以前のような元気はどこかに消え、今まで見たこともないような痩せた顔つきをしていました。

そして医者からは今回はなんとか持ちこたえたのですが、今度合併症が発症すればもう手術には頼れないということ、後遺症で苦しむことが多くなるだろうということなど、絶望ともいえる内容を聞きました。

石崎信一氏は思わず、「合併症はどうすれば起きないんでしょうか?」と聞かざるをえませんでした。

医者は少し考えた後、「まずは血糖値の値が高いので糖尿病をなんとかしないといけませんね。血がドロドロの状態なんです。本人がなんといってもしっかり食事制限をさせてください。」「あとは後遺症にも十分注意してください。しないとは思いますが心臓に負担をかけるような激しい運動は厳禁です。今後不整脈が起きる可能性がかなり高いです。こればかりは残念ながら防ぎようがないですが、今は薬を飲むことでかなり症状を抑えられます。」

最初に糖尿病だと聞いたとき、真剣に調べておけば・・・

何度この思いが胸をよぎったか分かりません。石崎信一氏は合併症が発症しないよう糖尿病を治す方法を調べることにしました。

この2か月後、今度は石崎信一氏自身が会社の健康診断で糖尿病だと診断され、びっくりしました。ますます糖尿病を治す方法を見つけるしかなくなったわけです。

しかし、どの医師に聞いてもカロリー制限しかないといいます。おばあちゃんが最初に糖尿病になった時、カロリー制限をしたが3日と持たずに諦めたという話は聞きました。石崎信一氏自身、カロリー制限は味気なく、とてもではないですが毎日食べたい食事ではありませんでした。

特に毎朝血糖値を測っていて日によって下がったり上がったりするので我慢して食事制限をする気がなくなるんですよね・・・。

実際にカロリー制限をしても血糖値が安定しないなら糖尿病は治らないんじゃないか?と医者に聞いてみても「それでダメなら薬で下げるしかないですねぇ」という返答。

これには正直あきれて聞き返す気にもなりませんでした。なぜなら糖尿病の薬は血糖値を下げる効果はあっても糖尿病そのものを治すという意味では全く役に立たないものだからなのです。

石崎信一氏自身の糖尿病だけなら恐らくもう諦めていたと思いますがおばあちゃんと自分、二人分の治療法を探していた石崎信一氏はそれでも諦めず、糖尿の専門医がいるという病院を訪ねてまわっていました。5つ目ぐらいだったでしょうか。ある病院を訪ねた際に糖尿病を治す方法を聞いていた石崎信一氏に、先生が少し改まった顔をして話しかけてきました。

「これは医者としてではなく個人的な話になるんですが、石崎信一氏の知り合いに糖尿病の患者さんを探している珍しい方がいまして。もしよかったらその方の治療法を試してみますか?」

石崎信一氏としては騙されたと思って何でも試す気でしたのでもちろんぜひお願いしますと即答しました。



  ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼

14日間糖質制限プログラム【めちゃ盛り特典付】

※こちらから「14日間糖質制限プログラム」を、お申込みされた方にはめちゃ盛り特典を無料プレゼント!
詳しくは、14日間糖質制限プログラムのお申込みページをご覧下さい。

0

  | 投稿者: 14日間糖質制限プログラム

1994年まで、日本もアメリカも糖尿対策はほぼ同じでした。これは日本が20年以上前にアメリカの糖尿病対策であったカロリー制限食をそのまま使い始めたためです。しかし1994年、アメリカの糖尿ガイドラインは大きく変わりました。

そのガイドラインには血糖値の上昇に糖質が大きく関わっていることが記されており、同時にカロリー制限が糖尿病にとって最も大切であるという記述が削除されていました。

現在では、アメリカをはじめ世界各国の糖尿治療は糖質制限食(カーボカウント)によって糖質(炭水化物)の摂取を出来るだけ控えようという動きが中心になっています。

日本では遅れること18年。2012年5月に日本糖尿病学会がようやく糖質制限を治療法として認めました。


<記事抜粋>糖尿患者向けに、食事の糖分量を抑えた「糖質制限食」が注目されている。日本糖尿病学会も5月、糖質制限食を治療法の1つとして初めて認めた。
石崎信一氏たちは2007年より糖尿病で苦しむ人に正しい治療法があることを広める活動を続けており、既にこのサイトから6200人以上の方を糖尿病の悩みから救ってきました。

もちろん予備軍を入れれば約2000万人とも言われる糖尿人口から考えれば決して多いとは言えない人数ではありますが、糖尿の専門医より多くの糖尿患者を治しながら「一人でも多くの方に糖尿病の正しい治療法を伝えたい」そう思って糖質制限を伝えてまいりました。そのかいあってか、購入者様からの口コミでご購入されています。

初めてこの療法を聞く方は信じられない思いで読んでおられると思います。あるいは、糖質制限のことを一度はテレビなどでご覧になったことがあるかもしれません。

2012年の年末に現役の医学部生からこのような話を聞くことが出来ました。

「あ、糖質制限って授業でやりましたよ。5月か6月に日本糖尿病学会が発表した
やつですよね。うちでもそれを受けて特別授業があったんですよ。」

「糖尿患者が爆発的に増えてるっていう話と、糖質制限が新しい治療法として注目されてきているっていう話でしたね。」

これを聞いて石崎信一氏はついにこの糖質制限が日本の糖尿治療のスタンダードになる時代が
もうすぐ来ると実感することが出来ました。

実際、メールサポートでも5年前は95%以上の医師が糖質制限には絶対反対の立場をとっていましたが、 2012年5月以降、約半数の医師が肯定的な意見で支えてくれるという状況です。

当サイトには全ての糖尿病の方にとって非常に有益で新しい情報を記しています。きっとあなたやあなたの大切な人のためになりますので時間の許す限り読んでいただければと思います。


  ▼     ▼     ▼     ▼     ▼     ▼

14日間糖質制限プログラム【めちゃ盛り特典付】

※こちらから「14日間糖質制限プログラム」を、お申込みされた方にはめちゃ盛り特典を無料プレゼント!
詳しくは、14日間糖質制限プログラムのお申込みページをご覧下さい。

0




AutoPage最新お知らせ