2016/9/29

久しぶりの北アルプス  

9月3日は山ガール2人と山ジッチのおいらとの3人で苗場山に行ってきました

そして今度は26〜28日で義弟と二人久しぶりの北アルプス山行をしてきました、台風や秋雨前線などで天気予報も日々変わりちょっと心配でしたが義弟の仕事の事もありとりあえず26日午前3時半出発です、群馬県に入ると予報通り雨が降り出し沢渡からシャトルバスに乗り換える頃には本降り!!!上高地からはカッパ着用、カメラはザックの中なので写真はスマホでチョコチョコでした雨

あのカッパ橋脇の白樺の木です、アレレ・・・向こうに見える山に今年は残雪が見えません???
クリックすると元のサイズで表示します

上高地から明神までの道すがらいつもの様にお猿さんがお出迎え、家族で道案内をしてくれましたサル
クリックすると元のサイズで表示します

徳沢では小屋前の葉っぱがチョッピリ色付き始めていました
クリックすると元のサイズで表示します

そして横尾山荘前ではこの後の上りにそなえ皆さん雨対策に備えています
クリックすると元のサイズで表示します

高度を稼ぐと共に木々の葉っぱも赤や黄色に変わってきました、この辺りで標高は2200mくらい
クリックすると元のサイズで表示します

午後4時05分、今宵の宿涸沢ヒュッテ到着です、写真はありませんが宿泊手続きを済ませ雨なのでテラス席は使えませんでしたが軒先のベンチで知らぬ同士が小皿は無くてもビール片手に山談議に花が咲いた事は・・・でっすビール
クリックすると元のサイズで表示します

明日は晴れの予報なので楽しみです。
では・・・
0

2016/8/17

続きです  

昨日は雨で良い事なかったので期待して朝を迎えました、朝食をして外を見ると雨は上がっていましたがいつ降り出してもおかしくない空模様、中岳は見えますがその向こうの阿弥陀岳は雲の中でした。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は赤岳〜中岳〜阿弥陀岳〜行者小屋から美濃戸を経て美濃戸口の予定です、ただお天気次第でわかりませ〜ん。

赤岳を登りだした時は一時雲も晴れ赤岳頂上山荘が見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

振り返ると昨夜の赤岳展望荘とその向こうに山々が綺麗に見えました。
クリックすると元のサイズで表示します

赤岳に着く頃はこんな感じでまたまたガスです。
クリックすると元のサイズで表示します

赤岳での記念写真
クリックすると元のサイズで表示します

この後中岳に登り阿弥陀岳まで行く予定だったが天候不順で中岳で引き返し行者小屋へ下りました、行者小屋から美濃戸まで南沢ルートで下りましたが雨の中樹林帯の道でほとんど人とも会わず休憩するところもなくこのルートはいま一でした、山はトトロの森様相でシカのお食事跡が目立ちました。

トトロの森(おいらが勝手に名付け)
クリックすると元のサイズで表示します

シカさんのお食事跡
クリックすると元のサイズで表示します

今度の山行きは晴れた日に行きたいです。

0

2016/8/7

やまで〜す  

8月1〜2で山へ行ってきました山

お天気はちょっと不安だったけど山小屋も予約したことだしまっいいかと赤岳へ向けて4時前家を出発車=3、3時間40分で登山口になる美濃戸口へ到着、お天気は思ったより良い感じ駐車料金の支払いと着替えをして7時50分登山開始です、50分で美濃戸到着、ここは北沢コースと南沢コースの分岐、ジイーは北沢コースで赤岳鉱泉から行者小屋そして地蔵尾根で赤岳へ登る予定です。

美濃戸を出て北沢沿いに歩いていると足元から涼しい川風が吹きとても気持ちがよかったです。
クリックすると元のサイズで表示します

美濃戸を出てから2時間20分赤岳鉱泉到着、途中休憩は取ったものの最近体力不足かコースタイムより少しオーバー
クリックすると元のサイズで表示します

赤岳鉱泉から50分で行者小屋到着です、冷たくて美味しい天然水で喉を潤しお弁当の時間です、山を見上げると今日の山小屋「赤岳展望荘」が見えます、でも山頂は雲の中でちょっと心配。
クリックすると元のサイズで表示します

気が付いたら山に何やら怪しい雲がすぐそこまでそして風もひんやりしてきました、ちょっと急いで出発です
クリックすると元のサイズで表示します

行者小屋から地蔵尾根を登ります、地蔵尾根は梯子と鎖場の連続なのでカメラはザックへ、尾根に取り付いて間もなく足元で雷鳴が雷・・・山の雷は空高くでは無く足の下からやってくるのでちょっと怖いです。
やっと地蔵の頭到着、雷がなければここから左へ行って横岳へ登ってから山小屋へ向かう予定だったが今日は雷と競争なのでこのまま小屋へ向かいます。
地蔵仏も耐えています。
クリックすると元のサイズで表示します

赤岳展望荘に午後2時半到着、荷物を置いて写真でも撮るかと外を見たら・・・なんと大雨、後から到着した人達は合羽の上からビッチョビチョ、カメラはしまってゆっくり一人お茶しました、この小屋はお湯、お茶、コーヒーが宿泊者はいつでも無料で飲み放題、ビールは有料でした、そして食事は夕食、朝食共にバイキング今回この小屋に決めた理由の一つもこれにありました、ご飯とみそ汁だけでなくおかずもぜ〜んぶお代わり自由です。

夕食です。
クリックすると元のサイズで表示します

それから男女入れ替えの時間制でしたが五右衛門風呂がありました。

星も見えない、下界の夜景も見えない、平日なので部屋はガラガラすることないのでそうそうに寝ました。

明日お天気だと嬉しいんだが・・・


0

2016/7/14

一人山  

10日のテレビでお天気お姉さんが7月11日はお洗濯日和と言っていたのでちょっと考え???うん明日は何にもない!!!善は急げと久しぶりに谷川岳へ気分の洗濯しに行ってきました

お弁当持って朝5時15分出発、道路は順調で7時30分に谷川岳ロープウエイ駐車場到着です、ゆっくり身支度して天神平から8時30分登山開始、平日のためか登山者はそれほど多くありません、若い家族ずれが前を行きます。
クリックすると元のサイズで表示します

野に咲く花に心も軽くゆっくりゆっくり登っていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

順調に登ってきてもうすぐ肩の小屋です、平年ならこの辺りにはこの時期残雪が少し残っていてもいいのに今年は緑一色です。

今回平成28年7月11日撮影の写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれは4年前平成24年7月5日に登った時の写真です。
角度は少し違いますがそれでも2〜3mくらいです、この時は登山道が埋もれてて雪面を直登しました
クリックすると元のサイズで表示します

肩の小屋で小休止、トマノ耳に11時30分登頂です山
クリックすると元のサイズで表示します

この後オキノ耳でお弁当を食べおにぎり少し時間もあるので富士浅間神社鳥居をくぐりもう少し先まで歩いて景色を楽しんできました。
クリックすると元のサイズで表示します

山には綺麗で可憐な花達が沢山咲いていました花
クリックすると元のサイズで表示します

肩の小屋から西方を見ればはるか彼方の雲の中に万太郎山、コースタイムは肩の小屋から往復8時間、そのまま進めば平標山から苗場へ11時間くらいです。
手前の峰はオジカ沢ノ頭一度行ってみたいがここでも往復3時間はかかります。

クリックすると元のサイズで表示します

楽しかった山に別れを告げ帰りは水上温泉のふれあい館でゆっくり温泉で疲れをとり風呂上がりビン牛乳を一気飲みして家路につきました。
無事我が家に午後6時50分到着しました。
0

2016/1/31

勝田マラソン  

クリックすると元のサイズで表示します
今年も行ってきました第64回勝田全国マラソン、70が少し先に見えるジイーは10kmですが無事完走してきました
先日の雪でちょっと心配でしたが予想外の晴天でコースはベスト気温は熱いくらいでした。

クリックすると元のサイズで表示します
スタート前会場には続々と選手が集まります。

10km男子は11:10スタート、号砲がなってからおいらスタートライン通過したのは2分52秒後でした、数千人の人が一斉に走るので道路一杯になって何百メートルの人だかりです。

一人参加なので写真を撮ってくれる人はいません´_`

クリックすると元のサイズで表示します
ジイーはゴールして着替えをすますとフルマラソンの選手や10km女子の選手の人たちが続々ゴールしていました。

記録はともかく楽しかった一日でした。
次回は3月大子マラソンへエントリーしています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ