2017/12/6

歩きお遍路2017〜発心から修行へ〜(7日目:室戸岬〜室戸市羽根)  旅行


11月24日(金)
歩き遍路もいよいよ最終日。

当初は日曜まで休みなのでもう1日くらい歩く予定だったのですが、
かなり重要な用事ができてしまったので^^;


でも、今回の目標である室戸岬には到達できたので、
本当に良かったです。




翌日の朝便で高知空港から帰路につく予定なので、
前日泊で高知市に泊まることから、
14時台のバスに乗って奈半利から列車で高知に出る計画。

はたして時間までの間、どこまで進むことができるのか…

出発は7時30分。
海岸沿いの国道に出るため、最御崎寺へ車で登ってくる道を
下りていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

…崖ですね。奥には室戸市街地が見えます。
景色は綺麗ですが、高い所は苦手。

なるほど、これが室戸の台地が重なってできているという地形か…
こんなトコでフラグを回収するとは。

23から24までは75km以上ありましたが、
24から25までは6.5kmとちょうどよい距離。

クリックすると元のサイズで表示します

AM9:00 25番札所津照寺到着。

順当な時間で到着。
あれ?本堂はどこだろう???
納経所はすぐそばにあるのに…

クリックすると元のサイズで表示します

目の前には長くて急な階段と山門。
まさか…

クリックすると元のサイズで表示します

そのまさかでした。
本堂は急な階段を登った山門の先にありました。
結構、キツイ。

クリックすると元のサイズで表示します

まわりを遮るものがないくらい高い場所にあるので、
景色は良かったです。

さらに3.8km先にある26番札所を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中、台地地形と言う名の山道を登らせられましたが、

AM10:45 26番札所金剛頂寺到着デース!

ここから27番札所までは30km近くあるので、
今回の歩きお遍路の最後の札所となります。
最後なので丁寧にお経をあげると
なんだかこの1週間が短かったなぁ…と。


でも、まだ歩きお遍路は終わりじゃない!


次回の再開後が少しでも楽になるよう、1kmでも先を目指します。

金剛頂寺を出発し、また海岸線の国道55号に戻るのですが、
台地を登ってきたので、台地を下らなければならない。
これまでの経験からかなりの急坂を予想していたのですが、

あれ?歩き遍路専用道に入ったけど、
なんだかハイキングコースみたいに緩やかな下りだな???

田畑をゆっくりと快適に緩やかに下っていきます。
途中、お婆ちゃんが自分の畑を世話している姿に癒されつつ
快適な道を進んで行くと、車の音が聞こえてきました。

なーんだ、もう国道か…快適な道も終わりだな〜なんて思っていたら、

あれ?
なんだか…車の音がやけに近い下の位置から聞こえてくるぞ…

開けたところに答えがありました。

現在地は海岸沿いの国道脇の崖の上だったのです。

急に勾配がキツくなる。
メタボ体型の自分にとっては、登りは体力を消費するけど、
下りは足を消耗するのです。

下った時には足がガクガク震えていました。

すぐそばにあった道の駅キラメッセ室戸で休憩。
時間帯もお昼前だったので、ここで昼食にすることに…

クリックすると元のサイズで表示します

日替わり数量限定のキラメッセ定食。
コーヒー付で890円はお得ですね。

昼食休憩を挟んだものの、足の痛みは取れず。
とりあえず時間が許す限り行けるトコまで進んでみることに…

クリックすると元のサイズで表示します

13:24 吉良川

なんでもこの吉良川の町の景観は有名なんだとか。
せっかくなので、通るだけですが、堪能させて頂きました。

そして、14:15…

クリックすると元のサイズで表示します

26番札所から約8km、27番札所まで約20kmの位置にある
平田岩バス停で今回の歩き遍路は終了しました。

後で調べてみましたが、まだ室戸市の羽根という地区なんだとか。
室戸市脱出できなかったか…残念なり。


バスで揺られて奈半利駅へ…
ごめんなはり線ってなんだか凄い路線名ですよね。
地方なので、どんなローカルな列車に乗れるのかな〜と
思っていたら…


クリックすると元のサイズで表示します

阪神一色。

なんでやねーん。

答えは高知までの途中にありました。
キャンプ地がこの辺らしいですね。
てっきり、ごめんなはり線は阪神電鉄のものなのかと…

そして、高知に到着。

この日は高知駅近くのビジネスホテルに宿泊。

夕食は近くの定食屋でご飯食べつつ、シメにラーメンを食べようと考えていました。

ということで、ホテルの目と鼻の先の「ごはんや鉄丸」さんで夕食。

折角の高知なのでカツオの田舎たたき定食(1500円)を頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します

あれ?
たたきにかかっているタレがやけに白い。
ポン酢じゃないのかな?

一口食べてみる。

すっぱ!

これお酢だわぁ…
ポン酢よりもストレートに酸味がぶつかります。
店のおばちゃん曰く、
「高知の家庭でたたきを食べる時はポン酢や塩じゃなくて、酢で食べる」
とのこと。

なるほど。

始めは酸味がキツイかなぁと思っていたお酢のたたきも
逆に醤油等が入っていないので、意外とスッキリ。
むしろ、ほんのり甘味を感じます。
しかも大葉、玉葱、生姜、茗荷、ニンニク、ネギ等
薬味もたっぷりと入っているので、
ご飯がすすむすすむ…思わずどんぶり飯をおかわりしていました。
歩き遍路に疲れた体にも丁度良かった。

これは…いい店を見つけたかも。
徳島では安兵衛さんに通っていましたが、
お手頃価格の定食もあるし、お酒も楽しめるみたいなので、
高知はここに通うかな?

いきなり素敵なお店に出会うことができました。
ちなみに、ラーメンはご飯をおかわりしたので、また次回ってことで…


こうしてちょっとだけの高知市内滞在の夜は更けていきました。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ