2008/8/23

映画『スカイクロラ』  映画・ビデオ・DVD編

いやー、久しぶりに映画館へ行ってきました。

もはや、”NGセリフ”になってそうなことを言いますと、


「やっぱり映画館の大画面で観るとイイね!」


・・・。

陳腐なコメントですいません。


とにかく、たまたま原作を読んでた、
しかも押井守作品ということでどんなものになるか興味がありました。

原作は「すべてがFになる」の森博嗣。
この人は理系なのかな。感情の起伏がない人物を登場させることが多い。


意外と原作に忠実だなと。
キルドレといわれる、遺伝子の操作によって生まれた、
戦死以外で死ぬことはない、不老不死のからだを持つ子供たち。
そいつらが感じる無力感との葛藤の日々の物語。

まあそういうことで、戦闘機でのはげしい空中戦はあるものの、
なんかのっぺりした時間が続いて、観てたオレは眠気に襲われました。

いいとこはもちろんあるけど、もうちょっと楽しく観たかったな。


さて、近いうちにまた映画観に行きますか!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ