2017/2/15

ワインの部屋(515)2004インフィニット・エイト エクストラ・ブリュット・ミレジム  

ワインの部屋(515)2004インフィニット・エイト エクストラ・ブリュット・ミレジム
産地:フランス・シャンパーニュ地方
品種:40%シャルドネ、60%ピノ・ノワール
ドサージュ:1リットルあたり2グラム
(価格) 価格 14,000円 (税込 15,120 円) 送料別
(場所)ツキシューラメール
(評価)☆☆☆☆
(コメント)
今回ツキシューラメールにてワインメーカーであるニコラ・ル・ティクスランと、デザイナーのフランク・ルルーの2人を招いてのワイン会に出席しました。シャンパーニュ インフィニット・エイトは、ワインメーカーであるニコラ・ル・ティクスランと、デザイナーのフランク・ルルーの2人によって設立されました。『8』は、この2人のノウハウとシャンパンにかける情熱、そして洗練されたセンスの集合体とも言えるものです。選ばれたヴィンテージのみを、『8』と刻印された黒いボトルに瓶詰し、熟成させます。
ラベルに使われている紋章は、『8』という数字と、無限大を表す記号「∞」の2つを組み合わせたものになっています。ワインメーカーのニコラ・ル・ティクスランはシャンパーニュ騎士団のシュヴァリエで、古くから一族は代々シャンパンビジネスに携わってきており、豊富な経験を持っています。インフィニット・エイトのラベルは温度感知素材を使用し、望ましい提供温度『8℃以下』に達すると、シンボルの∞のロゴが白から赤くなり、理想的な新鮮な味わいを楽しんで頂く事ができるようになっています。 ブランドの社長ニコラ・ル・テイクスラン氏は18世紀からシャンパーニュ造りに関わってきた家系。父フィリップはブドウをヴーヴ・クリコに売却してきた。父が引退した後、ヴーヴ・クリコのパッケージなどを手掛けていた友人のデザイナー、フランク・ルルー氏とブランドを興した。15年前からの知り合いで、テイクスラン氏が醸造、ルルー氏がマーケティングを手掛けている。「インフィニット」は「無限大」を意味する。
今回試飲を兼ねていただいたのは、ベーシックな「NO.8」「エクストラ・ブリュット 2002」「ブリュット 2002」「ブリュット 2003」を試飲した。NO.8はシャルドネ51%、ピノ・ノワール11%、ピノ・ムニエ38%。2002はシャルドネ61%、ピノ・ノワール23%、ピノ・ムニエ16%、2003はシャルドネ40%、ピノ・ノワール60%。ドザージュはエクストラ・ブリュットのリットル当たり2グラムを除いて、いずれも8グラム。
 NO.8は2009がベースのヴィンテージで4年熟成。ピノ・ムニエの比率が多く、柔らかく優雅な味わい。2002は秀逸なヴィンテージだが、ブリュットはレモンドロップ、干し草の香り、ピュアで、テンションがある。長期熟成タイプだ。エクストラ・ブリュットはよりミネラル感を際立たせたスタイル。猛暑の2003は、ピノ・ノワールのヴォリューム感を生かしたリッチな造りだが、熟しすぎた感じはなく、きれいにまとめている。

CHAMPAGNE Infinite Eight
インフィニット・エイト
■ブレンド:
 61%シャルドネ、 23%ピノ・ノワール、 16%ピノ・ムニエ
■デゴルジュマン:
 2013年  年間生産量は年によって異なるが15,000本〜40,000本
■ドサージュ:
 1リットルあたり8グラム
■土壌:
 石灰岩が主で粘土土壌と粘土質シルトが混ざっている
■醸造:
 伝統的な空気圧搾機を使用し、ステンレスタンクで一次発酵、マロラクティック発酵を経て瓶内二次発酵を行う
■畑:
 ランス近郊のVille-DomangeとPetite Montagne de Reimsの畑からのブドウ
■形態:
 M.A.(Marque d’Acheteur マルク・ダシュトゥール:買い手の所有する銘柄。顧客からのオーダーにより造られたプライベートシャンパーニュ) 
■コメント:
 金色で飾られる淡黄色の色調、繊細で上品、トースティーな香りとクリームのニュアンス、チェリープラムと砂糖をまぶしたイチジクやハチミツ、桃が口の中で多様に変化する香りと味わいに加え、繊細でクリーミーな泡が長いフィニッシュを演出します。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/2/9

ワインの部屋(514)リンシエメ [2007] (エリオ・アルターレ)   

ワインの部屋(514)リンシエメ [2007] (エリオ・アルターレ)
国/イタリア
産地/ピエモンテ州
ブドウ品種/カベルネ・ソーヴィニョン40%、バルベーラ20%、ネッビオーロ20%、 ドルチェット10%、シラー5%、プティ・ヴェルド5%
タイプ/赤・フルボディ
内容量/ 750ml
価格 6,760円
(場所)青山ワインスクール
(評価)☆☆☆1/2☆
(コメント)
【マルク・デ・グラツィア】がはじめてそのセレクションに加えたバローロの造り手であり、バローロボーイズのリーダー的存在です。 17歳から父親の仕事を手伝い始めバローロ改革の先頭に立って活動してきたエリオ・アルターレ。かつては「王のワイン」と称されたバローロですが農民と仲買人のシステムも悪く、質がどんどん落ちていき高値では売れないという危機的な状況でした。その状況を打破する為、エリオはブルゴーニュへ旅立ちました。 エリオ・アルターレは、1970年代後半から、バローロと同じく小規模な農家が多いブルゴーニュを手本に改革に着手しはじめます。【ドメニコ・クレリコ】や【パオロ・スカヴィーノ】、【ルチアーノ・サンドローネ】らとともに、グリーンハーヴェストによる収量制限を開始。当時の収量の半分程度まで落としたといいます。バリックでの熟成、醸し期間の短縮といった手法の実験に取り組み、現代のバローロの味わいの確立に力を尽くし、新しい技術をランゲにもたらしたことで大きな話題となりました。 バローロがその名前に見合った、真に偉大なワインとしての地位を取り戻す課程で、最も大きな役割を果たした造り手です。
そうして、質の高い葡萄から良いワインを造りだし、仲買人に安く買い叩かれた時代を自ら終わらせたのです。 更にエリオは若い農民達に、自らの考えや技術を教えていくことで、若者のランゲ離れを食い止めました。 今では多くのバローロの生産者たちの尊敬を集めているばかりか、世界で最も優れた醸造家の一人として 広くその名を知られるようになりました。エリオが成し遂げたのはバローロのモダン化がもてはやされますが、それ以上にランゲの復興という意味でも偉大な人物なのです。
ラ・モッラに所有する畑は並はずれた微気候に恵まれ、生み出されるワインは緻密でしなやか。この地ならではのエレガンスを感じさせる仕上がりです。 『生まれた時から美味しいワインこそが偉大』というエリオ・アルターレ自身の言葉通り、若いうちから滑らかさ、気品、バランスのよさを備えたそのバローロは、現代のバローロの最高峰であり、多くのバローロの生産者たちが手本とするワインになっています。
今回ワインスクールでテーマが「ピエモンテとトスカーナワイン」で6種類のワインのブラインドテースティングでの比較で、出てきた赤ワインのひとつでテースティングした中で一番人気のワインです。輝きのあるインパクトのある赤色で、熟したフルーツやジャムの香りがあり、たっぷりとしてヴェルベットのようになめらか味わいを感じさせてくれるワインでした。
【バローロ・ボーイズとは…?】
バローロは、長い間、ごく一部の造り手のものを除けば、大手ネゴシアンが安く買いたたいた葡萄で仕込んだ、『王のワイン』とは名ばかりの大量生産品がほとんどでした。
1970年にガヤが革命を起こしたバルバレスコに続き、 1980年代になると、バローロでも若い造り手達が改革をスタートします。
現代的な手法を取り入れ、自らの畑の葡萄を用いて、丹念に造られた彼らのワインは、世界的な称賛をうけ、本当のバローロの魅力を改めて世界に知らしめました。この新たなバローロの造り手達の一派を【バローロ・ボーイズ】と呼びます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/1/28

ワインの部屋(513)ピエロパン ソアーヴェ・クラッシコ 2015  

ワインの部屋(513)ピエロパン ソアーヴェ・クラッシコ 2015
イタリア ヴェネト州 DOCソアーヴェ 白 すっきりとした辛口
品種:ガルガネガ85%、トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ15%
販売価格:2,200 円(税込)
(場所)広尾ジャスミン
(評価)☆☆
(コメント)
ヴェネト州ヴェローナ市の東に位置するソアーヴェは同名の白ワインの生産で世界的に有名な町。町の北東部分にソアーヴェ・クラッシコ地区が広がっており、その中心部にピエロパン家が所有地を持ったのはイタリア国家統一の前年、1860年のことでした。現オーナーのレオニルド・ピエロパン氏の祖々父にあたるレオニルド・シニアがこの地に本格的にワイナリーを設立し、またデザートワインとして高い評価を得ている“レチョート・ディ・ソアーヴェ”を造り出しました。世代を経て、レオニルドの天才的といえる醸造技術と数々の優れたアイデアをで、今日ではピエロパン社のソアーヴェは群を抜く品質を持って高い評価を世界中で得るに至っています。
輝きを帯びた淡い麦藁色。エレガントかつフレッシュな果実香でブドウの花やサクランボ、サンブーカの香りが特徴的。酸味と新鮮な果実味のバランスが良く、素材を活かした魚介類の料理に良く合います。特に生やグリルした甲殻類で、レモンを搾って食べるような料理などに最適。
ソアーヴェのトップ生産者として知られているピエロパン。葡萄の若枝と家紋が描かれたクラシカルで気品あふれるエチケット。1920年代からずっと同じデザインだそうです。見た目からも惹かれます。では早速試してみましょう♪今回中華料理のレストラン「ジャスミン」でサーブされた白ワインですが、白桃や白いお花にレモンピールの香り、口に含むとグレープフルーツなどの柑橘系の果実味。ピュアなその果実味は絞りたての濃厚なジュースのよう。キューッと中心に引き締まる豊富なミネラルとフレッシュな酸が絶妙なバランス。後味のやわらかいほろ苦さが小籠包などの中華とも合います。食事もワインもかなり進みます。今まで飲んだソアーヴェの中ではまあまあ美味しいです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/1/22

ワインの部屋(512)クティッツィ グレコ ディ トゥーフォ 2015  

ワインの部屋(512)クティッツィ グレコ ディ トゥーフォ 2015 フェウディ ディ サングレゴリオ
ワイナリー名 フェウディ ディ サングレゴリオ
商品情報 キラキラと輝く黄金色、リンゴやナシ、さらにハチミツなどの甘い香りと一緒にミネラルも感じます。味わいはしっかりとしたこくがあり、とても印象的。
内容量 750ml
品種 グレコ100%
産地 イタリア・カンパーニャ
カテゴリー グレコ ディ トゥーフォDOCG
(価格)\3,180/ネットボトル価格 /レストラングラス価格\2,000
(場所)銀座レストラン アルマーニ
(評価)☆☆1/2☆
(コメント)
今回銀座のレストランアルマーニの前菜のカルパッチョに合う白ワインとしてサーブされたワインです。カンパーニャを代表する実力派フェウディ ディ サン グレゴリオが「最高のグレコ」としてリリースする「クティッツィ」。『エスプレッソ』が発行する日刊誌『ラ レプブリカ』で、「赤ワインしか飲まない人を改心させる白ワイン」と絶賛されたエレガントなワインです。グレコはその名前の通り古代ギリシャからもたらされとされる歴史的なブドウで、アヴェッリーノでももっとも古くから存在しています。フェウディはカンパーニャの伝統的な土着品種を最高の形で表現することを追及していて、クティッツィはその中の最高峰グレコとして厳選されたブドウから造られます。クティッツィはグレコ種100%で造られていますが、グレコはその名前からわかるとおり、ギリシャから伝わった品種で、1000年以上前の記録が残っているほど歴史があります。 クティッツィはアヴェリーノの方言で「栽培できない」の意味。火山灰質土壌の特徴押して各層の密度が違い、また、クティッツィは急な斜面にあるために、土が滑り落ちてしまうので、耕すことができないという理由からこの「栽培できない」クティッツィという名前が付けられました。グレコ種から造られるクティッツィは、密植率が高くふくよかなブドウができています。また、クティッツィは標高700mに位置する畑で、これは全イタリアのDOCの中でもっとも高い畑となっています(2008年度比較)。このクティッツィの標高の高さ(700m)に加えて、水はけがよく、枯れた土という点はブルゴーニュとよく似た条件になっています。
クティッツィの畑は全部で25ヘクタール。年間18000本を生産しています。
桃や洋ナシ、トロピカルフルーツなど、凝縮された果実のアロマが押し寄せ、クリーンな花のニュアンスも感じられます。柔らかさと酸のバランスの柔軟さが際立って素晴らしく、たっぷりとしたボリュームで、洗練された非常に長い余韻を楽しめます。やわらかな味わいがいつまでも上品に残る素晴らしい白ワインでした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/1/21

ワインの部屋(511)トレヴィーゾ プロセッコ エクストラ ドライ N.V. “レ コンテッセ”  

ワインの部屋(511)トレヴィーゾ プロセッコ エクストラ ドライ N.V. “レ コンテッセ”
【タイプ】スパークリングワイン
【ブドウ品種】グレラ種100%
【ヴィンテージ】ノンヴィンテージ
【産地】イタリア・ヴェネト州
【容量】750ml
【醸造方法等】ステンレスタンクにて15日、熟成2ヶ月間。
【生産者】レ コンテッセ社
(価格)\1,860より/ネットボトル価格
(場所)銀座レストラン アルマーニ
(評価)☆☆☆
(コメント)
今回銀座のレストランアルマーニのトリシャンとしてサーブされたワインです。銀座の夜景を見下ろす絶景の場所で飲むスパークリングは華やかでした。このワインは5.3気圧という驚異的なガス圧。麦わら色、アロマ豊かでアカシアの花、桃、りんごの香り、フレッシュでアロマ豊かな味わいが広がります。前菜からデザートまで、幅広くお料理と合わせられます。
レ コンテッセ社は、イタリア ヴェネト州の東側、コネリアーノ地区に位置しております。コネリアーノ地区は氷河期に氷河とともに土壌が形成されたと言われており、なめらかで風味豊かな味わいのスプマンテに仕上がります。昔からある農業文化と、今日の企業とが組み合わさり、この地域にしか出来ない、この土地を最大限に表現した本当の果実の美味しさをもつスプマンテを造る生産者です。特徴は豊かな泡立ちと華やかな香りハイコスパなプロセッコ! シャンパーニュに匹敵する5.3気圧豊かな泡立ちと華やかな香りのハイコストパフォーマンスのプロセッコです。麦わら色の明るい色調でアカシアの花、桃、りんごの香り、フレッシュでアロマ豊かな味わいが広がります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ