どうしてワキガになるのか?  わきが改善





ワキガになる理由は、人それぞれで違います。


例えば、残念なのですが先天的に、「ワキガ体質」を遺伝的に受け継いで生まれてしまう人もいます。


実は、ワキガの要因としては、この先天的なものが意外と多いのです。


また、後天的な理由として一番大きなものは、成長期(なるべく遅く訪れるほど身長が高くなるといわれています)の男性ホルモンの上昇が一番大きいと思っているのです。


思春期の成長期には、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)も男性ホルモンが増えることため、ニキビなどが出やすくなります。


この時期は、ホルモン的要素に加え、最も行動的な時期でもあります。


特に運動部では、連日激しい運動をする時期でもあり、ワキガというよりは体臭に悩む生徒が増える時期でもありますが、まわりも皆そういう時期に差し掛かっているため、それ程気にせずに過ごしてしまう人も多いようです。


このようなワキガは一過性のものなので、成長期が終わると自然と改善されしまう事も多いものです。


後天的なワキガの原因は他にも色々あり、女性の場合だと生理前のホルモンバランスが崩れる時期とか、男性の場合だとお酒を飲んだり、タバコを吸ったりなんかもワキガの原因になってしまうでしょう。


ワキガは大きく分けると、体臭と汗で繁殖した雑菌の出す悪臭の二種類があります。


にんにくなど臭いのきつい食べ物や、飲酒・喫煙などは体臭となってしまい傾向があり、汗の臭いや雑菌の臭いが混ざると尚更きつくなってしまうのです。


そのほかにも、睡眠不足やストレスなども体臭(どんな臭いが体からするのかは個人差がありますし、その臭いに対する反応も人によって違うものです)をきつくすると言われていますから、現代人の場合は却って、「生活習慣」に問題があるケースが多いと言えるでしょう。











<PR>
犬のしつけ!無駄吠えを止めさせる方法は?
0

わきがにも種類がある?  わきが改善





ワキガに種類(時には新しく発見されることもあるようです)があるというよりも、ワキガの原因には幾つかの種類があるというのが正しい答えと言えます。


ワキガは遺伝的要素も強いと言われており、両親のどちらかがワキガの場合、お子様にもワキガの子が出やすくなるのです。


当然ながら、先祖にワキガのほうがいれば、代を隔てて突然発症するという場合もあるらしいです。


このような遺伝的体質のワキガは先天的な物ですので、その程度も遺伝的にある程度決まってきますが、自分ではどうしようも無いという側面もあります。


ですから、少しでも臭いを減少させる努力をするしかありません。


これ以外に、ホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことをいいます)の乱れや生活習慣の乱れが原因で発症する、後天的なワキガもあるでしょう。


これらの場合は、その原因を排除することで、随分改善することが可能です。


特に思春期に特有の、成長期(思春期を迎えるのが遅いと、二十歳をこえても身長が伸びたりするそうです)におきる急激なホルモン増加が原因のワキガの場合、一過性であるケースも多く、成長期(思春期を迎えるのが遅いと、二十歳をこえても身長が伸びたりするそうです)をすぎれば自然と治まる事も少なくないでしょう。


これとは逆に、社会人(最近はなれないまま、引きこもり、ニートになってしまう方も少なくありません)になって生活習慣が乱れることにより、ストレスやホルモンバランス(卵胞ホルモンや黄体ホルモンが有名ですが、体内で作られるホルモンは七十種類以上あるといわれています)の崩れなど、さまざまな要因が絡まり合ってワキガを発症する場合があります。


特に、お酒を飲んだり、タバコを吸ったりは体臭のもととなりますし、睡眠不足もホルモンバランスや自律神経のバランスを崩して、体臭の原因となることが多々あるのです。


このように、ワキガの原因には幾つかの種類がありますから、自分のワキガの原因となっているものが何なのかを知ることは重要なということなのですね。











<PR>

【汗っかき 対策】 汗っかきを治す方法は?
0




AutoPage最新お知らせ