2017/3/19

ワインの部屋(520)マコン2015  

ワインの部屋(520)マコン2015
産地 ブルゴーニュ、マコネー、マコン
ブドウ品種・原材料 シャルドネ 100%、亜硫酸
アルコール度数 12.50%
容量・色 750ml・白
価格 2,500円〜
(場所)汐留タテルヨシノビズ
(評価)☆☆☆
(コメント)
透明感があり輝くようなイエロー。シトラスフルーツ、パイナップルなどの活き活きとした果実の香り。口当たりが良く、かつダイナミックなミネラル感がある。今回汐留のタテルヨシノビズにてオーダーした白ワインです。
Mâconnais の白ワインは極めて淡い金色、または麦藁色をまとい、シルバーないし緑を帯びている。光沢があり、心地よい。香りはエニシダ、、白バラ、アカシア、スイカズラ、シダ、クマツズラ、レモングラス、柑橘類(グレープフルーツ、マンダリン)。マツ、カリン、アニスなども後から現われる。味は村や terroir の違いによって異なる。フレッシュで飲みやすく、辛口でフルーティなワインである。凝縮した味わいで、熟成に必要な酸もある。まろやかで心地よさが身上である。
白ワイン: 生き生きとしてアペリティフにうってつけ。クラッカー、チップス、ピーナッツ、オリーヴ、スナックなどに合う。しかしその快活さ、まろやかさ、アロマの複雑さからもっといろいろな組み合わせが可能である。チキン、肉入りクリームリゾット、魚とよく相乗する。さらに冷製アンティパスト、網焼きした魚、押し鮨、特にサバがおすすめである。チーズは若いまたは熟成した chèvre が好適。
サービス温度: アペリティフは10〜11℃、食事には11〜12℃
白ワイン: ブルゴーニュ南部には水彩画のようなたくさんの谷と丘がある。Côte Chalonnaise とソリュトレの岩石の間にマコネの山脈が40kmに渡って連なり、その間をソーヌ河とグローヌ川が流れる。すでにガロ・ロマン時代からぶどう畑があったが、強い勢力を誇ったクリュニーとトルニュスの修道院のおかげで大発展を遂げた。この地出身のラマルティーヌは、自然の美しさを詩で謳っている。マコンの街は、感じよく、微笑をたたえた畑の伝統を守っている。1937年にAOCの認定をうけて、マコネの白ワインはマコン郡のコミューン名またはその近隣の11のコミューン名をつけられる。すなわち Mâcon-Villages とするか、または Mâcon の後ろにコミューン名をつける。
テロワール/Terroir
白ワイン: マコネの山が造る斜面は、北北東または南南西向きの平行して走る断層で分けられている。これはぶどうには好都合である。長熟タイプの白ワインは褐色の石灰岩またはカルシウムの土壌で産出される。 珪土、粘土質、砂の土地は石灰質の火打石の破片シャイユまたは砂岩の石とまざっていることが多く、早生の Chardonnay に向く。 
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/3/18

ワインの部屋(519)インシグニア [1999] (ジョセフ・フェルプス)   

ワインの部屋(519)インシグニア [1999] (ジョセフ・フェルプス)
国 アメリカ
産地 カリフォルニア、ナパバレー
ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン 84% / プティ・ヴェルド 10% / メルロー 3% / マルベック 3%
タイプ 赤・フルボディ
内容量 750ml
価格 16,320円 (税込 17,626 円) 送料別
(場所)麻布十番 ルエベルロール
(評価)☆☆☆☆
(コメント)
農場経営から始まったジョセフ・フェルプス社は1972年、カリフォルニアのセント・ヘレナ近郊、スプリングヴァレーにその名を冠したワイナリーを設立しました。大切に育てられたブドウ畑は起伏のある広大な牧場や、オークの森といった豊かな自然に囲まれています。
また、多くの品種を生産するフェルプス社はナパ・ヴァレー・カルベネ・ソーヴィニヨンやバックス・ヴィンヤード・カベルネ・ソーヴィニヨン、そしてカルフォルニアで最も芳醇で深い味わいを持つインシグニアを世に送り出し世界的に高い評価を得ています。
カリフォルニアでボルドー品種を使ったボルドー・スタイルのワインを「メリテージュ」と呼んでいますが、カリフォルニアで最初に作られたメリテージュがこの「インシグニア」なのです。
インシグニアは、1978年にカリフォルニアで初めて独自のブランドを持ったボルドースタイルのワインとしてリリースされました。ブドウはスタッグス・リープやラザフォードなどのカベルネ・ソーヴィニヨンが主体で、ステンレスタンクで発酵後、新樽100%のフレンチオークで22ヶ月間熟成され、瓶詰めされます。
色合いは濃厚なガーネット色。カシス、ブラックチェリーの香りにハーブや黒コショウなどのスパイシーな風味もあり、それぞれの要素がギュッと凝縮した濃厚な味わいが広がります。タンニンは非常に滑らかで長い余韻へと続く、バランスの良い味わいです。厚で複雑な果実味が芸術的です。 果実味の濃厚なビターチョコのようなニュアンスがあり、力強さの中に優しさが感じられます。ブラックチェリーやカシスの風味が複雑に絡み合い、ほんのりスパイシーな余韻が後味を楽しませてくれます。パワフルな印象を受けますが、上品な酸味と繊細なタンニンの絶妙なハーモニーはもはや芸術の域です。今回麻布十番のワインバー「ルエヴェルロール」にてのマリアージュの会で出てきた赤ワインです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/3/12

ワインの部屋(518)エルミタージュ・ルージュ・ファルコネ [2008]  

ワインの部屋(518)エルミタージュ・ルージュ・ファルコネ [2008]
ジャン・ルイ・シャーヴ・セレクション /
セパージュ: 【シラー100%】
国地域: フランス・コート・デュ・ローヌ・エルミタージュ
(参考価格)11,000円〜
(場所)青山ワインスクール
(評価)☆☆☆
(コメント)
ジャン・ルイ・シャーヴは今ローヌでは神聖化されている生産者。サン・ジョセフや最高格のワイン、エルミタージュが図抜けて素晴らしい。赤はシラ−100%で作られるワイン。ドメーヌものが圧倒的に素晴らしいことはいうまでもない。若い内はジュースのようなつい若飲みしてしまいそうになるエレガントの極地のようなワインだが、熟成することにより信じられないほどの複雑さを醸し出す。
 1481年に立ち上げられ、6世紀にわたってエルミタージュのワインを造り続けているこのドメーヌはモーヴの町に居を構えています。16代目現当主であるジャン ルイ シャヴ氏は温厚で真面目な性格で、畑での仕事を第一に考えています。所々に設置してある電灯の下に行かないとテイスティングコメントも書けないほどの漆黒と静寂に包まれた地下蔵から屈指のワインが生まれます。 エルミタージュに使われる葡萄の畑は合計28haで赤白共にいくつかの区画に分かれています。それぞれ土壌に違いがあり、ワインに与える要素も様々なので別々に醸造されます。畑はローヌ特有の急勾配な斜面にあり、様々な土壌の畑にマルサンヌ種、ルーサンヌ種、シラー種、グルナッシュ種が植えられています。収穫する時期は周辺の生産者と比べて遅く、葡萄が充分に熟すまで待ち、収量もかなり抑えて凝縮した葡萄のみ収穫します。
比較的リーズナブルな価格帯のエルミタージュ・ルージュです。色々と調べてみるとスペクテイターが91Pointsつけていましたね。ドメーヌものの方はアドヴォケイトもしっかり評価しており、96Points と物凄い評価です。ローヌの素晴らしいワインを飲むにつけ、本当に素晴らしいな・・と思えるのは、「美しいミネラルと酸が存在すること」が必須で有って、結局はそこを一番見ています。このエルミタージュはシラー100%・・確かに豊かでは有りますが、その美しい酸とミネラリティの存在により、とても素晴らしいバランスを形成していると思えます。
個人的には素晴らしいと・・思ったエルミタージュです。ただ濃いだけのエルミタージュでは無く、サン=ジョセフやコルナスとも違う・・エルミタージュの複雑な豊かさを表現できているエルミタージュです。今回青山ワインスクールでローヌのワインについての飲み比べで一番印象に残ったワインです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/3/11

ワインの部屋(517) ボランジェ ラ・グランダネ  

ワインの部屋(517) ボランジェ ラ・グランダネ
■ 生産年 2004
■ 原産国 フランス
■ 地域 シャンパーニュ地方
■ タイプ 発泡白ワイン
■ 葡萄品種 ピノノワール66% シャルドネ34%
■ 度数 12%
■ 内容量 750ml
価格 10,000円 (税込 10,800 円) 送料別
(場所)麻布十番 ルエベルロール
(評価)☆☆☆☆
(コメント)
当たり年のみ造られる、 プレスティージュ・シャンパーニュ!アイ村の名門シャンパーニュ・メゾン、ボランジェ。 ボランジェは、創設者であるジャック・ボランジェによって1829年に造られ、その名を冠した名門シャンパーニュ・メゾンです。生産に必要なブドウの約70%を、グラン・クリュとプルミエ・クリュが主な160haの自社畑から供給しています。また、オーク樽での発酵や、カーヴでの長期に渡る熟成など、伝統的な醸造法によって支えられた製品の品質の高さにより、世界的な名声を確立しており、1884年からは英国王室御用達を拝命する稀少なメゾンのひとつとなっています。現在も、設立当時から変わることなくボランジェ一族によって、生産における厳しい基準を保っており、1992年には、こうしたメゾンが長年守り続けてきた製法と基準を表す "倫理と品質" を『ボランジェ憲章』として発表しました。 継承される伝統によって育まれる一貫したスタイルと、すばらしい品質を誇るシャンパーニュを造り続けています。また、ボランジェと言えば、映画『007シリーズ』に登場することで有名。ジェームス・ボンドが愛飲するワインとして、世界的に知られるようになりました。このラ・グランダネはブドウの当たり年にのみ造られます。ヴィンテージの特性と同時に、“ボランジェ・スタイル” “テロワールの素晴らしさ” “伝統的製法”が感じられるシャンパーニュです。マルヌ県のグランクリュとプルミエクリュのブドウのみを オーク樽で一次発酵させた後、コルク栓をしてカーヴで最低でも5年間熟成させます。荘厳な深みと、ヴィンテージによってトーンの異なるリッチで複雑な凝縮感あるアロマがあります。2004年ヴィンテージのこのシャンパーニュは、綺麗な黄金色で、キメ細かい泡立ち。樽に由来するトースト、フルーツのブランデー漬けやスパイス、核果などを感じる複雑なアロマ。凝縮した果実の力強く、かつ上品な仕上がりは、シャンパーニュ・ファンも、うっとりすることでしょう。
今回麻布十番のワインバー「ルエヴェルロール」にてのマリアージュの会で最初に出てきたシャンパンでした。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2017/3/5

ワインの部屋(516)チンニョモーロ シャルドネ サレント  

ワインの部屋(516)チンニョモーロ シャルドネ サレント
生産地 Italy > Puglia
生産者 CignoMoro (チンニョモーロ)>
スタイル White wine
品種 Chardonnay (シャルドネ) チンニョモーロ シャルドネ
ヴィンテージ: 2013
産地: プーリア州、ターラント
品種: シャルドネ 100%
アルコール度数: 13.5 %
ボディ: コクのある辛口
適性温度: 8-12 °C
相性の良い食材: クリームソースを使ったお料理、ムニエルなど
小売価格: \3,650/ボトル価格  レストラン価格/\1,200byグラス
(場所)神谷町 ダ オルモ
(評価)☆☆☆
(コメント)
色調はグリーンがかった淡いイエロー。はっきりとした香りと豊満な味わい、ボディの力強さは余韻までゆっくりと豊かに広がります。濃厚で複雑な香ばしいヴァニラ香、白や黄色い花などの上品な香りの後、桃やアプリコット、バナナの果実香が広がり、次第にバターやミネラル香が感じられます。極辛口のワインに仕上がっています。甘美なしなやかさ、見事な爽やかさを備え、絶えず海風を浴びるこの畑の個性ある風味が表われています。ローストした米産オーク樽で熟成、芯の強さを感じるバランスのよいフルボディ。
今回神谷町の路地の奥にあるミシュラン☆のフレンチで出てきた白ワインです。色彩の美しさが印象的なイタリアのプーリア地方のワインでした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ