2010/7/26

向日葵  


ひまわり


カフェ、喫煙席、ガラスの花瓶に生けられた向日葵は

仄暗い店の中 どちらを向けばいいのでしょう

右を向けば 眉間に皺を寄せた女が 咥え煙草で 

携帯電話の画面を睨みながら メールを読んでいる

左を向けば、パチンコ屋仲間のおっちゃん、おばちゃんが

出たり入ったりしては 無駄に時間を潰していて

上をむいたところで ひらすら 換気口に吸われてゆく 紫煙の雲の流れ

頭を垂れたところで ピカピカに磨かれたフロア 

こうやって一日中 店の中で 花びらが萎れてしまうまで

毎日 水を替えてもらっても 肝心の真夏の太陽はない

人が出入りする あの 自動ドアの向こう側に

向日葵の向くべき 方向が示されていると云うのに

誰かの顔を覗いても 向日葵は 店の中の飾りの一部で

キレイだね、とか 夏って感じがするね、だなんて

声を掛けられる訳もなく 

暑い、暑いと 人々は 呟きながら 小さなトレーを手にして

席を探している 待ち人を待っている 

電車を待つ僅かな時間であったり 買い物帰りのひと時であったり

とりあえず中に入って話そうか、な時間であったりと


炎天下で灼かれる前に その根元を絶たれて 

花屋の店先では 誰かに買われるまでの時を過ごして

店の中で 実を結ぶ事も無く 生ゴミとなる日まで

0

2009/7/15

久々にブログを発見  

ブログをほったらかしにしてました。色々と忙しくて・・・。自分のブログがどこにあるのか、ググッて見つけて・・・当然パスワードなんて忘れていたもの。

この夏は高校の説明会だの、祭礼だの、バレーボール(ゆるゆるチームですが・・・)練習だので、大忙しです。

丑の日を前に、もう今日の暑さで屁たれました・・・。

貧血気味・・・定食屋にて、レバーを喰らおうと思ったのですが、レバーはない。

モツ焼きの定食を食しました。他所のモツ焼き(ホルモン焼き、ジージー焼きの類)も美味しかったです。味噌ベースでした。韮と玉葱の刻んでありました。何ていっても味噌汁つき、お新香つき、半ライスで700円いかない・・・。安いですね。庶民的です。

今晩も込み合っていました。

福生の銀座通りの定食屋さんです。 

一人暮らしだったら、絶対に毎日通ってしまうでしょうね、きっと。

医院の待合で、大好きな『深夜食堂』を読んだ後、子供と二人、立ち寄った食堂です。

深夜食堂とはちょいと趣が違いますが、庶民的なよい食堂です。昔の面影を柱時計に感じながら。

くじ引きで、五等二枚、四等一枚、計70円を頂きました。

お蔭さんで、エネルギーをチャージ出来ました。7時前までは死にそうな程疲れていたのに。

臓物は私を強くするのでしょうか?
0

2009/4/4

英国風の街ですか・・・  

そう言えば、先日、郵便受けだか一般紙だかに入っていた広告に、住宅モノがございました。英国風の街を謳ったその一枚のちらし。

市内のどこかに出来るのかしらと思ったら、市外だったのね。川向こうです。ってことは、地元じゃないですか・・・。

地図上からすると、あの丘陵地の中なの?すんごい開発されたのでしょうね。

思い出すよ、子供の頃。あの夏の日、そして冬の日。自転車を立ちこぎしながら、歯食いしばって、鬼の形相で上がるなだらかな緩くて長い坂道を!!!

バス停からちょっと離れてるけれども、まあ歩けない距離ではない。私のバス停はその次でしたので、肥溜め香る畑の中、バブルの頃でしたから、ボディコンスーツ?にハイヒールの出で立ちで農道を横切った日々もあったもの。

近くの商店と言えば、Y崎、肉屋にランドリー、ちょっと離れて○○ストア。

FIREWORKSの工場が山中へと退いた後、スーパーが移動してきた。それからだろう、どんどんと開発されてきたもの・・・。

以来、通ってないので判りませんが、幼少の頃から成人するまで丸々住んだ土地ですから、今の私から言える事はですね。

小学生のお子さんが居るご家庭、小学校遠いですからね。徒歩通学ですとね。ええ、効率の話です。

中学生のお子さんが居るご家庭、中学校はもっと遠いですから、チャリ通学のエリアに入っていることでしょう。

スーパーは橋を超えて、こっち側に来るか、もしくは工業跡が近いのかしら?まあ、車抜きには大変でしょうね。けれども、コミュニティーバスとか有るかも知れませんし。

感心してしまったよ、かつてのあの地が英国風にとは。そうやって田舎の風景がひとつ、ふたつと消えてしまっても、悲しくも無いな。所詮、橋の向こう側、およそ10数分先の土地ですが、行くことすらも無いもの。跡形も無く、こっち側に越してきてしまったので。

お家は高い買い物です。けれども、当時、最寄り駅までのバス一本道。バス停までの距離。いっそチャリで行った方が早いのだけれども・・・。行きは酔い良いけれども、帰りの上り坂がきつかったもの・・・。微妙な土地ですが、自然もあることでしょうし。川から近くなければ良いけれども、リバーサイドとうたっているからね。

リバーサイドですか・・・。ん〜っ。

0

2009/3/22

可否道  

いい歳した大人が、PC画面の前を陣取って、固唾を呑む。何ゆえに真剣なのか?

ええ、ネット上のオークション会場におりました。というのも、お目当ての本が出たのよね。

当然、何年も前から欲しくて、捜し求めていた一冊。これでもう、近くの図書館の書庫から出してもらわなくても、手短にある、この至福な状態。

予算を若干オーバーしてですが、毎度、次点で終わってしまう私。安易に考えていてはいけない。ましてや、今回は特別だったのね。

獅子文六フリークの私にとって、この『可否道』を入手し、自らの蔵書にするまでのこの数年間。この『可否道』には、なかなか縁がなく。見つけても高価であったり、もしくはネット書店でもSOLDOUTが多い一冊。なまじっかあっても、この『可否道』ではなく、改題されている『コーヒーと恋愛』になっちゃうんですよ。さもなくば、文学全集の中の一話として入っているか。

そうではない、『可否道』で欲しかったのです。これは、今後の譲渡を踏まえてとかではなく、私の為の蔵書なのですが、妙に『可否道』っていうのが、ナイスなネーミングですから、このタイトルは外せなかった。

終了までの数分間、もう、いつだって再入札出来る状態でスタンバって落としたのだから、嬉しいです。

女性なら、あのジュエリーが欲しいだとか、春先にこんなバッグが欲しいとか、普通でしょうね、けれども、それ以上の欲力がこの一冊の『可否道』に私は有ったのです。

日本の随筆の中、『珈琲』で、可否道の氏の後日談を読んで、そして、ここ数年、時々思い出しては、近くの図書館から借りてきた、この『可否道』ついに、私の物となる。

春はこれで幸せです。そう考えれば案外安いものかもね〜。このご時世、贅沢は敵ですから・・・。

この情熱、本来はどこぞに向けるべきだったのでしょうか・・・?
0

2009/2/21

古書展目録を眺めながら  

ポストに落とされていた封書の中から出てきたものは、古書展の出品目録抄でした。こんなんもらったのは初めて、そしてどのようなきっかけで送られてきたのか判りませんが・・・。印刷物は好きなので、パラパラと捲ってみました。

私はこの目録とやらに慣れていないので、これはどのようにチェックをするのが通かは知りませんので、書店ごとに『あいうえお』順でもなく、『著者』順でもなく、どういう並びだか判らないのですが、一ページづつ眺めてみました。

ざっと数千冊あるのでしょうが、かなり興味がない書物が多いです。もっぱら、古書はネットが一番、立川(古書市)二番、あとはオフ活用ですので、私は古書好きと言っても、まだまだビギナーもいいところだし、背取りもしないし、ネットで書店をやっているのでもなく、ひたすら自分で自分が読みたいものだけを、ちょろちょろと集めているだけなので、この古書展とやらも行ってみたいとは思わないし、何だか、見てしまってはならない世界の様にも思えてしまう。ここまで手を出すようになったら、貴女、もう古書の世界から抜けらんない!みたいな一抹の不安もありますもので。

古書とは言っても、たった一度でも読みたいので、ばっちいものでも構わないという気持ちもあり、現にそうような買い方もします。けれども、捨てます。だってオフで持っていってくれないもの。ヤフオクでは入札のみ。ノークレーム、ノーリターンの良い落札者でおります。

さてさて、ざざざーっとチェックしながら、軍もの、エロもの、業界的なもの、史書、学術書・・・。ふーん、まあいろいろとあるものだ。

タイトルで目をひいた本が幾つかあります。

『日本鮭缶詰共同販売会史 昭和18年』 戦時下?それにしてもどんな歴史を辿っているのか興味がありますね・・・。

『日本女礼式大全 明治32年』明治女はこうあるべき、なのでしょうか。今と比べてみたいものです。

『黄色いテント 1985年』何系の書物か???

『主婦と女中 明治41年』何だかむかつくタイトルね。ええ、兼業主婦だけれどもね。

古いものでは文政、明治、大正・・・そして昭和も平成も・・・。人は死んでも本は生きているのねと、古いものには関心してしまいました。

何だか判らないけれども、送って頂き嬉しいです。出版社とかの名前を見るのも好きなので嬉しい。暇つぶしにもなるしね。

あんまりストイックに、そして情熱を注ぐ気もぜんぜんないので、適度に愉しみたいと思います。古書に関しては。

0

2009/2/7

降灰  心と体

或る朝、薄らと地表を覆いかぶさっていたものが

火山の噴火に因る降灰だと知った。

寒い季節だというのに、艶々とした青い葉が自慢だった

椿の葉の上に降り注いだ、その降灰とやらは、

どんなに風が強く吹き荒ぼうとも、翌朝の霜が溶けても

その葉の上から落ちるどころか、よけいにピタリと貼りついて仕舞い

爪先でこそげ落さない限り、消えることはない。


何だか、わかる気がしないだろうか?

何となく、そういうものの一つや二つ、誰だって持っていやしないだろうか?

例えば、それは幼い頃の記憶、もしかすると年頃と云われた時期、

社会に放り出されてからの事、家庭という小さな砦をかつて持っていた時分、

物理的な喪失は、苦しくて、切なくて、泣きたくなるような足跡を、刻印を

記憶する器官に、そして心に残してゆくものだ。

ふうっと机上の埃を払うがように、そのものに触れれば、ふわっと発ちこめる

鼻腔を擽るばかりではなく、ぎゅっと胸を絞られ、節々が痛くなるような感じ。


残像が古い映画のフィルムのように、色褪せたアーカイブ、瞼の裏の

僅かなスクリーンに照らし出される、ショート・フィルムはところどころ

剥げていながらも、眠っていた、葬っていた筈のものを余すことなく写す。

ひとたび、風が止めば、舞い上がってしまった気持ちも、その記憶も

地に着き、或いは何処かへと飛ばされていき、痛みが和らぐ日が

やがて来るのだろうかと、ぼんやりと諦めつつ思う。


けれども、どうだろうか。

この降灰のように、私を覆い、ピタリと貼りつき離れずに

掻き毟る爪の先は丸まり、掻き壊した表皮から血が滲み

それなのに落しても、落しても、落しきれない。

目には見えない限り、落したとも云える筈であろうに、

奥へ奥へと入り込んでしまい、見えなくとも

やはり消えやしない、癒えやしない、言葉では表せない

何かはもう、私に寄生していて、喰らわれたくなければ

上手く共存して付き合っていかなければならないという

諦めがたい辛さ。


降り注ぐ灰を浴びて、人は付着物を身に纏いながらも

何にもなかった振りをして、何ともない振りをして

生き続けなければならない者なんであろう、きっと。
0

2009/1/25

ギュウちゃんですらい。  

獅子文六さんの『大番』にすっかり嵌ってしまい。今は、下巻の162ページに入りました。

つい先日、ネットオークションで落とした上下巻、来て早々、爆読中。

九段会館での映画の試写会会場で、入場を待っているのも苦ではなかったが・・・。こともあろうに、『ラ・ボエーム』途中で、えっちらおっちらと舟を漕いでしまいました。

つくづく、バレエにしても、オペラにしても自分が苦手なのだと知る。大人のたしなみ程度に愛したいと思っても・・・。うまくは行きませんね。

けれども、『ラ・ボエーム』雪景色の美しさは素晴らしい。出演者の歌声も素敵ですが、長丁場だと辛い。私はCDで音楽聞く程度でオペラは充分なのだろうか。

それよりも、ギュウちゃんだってば。『大番』、我慢できずに下巻の最後をちらっと斜め読み。ギュウちゃんの最後、かっこいいじゃあないですか〜。

語尾の『ですらい』・・・。てんやわんやでも出てきていたな。

獅子文六作品の映画を網羅したいです。後、全集が欲しいわ。

次に読みたいのは、『バナナ』。絶対、読みたい。

池澤夏樹さんの新刊も昨年末を待てずに、ガンガン読み進めてしまい。ほかに読みたいものがなくて、昨年末から適当に新刊本を買ってみたのですが、どれもつかみがいまいち。とはいいつつも、池澤さんのパレオマニアは放置したまま。

見渡せば、恥ずかしながら積読本が再び溜まってきた。ちょっと憂鬱。

それなのに、先日買い求めた、別枠で好きな小川洋子さんと堀江敏幸さんの本はベッドの上に乗っけたまま。

再び、私の前にやってきた獅子文六ブーム。手に入れるのに手間が掛かるので面倒ですが、愛着率は高い。どっかの出版社さん、再び世に出して下さいな。




0

2009/1/18

リアルにゃーこの災難  

リアルにゃーこが一匹おりますが、

平素から、

抱けば噛みつき、後ろ足で蹴り上げられ。

喉をごろごろ鳴らさず、撫でようものなら、蛇のように喰らいつき。

寝ている傍にひっつけば、避けられて。

膝の上に乗せた事も、足をすりすりすらもしてくれない。

まったくツレナイにゃーこです。

その代わり、人見知りがないので、知らない人が来ても平気。

だけれども、人に優しい猫ではないので、抱き上げないほうがいい。


そんなにゃーこの今日は災難でした。

昨晩、真夜中に隠しアイテムのおやつのタッパを見つけ、

どうにかこうにかして、こじ開けた模様。

中に隠してあった大好きな猫のおやつを一袋

クッチャ、クッチャと完食した形跡が・・・。

ボロボロのパッケージ、そして猫草の種の袋までも破られて

にゃーこの食意地は満たされて、さぞかし至福だった筈。

だけれども、学ばないにゃーこ、過去に何度か、隠し食いをして


翌日は、汚泥のような下痢便が迸り、鉄砲水の様に嘔吐して。

娘はビビりまくり、雑巾片手にゲロを拭い、

ビニールとスコップで下痢糞を片付けるのは私の仕事。

猫は、トイレの砂すら掛けませんでしたよ、自らの糞に。


どうやら、出すもの出したらさっぱりしたのか、再び

貪欲に食い物を強請ります。


明日のうんちは大丈夫だろうか・・・。

何だか悲惨だったな、にゃーこの今日は・・・。
0

2009/1/8

弁当生活再開  

始業式が済み、翌日である明日から再び、弁当作りの再開です。

明日は、おにぎり&おかず諸々・・・。ネットオークションで落としたドラえもんのお弁当箱が一段の小さいものなので、おにぎりは別に収めます。

娘と今物色中なのは、パーマン。ポケモンにしろ、サンリオにしろ、結構お弁当箱あれど、昔のアニメのものってないわ・・・。Qちゃんとか合ったら、絶対に欲しいのに。古いアニメキャラ好きの娘、今欲しいものはパーマンセットです。ないのよね、これが。

弁当箱はよくあちこち行ったついでに見てます。ついつい買ってしまう。今度、別で購入したものはスリムタイプの二段の物。

http://item.rakuten.co.jp/yellowstudio/20675/

ニャーコ好きには堪らないんですよね。Manhattaner'sの猫って。

後、欲しいのはアルミの弁当箱と、わっぱかしら・・・。

全部揃って、1500円というお得な品も同サイトのショップに。けれども、このサイズは既にいくつかあるのでやめました。

http://item.rakuten.co.jp/yellowstudio/33701_set/

今なら、ランチジャーが大活躍です。これもにゃーこ物欲しいなあと思うのですが、いくつも要らないので諦めます。

スーパーに行ったらば、今ってジップロックの簡易のタッパーって色々とあるんですね、サイズとかデザインとか、アメリカ並みではなくても。私はもっぱらこっちのほうが使いよいので。後、汁物が零れない類のものが欲しいな。究極、豚汁とご飯でも私はレンジがあるので充分なんで。今日の私の弁当は、昨日デリで買ったハンバーガーと余った自作のスパゲティーサラダ。これでも充分だわ。お昼ごはんは。

最近、業者のお弁当取ってません。まあ、節約にもなるのかも知れませんが、いつも飲まない味噌汁、手をつけない漬物。揚げ物は衣が苦手であるし、捨ててしまうドレッシング、残飯の処理に胸が痛むというより面倒くさい、完食すれば胸がやけるので、ここ数ヶ月、注文していません。

明日は、みんなで大○屋で新年会を兼ねてランチです。いいの、職場のなので、身近にね。あ〜、大きな鯵の干物を食したい。鯵の干物ならば、毎食でもいい位好き。外ではやりませんがね、あれを丁寧に毟って、醤油と味の素で味付けしてご飯と混ぜて食べます。ねこまんま最高!!

弁当は前日の仕込が勝負。既に炊飯器のタイマーもセットし、使う食材冷蔵庫に、キッチンのカウンターに準備です。冷蔵庫にはメモを貼り、メニューもリストアップした。30分以内が勝負です。

もちろん、炊飯器の隣には仏前に供える、お水入れとご飯入れを伏せて置いてある。影膳も毎朝の御勤めですからね。




 
0

2009/1/3

お正月  日記

正月、三が日のラスト。月曜から仕事です。考えてみれば、有給の消化を兼ねて、25日から延々と休んで参りましたが・・・ラストスパートへと雪崩れ込んでおります。

グータラ生活に染まり、いよいよ勤労者として、また一年をスタートです。

休み中は、圧力鍋での実験料理。掃除、家事、正月の準備の買い物。姪っ子、甥っ子の世話・・・。紅白をしっかりと観て、独り年越し蕎麦を食し(家族は食べたがりませんでした。しかも四人前なんて買ってしまって、まだ冷蔵庫に残っているし)。

何枚か届いてしまった年賀状の返事を書き(こんな私にありがとう・・・)、コンビニと家の往復。くだらな番組も観ましたとも!!

そんな私の初夢は、『蛆虫』です。虫が涌いて、かつブンブンと四方八方に飛んでゆくのです。それをスプレーで応戦する私。間に合いませんって。けれどもリアルな生活では有り得ない状況。そして私の対応です。そんなもん、出くわしたら退治よりも、まずこっちが逃げますので。何か心の奥底で沸々としているのかしら。良い兆候?けれども、蛆虫なんて子供の頃、見かけましたが。最近、蝿すら見ませんね。虫で判らないのが、金ゴマっぽい、ちっこい虫。電灯の笠、キッチンの隅とかに新で固まってました。あれは何虫っていうのかな。飛ぶのかしら?

今日は立川へ。適当にぶらぶらと。それにしても人が多いと思ったら、初売りの日なのね。並んでいると思ったらば福袋の日なんですね。物欲ないので興味ないんですけれども。とにかく大きな袋を幾つも抱えている人が多かったです。

立川での買い物は・・・。麩菓子のふーちゃん、点取り占い×2パック、ピーピー鳴る風船(猫と遊ぶ為)。それと、ビックカメラにてゲームソフト物色中の娘と別れて、ユザワヤで買った端切れ&紐。何しに私は行ったんだろう?今日は書店へは行かなかった。五日過ぎならば古書店、FROM中武なのですが・・・。その後、娘がアニメイトヘ。

飽きたので、エキュートをチェックしてから帰宅。

夜はキムチ鍋。何かというとこれになる。最近、家電のグリルパンが自宅に存在していたのを掃除がてら見つけて、利用しています。

フォークソングの番組を観ながら、今日は手芸をしました。正月早々、別にやる事ないものですが・・・。微妙に暇だったのと、弁当袋を自作したかったので。ミシンは何処に有るのか見つからない、下糸でいつも躓くので、手縫いです。今のご時勢に手縫い。実にスロー。けれどもようやっと終わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

今迄は、時間を金で買ってましたので、手作りなんて興味なかったのですが、微妙に何か作りたくて、布ばかりが勝手に増えていく最中、即興で作りました。大したものではなくても、普段、針仕事など金を払えばどうにかなるものだと思っておりましたので。ヤフオクでセミプロ張りの人から落札した方が安上がりかも・・・。けれども、弁当を入れる、何かが欲しかったので・・・。お粗末なものです。今年、最初で最後の手芸かも知れない・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ