2009/7/10

富士登山ツアーの魅力を探る!そいつわ高速バス  


富士登山バスツアー


全日程1名様出発保証!

富士山に登ってみたいが休みがなかなかとれないという方

富士登山中は、富士山登山専任ガイドが同行するので、初心者の方でも安心!

全行程添乗員が同行致します

夕方からの登山なら富士山からの美しい夜景がご覧いただけます。

下山後は温泉入浴と昼食付!登山の疲れも汚れもさっぱり!

昼食・温泉入浴施設がお選びいただけます。

入浴の際、バスタオル・フェイスタオル付!


東京・新宿・横浜から富士登山バスツアー 関東発で富士山へ


大阪・京都・神戸から富士登山バスツアー 関西発で富士山へ


名古屋・岐阜・四日市から富士登山バスツアー 名古屋発で富士山へ






高速バス


目的別オススメ情報!

高速バス 大阪行き高速バス 名古屋行き高速バス 東京行きだけじゃない!


旅費を安く→高速バス 激安

手軽な旅行→高速バス 格安


東京の友達に会う→高速バス 東京への高速バス

横浜の友達に会う→高速バス 横浜への高速バス

千葉の友達に会う→高速バス 千葉への高速バス


大阪の友達に会う→高速バス 大阪への高速バス

京都の友達に会う→高速バス 京都への高速バス

神戸の友達に会う→高速バス 神戸への高速バス


名古屋の友達に会う→高速バス 名古屋への高速バス

大阪と東京の往復→高速バス 大阪 東京
高速バス 東京 大阪


リンゴを食べる→高速バス 青森

冷麺を食べる→高速バス 盛岡

秋保温泉に行く→高速バス 仙台

喜多方ラーメンが好き→高速バス 福島


東京タワーに登る→高速バス東京


ディズニーランドに行く→高速バス 東京ディズニーランド高速バス TDL

おいしい中華を食べる→高速バス 横浜

海浜幕張に行くなら→高速バス 千葉

日本酒を買い付ける→高速バス 新潟

長野の温泉に行く→高速バス 長野

味噌カツを食べる→高速バス名古屋

雪景色を見る→高速バス 金沢

白川郷を見る→高速バス 富山

通天閣に昇る→高速バス大阪

舞子さんに会う→高速バス 京都

琵琶湖で泳ぐ→高速バス 滋賀

異人館の行く→高速バス 神戸

おこのみ焼きを食べる→高速バス 広島

キビ団子を食べる→高速バス 岡山

ふぐを食べる→高速バス 下関

とんこつラーメンを食べる→高速バス 福岡

馬刺しを食べる→高速バス 熊本

桜島を見に行く→高速バス 鹿児島

阿波踊り見物に行く→高速バス 徳島

讃岐うどんを食べる→高速バス 香川

道後温泉に行く→高速バス 愛媛

鰹を食べる→高速バス 高知




秋の紅葉を楽しむ→高速バス 京都行き





高速バス 大阪発高速バス 東京発高速バス 名古屋発は本数が多くて便利!

秋は東京ディズニーランド 高速バス

京都 高速バスのご予約はお早めに。

0

2009/3/11

「守破離」天ぷら蕎麦  

東京風「天ぷら蕎麦」が食べたかったので、新しい蕎麦屋さんへ
天麩羅は蕎麦に入っていなくて、天つゆ・塩で食べその後「かけそば」を食べるパターンのお蕎麦でした。上品ですが何か違うなぁ・・・・・
汁は残念ながら江戸風では無かった、やはり仕方ないですね
出汁が効いて味は良く蕎麦とマッチ
店内では盛り蕎麦を食べる人が多かったです
今度はぶっかけで濃い出汁と蕎麦を楽しみたいです

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/7

Cremant de Bourgogne Brut (Blanc de Blancs) / Aurelien Verdet 1996  

1996だから?クレマンだから?泡は弱いがシルキー、香りは重く味わいは熟成感のある重たい感じ。
ちょっと置き過ぎでしたね。早く飲まなきゃ!苦味が多かったなぁ・・・・まあ良いシャンパンばかり飲みすぎなので、こんなのもたまには有りでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/4

雛鮨  

3月3日はお雛様

雛鮨と吉兆のお惣菜・平目の昆布締め・カキフライ豆乳鍋でひな祭り

雛あられは買い忘れました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/2/25

奈良県 千代酒造 篠峯 純米吟醸にごり酒「もろみ」  

軽やかな味わいで、口に含むと爽やかな円さがある甘み。
そしてすっきりとした後口のお酒です。
このお酒の最大の特徴は、発泡性がある事でしょう。いきなり飲んだらびっくりします。
もろみのほんのりとした甘みと合わさってじっくりと味わえるのみ飽きのしないにごり酒で、火入れをしていないために酵母が生きており、活性(発泡性)も十分にあり、フレッシュなピチピチ感を楽しめます。

このお酒を造った千代酒造は、奈良盆地の南西に位置する葛城山の神聖な伏流水を自社の井戸より汲み出し酒造りに用いています。
やや軟水のこの水こそが千代の酒の源で、さらに酒の主役である米にこだわり、真に上質な米を追求する為に自作田での山田錦の栽培を行っているそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ