ローン審査  

メイン銀行だとすれば考えられることは、不渡りにはならないものの、決済時に何度か危ない状況になっている、と言うことも考えられます。
メイン銀行以外の各金融機関へは、第1回不渡りから通達されます。
でも、「危ない状況を繰り返している」ことはメイン銀行以外はあまりわかりません。
それで銀行側が貸し渋りをしていることも考えられます。

メイン銀行以外ではすぐ上の方がおっしゃっているとおりだと思います。

銀行に理由を聞いても守秘義務から教えてくれないでしょうけれど、個人でできることもあります。
各県の建築指導課で業者名簿が閲覧できます。
その会社の資本金や役員略歴、決算報告書などが提出されていて、誰でも閲覧できます。
最も決算報告書については提出時期(5年毎)があり、最新のものとは行かないと思いますが。

建築指導課以外では過去に会社の行政処分・指導の有無、また役員が刑事罰など受けているかなどもわかります。
一度住まわれている県PHや担当と思われる課に確認されると良いですよ。

私も地元の工務店を利用するに当たり確認しました。
離婚後の住宅ローン審査とは別にご自身が納得するためにも、一度閲覧されるといいと思います。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ