2018/5/20  12:19

丸三年  

愛猫が虹の橋を渡ってから、昨日で丸3年となりました。
なので、収納ボックスからお骨を取り出して、
生花とお水とかつおぶし、そしてお線香を上げましたよ。
1週間くらいはお線香あげるつもりです。

ここからはちょっとオカルトな話になります。


先月の仕事の終わりに、自分へのご褒美として
HONKOWAで漫画を描かせていただいている、
エステティシャンのエリカさんのサロンに行ったんですよ。
その時またいろいろあったんですが、その話は
たぶん後日またHONKOWAに載ると思います。

まあ簡単に言うと、
私がウッカリやったある行動で主に肉体的な”障り”がでていたのに、
鈍感な私はまったく気づかず、あとでエリカさんに指摘されて
「そういえばあのとき!」と気づいたお話です。
その”障り”が出ていたときのことなんですが…

ココ数年、金縛りには無縁だったんですが、
それはいつもあることで金縛りを阻止してたからです。

まあ簡単なことです。
「あ、なんか金縛り来そう…」と思ったら、
体が動くうちに「うつぶせ」になるんです。
なんでかわからないんですけど、
私はうつぶせになると金縛りにならないんですよ。

で、今回金縛りが来そうな気配があって
いつものように「よっこしょ」とうつぶせになって
やり過ごそうとしたんです… が!
今回、うつぶせでも金縛りが来ちゃったんですよ。
うつぶせで金縛りにあったのは初めてかも。

(え〜 なんで?なんで?)と焦っていたら
どんどん体に圧がかかってきて、
これは本格的に金縛りなるなとビビっていたら、

ぽふ ぽふ ぽふ… 

と私の背中から頭にかけて何かが通ったんです。

ぽふっとしたこの感触、そしてこの重さは!
それは3年前まで味わっていた愛猫のソレでした。

うちの愛猫、寝ている私の顔や頭の上を平気で踏みつけて
いったからなぁ

なんかすごく嬉しくて「撫でたい触りたいでも体が動かない」と
悶々としていたら、今度はお尻から太もものあたりに
ドーーーン!となにかが覆いかぶさってきました。
太ももの近くにあった私の手には、なんか”指”の感触も。

普通なら怖くてビビっちゃうんですけど、
その時は愛猫に触りたい一心で「っんだよ! 邪魔だよ!」と
その指をギュッと握ったんです。
そしたらパッと金縛りが解けちゃって…

体が自由になってから、しばらく寝付けなかったんだけど、
(ドーンと来たアレはなんだったんだろう…
 でもあのポフポフは間違いなく愛猫!)と
怖さよりも懐かしさでなんだかほっこりしてました。

で、そのことは忘れていたのにエリカさんにあることを指摘され、
(あ、じゃあ金縛りもソレだったの?)と気づいたわけです。

結果的に愛猫が守ってくれたというか、
「金縛り来るけどビビんなよ、ヘイヘーイ」と励まして
くれたのかなぁと。
天国行ってもまだ私のことを忘れないでいてくれるなら
こんなに嬉しいことはないよ…。

まあ、そんな体験でした。
信じるか信じないかは(省略)

さて、ネームを作るのでしばしPCから離脱〜。
そんなカンジ!
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ