アンチエイジング  

今日はアンチエイジングについてレクチャーしちゃいます。

お肌をピチピチに若返りたく、アンチエイジングを目指しているという方はかなり多いのではないでしょうか。

私はいつまでも美肌でいたいのでかなり気を使ってます!

アンチエイジングは日ごろのお手入れがとても重要で、正しいお手入れやお肌のトラブル対策が不可欠なのです。

理想とされているのは、年齢や季節によっても化粧品を使い分けることです。化粧を落とさずにそのまま寝てしまうといったお肌に負担になることはアンチエイジングではご法度ですね。

お肌の若返りの大前提といえる基本ポイントは、クレンジングで化粧をしっかり落とし肌を清潔に保つことではないでしょうか!

加齢と共に水分が失われた人間の肌は、しわやたるみが弾力が少なくなることで目立つようになってしまいます。

スキンケアなどで肌の老化現象をくい止める必要が、肌の若返りを目指すにはあるでしょう。

シワやたるみが目立つようになる大きな要素は、加齢と共に紫外線によるダメージからの回復が遅くにぶることです。

普段からの影響の積み重ねで紫外線の影響が現れますので、肌が紫外線に弱い人は特に気をつけたほうが良いでしょう。
なるべく日傘をさすなど対策することが重要です。

曇りの日や雨の日でも紫外線を警戒することがエイジングケアのコツですよ。

アンチエイジングの効果があるとされるヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、EGF、セラミド コエンザイムQ10、アスチタキサンチンなどなどスキンケア化粧品でケアすることも重要です。 これらを効果的に使いながらアンチエイジングしましょう!
0

栄養素  

今日はお肌によい栄養素や、体によい栄養素をレクチャー!

まずシミが気になる人 しみが気になる人は、ビタミンC、ビタミンE、システインなどを積極的にとるようにしましょう。

シミは増えすぎた黒色メラニンが原因ですが、ビタミンCはメラニンが作られるのを抑えるだけでなく、 できてしまった黒色メラニンを無色にしていく作用があるんです。

ビタミンEは血行をよくし、栄養素をお肌まで届きやすくしてくれます。

またビタミンCと一緒にとると、抗酸化作用が高まるのでおすすめです。

システインはしみができる過程で、黒色メラニンよりも薄い黄色メラニンになるように働きかけます。

シミがきになる人がとっておきたい栄養素は ビタミンc,ビタミンE,システイン、ビタミンB2、パントテン酸 肌あれによい栄養素 肌あれが気になる人は、ビタミンB2、ビタミンB6などのビタミンB群と、 ビタミンCを積極的にとるようにしましょう。

人間の肌細胞は、おもにたんぱく質、脂質、水分からできています。

ビタミンB2・B6などは肌細胞がつくられる過程で必要となる栄養素です。

また、ビタミンCは真皮でコラーゲンを作るのに必要不可欠な栄養素です。

これらのビタミンを積極的にとりいれるように心がけましょう。

肌あれが気になる人がとっておきたい栄養素 ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、システイン、ビオチン、ニコチン酸アミド ニキビが気になる人の栄養素 ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどは、にきびが気になる人におすすめの栄養素です。

ビタミンB2は食事でとった脂質を体内でエネルギーに変えたり、肌細胞の材料となるように働きます。

ビタミンB6はたんぱく質の合成に欠かせず、肌細胞が生まれ変わるのを助けてくれます。

またビタミンCは、にきびを悪化させる活性酸素を抑える働きがあり、にきびの改善を助けます。

ビタミンたっぷりの素材を使った食事をとって、体の中からきれいになることを心がけましょうね! ニキビが気になる人にいい栄養素 ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、システイン、ニコチン酸アミド、ビオチン
0




AutoPage最新お知らせ