2015/11/29

ON THE ROAD 2015  浜田省吾

気づけば、半年ぶりのご無沙汰です汗
みなさん、お元気ですか?^v^

この半年、「これ」といって大きな変化もなく・・・
いや、事故以来、人生観というか心境の変化のほうはかなり大きいのですが・・・

日々、仕事に、子供たちに、たまには自分にも・・・と、それなりに。

ここの更新も、あまりに時間が空きすぎて、すっかり「きっかけ」を失い、今日になってしまいました´_`

ということで、その「きっかけ」となったのは・・・

そうです。タイトル通り "ON THE ROAD 2015"

ピンと来た人は浜省フリークですねGOOD!

クリックすると元のサイズで表示します

11月27日に高松”アルファあなぶきホール”で行われたツアーに行ってきました拍手

浜省の生ライブは、2007年5月の高知県民文化ホール以来、8年半ぶり。

自身5度目のON THE ROADOK

ここ15年位は、数年ごとにDVD等の映像媒体が販売されてきたので、そんなに間隔が空いた気がしないのですが、やっぱり生ライブは最高No.1!

5月に発売されたアルバムの全曲を含め、アンコール込みで全28曲。3時間のステージを堪能してきました。

今回もツアートラックトラックは大型トラック6台。ただ今回のツアーはラッピングトラックが1台だけのようで・・・
ちょっと早めに会場に着いたので、このトラックを探して会場周辺をうろうろ・・・。

すると・・・

ありましたキラキラ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、スマホ・職場PC・自宅PCの壁紙となりました^v^

浜省も来月終わりには63歳。(私も46歳に・・・)
アリーナツアーはこれからもあるのかもしれませんが、2,000人規模のホールツアーとなると前回からも8〜9年振りってことを考えると・・・。

こうなれば、今後はアリーナツアーを追いかけなきゃ・・・ね。
1

2015/6/21

NEW 通勤快速!  ワゴンR

 というわけで、事故以来、毎日ルシーダで通勤していたわけですが・・・

 あと1年足らずで自転車で通える範囲に異動する可能性もあり、もしそうなれば、少々(というかかなり)燃費が悪いルシーダでも中古の軽自動車を1台購入して通勤するよりも安く済むのでは・・・と考え、2週間ほど「どうしようか?」と考えていたのですが・・・

 「やはり、小回りが利く軽自動車が1台欲しい」と思い、探し始めました。

 最初は、また箱バン系を・・・と、10年以上落ちの安いアトレーやバモスを候補にしたのですが、3年後にはツインズ兄が車に乗れる年齢になること、ルシーダも20年選手なので次の車検時(来年秋)には違う車に換える可能性が高いこと(通勤に必要なければ、これが自分の普段車になる可能性が高いこと)等から、ツインズ兄にそのまま譲れることを想定した車を選ぶことにしました。

 そこで候補に挙がったのがワゴンR
 金策にそれほど悩まない金額^v^を自分に設定し、いろんな車屋さんをネットでチェックして、3台に絞り込んだうち、一番年式が新しくて、ディーラーで売ってた車に的を絞り、仕事帰りに実車を見て即決!
タイヤ4本は新品に換えてもらうことを条件にしましたが・・・^▽^

 6月13日に納車になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
H19年式 ワゴンR スティングレーT
走行は46,000km、車検は来年の5月末と1年残ってました。

アトレーがH13年式で私の車の中では一番新しかったのですが、それより6年も新しくなりましたGOOD!
何しろ、GT-RはH2年式で25年選手、ルシーダはH7年式で20年選手ですから・・・'_';

早速、通勤快足仕様に・・・
とはいえ、もともとターボ車ですから、快適空間にするためにオーディオ系のみをDIYです。

クリックすると元のサイズで表示します
もともと純正のCD/MDプレーヤーがついてたのですが、この車はご覧のように、エアコンの操作パネル部も一体となったデザインで、オーディオを交換する際には、エアコン操作部も含めたこのパネル部を一体で交換する必要があります。

もちろん、アトレーで使ってたナビを使うので、まずはこのパネルとブラケット、それに配線キットを購入です。

特にパネルとブラケットは、スズキの純正品を・・・と考えたのですが、ネットを探していると、社外品でこんなセットを見つけ、値段もかなりお得感があったのでポチッ↓と。
クリックすると元のサイズで表示します

次はどうしても換えないと気が済まないスピーカーです^▽^
クリックすると元のサイズで表示します
スズキの純正スピーカーは”純正”の中では結構良い音がすると個人的には思いますが、所詮はこのように”紙(ペーパー)”感満載です。

クリックすると元のサイズで表示します
また、スティングレーは純正からフロントダッシュ部にこのようなツイーターがセットされています。
よって、せっかくツイーター用の穴があるのでコアキシャルではなく、セパレートスピーカーに換えることにしました。

とはいえヘッドユニットが大したことないので、安価なトレードインスピーカーで、かつスピーカーケーブルもそのまま純正を使用することにしました。

リアスピーカーもドアに同じスピーカーがセットされているのですが、今回はフロントだけを交換します。
リアは・・・いつかコアキシャルを入れてもいいかなぁと思っていますし、アトレーで使ってたカロッツェリアのサテライトスピーカ-を使うようにするかもしれません・・・。

で、今回のオーディオ交換関連の購入品一式です。
クリックすると元のサイズで表示します
左奥から、
・ナビおよび地デジ用のアンテナ一式
・スズキ用フェイスパネル
 →スズキ車にDINサイズのオーディオを載せるときは上下に隙間ができるので必需品です
・スズキ車スイッチパネル用 USB延長ケーブル(音楽はUSBがメインなので)
・スピーカー アルパイン STE-G170S

右側に入って上から
・カロッツェリアのインナーバッフルボード
・アルパイン スズキ用ツイーター取付けキット
・デッドニングキット
(エーモン パワフルサウンドキット)

これに、工具として、ラチェットのエクステンションを購入しました。
というのも、純正オーディオが裏の奥の方にボルト留めされてて、これを緩めるのが一苦労で・・・。
近くにASTRO PRODUCTSができたので800円程度で購入しました。

で、ナビを載せるのも2度目なので慣れたものGOOD!
アンテナ貼りを含め、配線、ネットワークの処理、ツイーターのセットまでを一連で作業して約3時間。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
無事、地デジも見れてます。

ドアスピーカーの方は・・・
デッドニングも既に4台目で慣れたとはいえ、いつもながら最初のブチルを処理(除去)するのが面倒です。
でもこれをしないと前に進まないので、ちょっと時間をかけて・・・

インナーバッフルには鬼目ナットを付けてスピーカーはボルトで固定。ここまでで約4時間。
クリックすると元のサイズで表示します
この状態で、ビビリ等の調整を行いますが、上記のパワフルサウンドキットには確認用CDCDがついてて、これが凄く便利。

125Hz、80Hzの信号音が結構長時間収録されており、聴きながらビビリ箇所に制振材を貼ることができます拍手
これにプラスしてドラムソロが約5分とか、ピアノ曲やサックス曲が入っており、デッドニング効果を体感することができました。おススメです案内

で、結果として、
当時5万円弱のフルセグ・オーディオ一体型メモリーナビをヘッドに1万円程度の17cmセパレートスピーカーと6千円弱のデッドニングキット(を約半分使用)という安価な組み合わせにしては、十分満足できる音響空間となりましたOK(リアスピーカーはしばらく要らないなぁ・・・)

というわけで、これからこの車が私の通勤の相棒になるわけですが、アトレー同様に大事に乗っていきたいと思います。

今日はこの辺でバイバイ
2

2015/6/13

アトレー廃車・・・(その2)  アトレーADB

前回の続き・・・


 今回の事故ですが、自分では、単に『ラッキー』とか『運が強い』とかでは片付けられないような気がしています。
 時間、その時のスピード、ハンドルのタイミングや切り方、頭の位置、当たった場所、縁石、対向車・・・
 何か一つでも条件が異なっていたら、本当に数cm違っていたら、確実に「死」あるいは少なくとも「重傷」だったと思います。

 変な話、(神様・ご先祖様に)「お前はまだ死んじゃいけない」と生かしてもらった。もう一度生命をもらったような・・・そんな気がしています。

 もちろん、
 タイヤは命を乗せている 
っていう言葉を身をもって体験しました。

 タイヤをそろそろ換えようかな・・・と思ってる方。
 換えるのは「近いうち」じゃなくて「今日」
もう閉店してる時間にご覧なら「明日」です。


 というわけで、私の命を守ってくれたアトレーに感謝して・・・
 短い間だったけど、本当にありがとう。

(修理できるものならしてあげたかったけど無理でした。正面というか車の前面から当たっていないのでエアバッグが作動しなかったため、ナビ等は無事だったので次の車に乗せ換えます。)

 というわけで、現実問題ですが通勤車にも困るため次の車を急遽探して・・・本日納車になりました。アトレー同様に毎日の相棒として大事に乗りたいと思っていますが、ご紹介は次の機会に・・・。

 これこそ自分の備忘録としてアトレーの画像を数枚掲載しておきます。
 ご覧になる場合は、右の『続き』をクリック↓してどうぞ・・・
続き
0

2015/6/13

アトレー廃車・・・(その1)  アトレーADB

 約1か月ぶりの更新です。

 実は、タイトル通り、通勤車であり、お気に入りだったアトレーが先月下旬、事故で廃車になりましたTдT

 某日の夜夜、バンド練習からの帰り道、某峠道の下り線の緩やかな左カーブで、急にコントロールが効かなくなり、超オーバーステアの、いわゆる”ケツが出る”ような感覚で「あれ?◎o◎と思い逆ハンドルを切ったら、左側のタイヤはキッチリグリップしていたので《ガシャン!》という音とともに助手席側を下にして車が横倒しになった瞬間、フロントガラスが割れて前が見えなくなり・・・。

 そのまま道路上をザーッと滑って対向車線側に・・・。

 この間、体は横倒しのまま、しっかりハンドルは握って、見えないフロントガラスを見つめながら冗談抜きに「死」を覚悟
(対向車線には登坂車線もあったので滑っている時間があまりにも長く感じて、子供(特にツインズ弟)のことや仕事のこと等、いろんなことが頭を巡りました。そして、「俺ってここで死ぬんだ・・・」と)

 すると、今度は《ズガン!!》という音とともに強い衝撃が・・・。

 「うわ!なに?◎o◎と思いながらも、車が元通りに立ち上がって道路を転がっている感じがして、ガラスがなくなった運転席側の窓から外を見ると、確かに車は立ち上がって道路を斜めに横切りながら自分の車線側に戻ってて・・・

 じゃあ今度は「助手席側から外を見よう」と顔を左に向けようとするも、妙に窮屈で・・・
 見ると、左の肩口に車の天井が・・・

 ふと我に返って、「止まらなきゃ!」と思い、ブレーキをかけたら、そこは丁度、自分の車線側の広い路側帯で・・・。

 「多分、生きてるみたい・・・。」
 改めて、自分を確認。
 骨折も含めて大きな怪我もなさそう・・・。パッと見して、右ひじと右ひざを擦りむいて血が出てるけど、他に出血もなし。

 で、大丈夫だった運転席側のドアミラーに後続車が止まってくれるのが見えたので、
「体も大丈夫っぽいから伝えなきゃ!」と思い、車を降りて(奇跡的に運転席ドアだけ普通に開きました。後で確認したら他のドアやリアゲートもすべてダメでした) 普通に歩けることも確認。携帯電話も壊れていないことを確認してると、後続車の運転手さんは、
「えー?あんな事故して怪我がない?うそやろ?救急車呼ぼうか?かなり派手な事故やったで!」・・・と。

どんな状況で、どこに当たって、どうなって車が起きたのかを聴くことさえもせずに、
「いやホントに大丈夫です。携帯も壊れてないし、連絡も取れるので、どうぞ行ってください」
と言ってしまい、後で後悔・・・。

それから友人にキャリアカーのヘルプを要請して、改めて車を確認・・・。
(どうしても車の挙動に納得がいかなかったし・・・)

すると・・・
リアタイヤがパンクというかバースト爆弾してました。そろそろ交換時期かなと思ってたのですが、事故したのは峠道の中間あたり。他にもいくつかのカーブを下ってきてて特におかしくなかったのですから、たまたまこのカーブでバーストしたのが原因だったようです。

 で、2度目の衝撃は・・・
 あくまでも、翌日の昼に現場を歩いてみての推測なのですが・・・
(自分が見えてないので確かなことがわからない・・・

 対向車線側の車道と歩道の境に建ってるガードレール(ガードパイプ)に天井側から当たったようで・・・

 当たる直前(コンマ数秒の世界ですが)歩道と車道の境目の縁石に助手席側のドア(Aピラー部)が乗り上げてくれて車が持ち上がったおかげで、ガードパイプが左の肩口(車のほぼセンター)の位置に当たったらしく、この縁石への乗り上げがなければ、頭を直撃でしたし、それをきっかけに車が立ち上がってくれたようです。
(車の天井はM字状に潰れ、天井の鉄板は引き裂けて内装が外にはみ出していました)
とはいえ、ガードレールは無傷でした。

 そして何より、対向車が居なかったことも自分にとってはありがたい結果でした。
 (夜は結構大型車トラックが通行していて、交通量も比較的多い道路です)

 友人のヘルプを待つ間・・・
 夜の山中の峠道はまだ寒く、遠くに街灯が見えてるだけでだったので、(車内は粉々に割れたガラスが散乱してたのですが)寒いから運転席に座って待とうと思い、再度乗り込もうとしましたが・・・・

 頭の空間が狭くてどうやっても座れませんでした◎o◎
事故直後、車を降りる前には、少し窮屈ながらもちゃんと座れていたのに・・・。


 友人がキャリアカーに車を乗せてる間、あまりにもガラスや車の内部の荷物が道路に散らばっていたので、友人に懐中電灯を借りて散乱物を拾ったのですが、ここで初めて、自分がメガネをかけてないことに気づき(粉々に壊れたメガネを拾いました)、サンバイザーに引っかけてたサングラスもボロボロになって路上に落ちてました。

 拾っている間に、パト中のパトカーが通りかかって「事故ですか?大丈夫?事故処理しましょうか?」と声をかけてくれたので、
「単独事故で、怪我もないし、車両保険もかけてないので結構です。それよりガラスが散乱してるので、竹ほうきなど持ってないですか?」と言うと、
「車も通るから我々で掃きますよ」と掃いてくれたあと、「気を付けて帰ってください」と。


 帰宅後から、背中や腰、肩など、体中が痛くなり、至るところに青あざが出来たりして、やっと今週あたりから全体の痛みはなくなり、今は、ある特定の動きの時だけ背中と腰が痛い位の状態まで回復しました。
(結局、病院にもいかず、毎晩アンメルツを塗りまくってます)

 精神的にも随分落ち着いてきたのでUP!してます・・・。

*次の記事に続きます
0

2015/5/10

久し振りの重積けいれん  ファミリー

今日は、備忘録的に・・・

 先週の6連休が終わり7日(木)朝には、ツインズ弟も寄宿舎で1泊の予定で元気に登校したのですが・・・
 私が19:00過ぎに仕事から帰宅すると、ツインズ弟が家でけいれんの真っ最中・・・。
 (けいれんについては、こちらを参照)

 聞くと、夕方4時半頃に寄宿舎から電話があり「けいれんが多いので迎えに来てほしい」と連絡があったとのこと。
 18:00頃にけいれん止めの坐薬を挿入したとのことで、(普段通りなら)「そろそろ止まるだろう」とこの時は思っていたのですが、それ以降も2〜3分間隔でけいれんがずっと続き・・・

 「久しぶりに強いのが来たなぁ」と思い、(坐薬の間隔が2時間だけど)20:00過ぎに再度、坐薬を挿入。これで、少し落ち着き、けいれん間隔は15分程度に。「このまま治まってくれれば」と思ったものの、今回はそうはいかず、夜中の1時過ぎから再びけいれん間隔は2〜3分に。
 
 さすがに次の坐薬は使いづらく、かといって夜中に病院に連れて行っても、主治医以外の特に当直の医師ではなかなか扱いづらいようで、経験的に電解液の点滴を1時間程度打って帰されることが多く、帰宅後にまたけいれんが始まるというような状態だったので、朝まで様子を見ることに。
(1回1回のけいれんが短く、長時間呼吸が止まるような強直けいれんではなかったのも朝まで様子を見ようと判断した根拠です)

 で、朝になってもけいれんはずっと続いていたので、6時に再度坐薬を挿入し、(私は仕事が休めなかったため)、両親に「病院に電話してから連れて行ってほしい」と頼んで、私は7時前に仕事に向かいました。

 8時過ぎに職場に着き、すぐに仕事をはじめたのですが、9時前になって母からの電話が鳴り、「坐薬の効果なし。本人に力が入らず、重くて2階から降ろすこともできないので、やっぱり帰ってきてほしい」・・・と。

 車で家まで1時間。家から病院まで15分。「「10時半までには病院に行ける」と電話しておいて!」と頼んで、速攻で休暇を取り帰宅・・・。

 身長175cm、体重60kg弱のツインズ弟を肩に担いで階段を下り、車に乗せて病院へ速攻!

 ただ、連休明けで小児科外来が多いこと・・・。(しかも予約じゃないし、主治医じゃないし・・・)
 診察開始まで1時間。診察が終わって点滴および(けいれん止めの)注射までの待ち時間が1時間。その間、ずっと2〜3分おきにけいれんが続き・・・。

 やっと注射および点滴をしたのが昼の12:30。この注射は効き、打った直後まさに秒単位で嘘のようにけいれんが治まり、すぐに入眠。(その間ずっと電解液の点滴です)
 本当に嘘のように目覚めるまでの2時間半(15:00まで)、1度もけいれんもなくずっと眠りっぱなしでした。

ただ、嫌な予感は的中。
というのも、この注射も効果は一時的で、けいれんの勢力が強いときは、目を覚ました直後からけいれんが再発するということを経験的に知ってたので・・・。案の定、今回も目覚めた直後からけいれんを再発・・・。

医者が「どうしますか?入院して様子を見ましょうか?」と。

私は何度かこの経験をしてるので、
「入院したら、どんな処置がありますか?さっきの注射をまた打てますか?電解液じゃない「けいれん止め」の点滴がありますか?結局、坐薬をいれて病室で寝させるだけなら、家に帰りたいです。家から15分で来れますから」

というと、「では、家で様子を見てください。何かあったら夜間外来でもいいので連れてきてください」とのことでしたので、医者に、坐薬の使用方法(間隔)を再度聴き、

(備忘録)
・注射と坐薬は薬剤成分が違うので、帰宅後すぐに坐薬挿入可。
・本来なら坐薬間隔は6時間以上が望ましいが、緊急的に最初は2時間間隔で挿入可。
・よって、16:30、18:30、6時間空けて0:30、2:30と坐薬を使ってまだ止まらなければ、翌朝に病院に連れてくる。


を確認して帰宅。(結局帰宅したのは16:30でした)

もちろん、15:00に目覚めてから「けいれん」は2〜3分間隔でずっと続いています。この時点で、けいれんが始まってから(注射後の2時間半を除き)24時間以上が経過しています。

帰宅後すぐに坐薬を挿入したのですがやはり治まらず、18:30に再度坐薬を挿入。これでもけいれん間隔は開かず、次に坐薬を入れても間隔が開かなければ夜中だけど再度病院に行こうと思い、少々坐薬間隔は短かったのですが23:00に挿入。

すると、0:00頃には、少しずつけいれん間隔が開いてきて、本人もこの短い間隔の間でも(体が)眠ろう眠ろうとするようになってきました。
(けいれんは脳の異常発火(脳内電極のショート)なので、まずは脳を休める(=眠らせる)のが一番なのです。が、なかなか脳内が興奮しっぱなしなので眠ることができません)

どんどんとけいれん間隔が開くようになり、9日(土)の朝に、やっとけいれん自体が治まりました。結局、最初のけいれんから1日半かかりました。

ツインズ弟は、ほぼ丸2日眠れていないので、このあと昨日(9日)は、朝からずっと夕方まで眠りっぱなし。
おかげで、昼夜逆転し、昨夜は一睡もしてくれず、今回のけいれんに付き合った私と母(ツインズのおばあちゃん)もリズムが崩れ気味・・・。

とはいえ、今日もけいれんはなく、なんとか重積けいれんを乗り越えました。

ツインズ弟の重積けいれん(半日以上つづくようなけいれん)は、ちょうど10年前、まだ年長さんだった頃に3日間続いたこと。
7年前に、ほぼ半日続いたこと。に続いて、3回目。

特に10年前の時は、けいれんが治まった翌日から、全く言葉がしゃべれなくなり、かんたんな指示・応答などのコミュニケーションも難しくなり、記憶もかなり失ってしまうほどのダメージ(軽度の知的障害から最重度に判定替えされるほどで、3日間で別人のように変わってしまいました)を受けました。
(けいれん中は呼吸も止まることが多く、けいれんが長くなったり頻発すると、それだけ脳への酸素供給ができずダメージが大きいのです)

よって、今回もダメージが心配でしたが、今のところ、身体機能やコミュニケーションに大きなダメージはないようです。
(まだ、食欲が戻っていないのがちょっと心配ですけど・・・)

というわけで、今日の投稿は備忘録です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ