2016/12/10  21:14

休日出勤  日々の暮らし

昨夜の会社の人達との飲み会で飲みすぎたからか、朝から少し気持ちが悪かった。
先週日曜に続いて、今日も休日出勤だった。おかげで、プッチンの小学校の図画工作展覧会(今日まで)に行くことが出来ず、残念だった。僕が休日出勤すると言ったときに、プッチンは「パパは作品を見てくれないの?」と不満そうだった。
朝食は会社の最寄駅の前の立食い蕎麦屋でかき揚げ蕎麦を食べた。二日酔い気味の体にかき揚げ蕎麦は少々キツかった。10時くらいから会社でデスクワークをして、午後1時半に昼食に出た。本当は鰻でも食べたかったが、店が終わっていたので、会社の近所の蕎麦屋に行った。朝ごはんに蕎麦を食べたので違うものをと、よせば良いのにカツ丼を食べた。二日酔い気味の体にカツ丼はとてもキツかったが、味は抜群に美味しかった。今度は体調の良いときに行こう。午後も引き続き仕事をして、一区切りついたので、3時前に会社を出た。
それほど長時間働いたわけではないのに、ぐったり疲れた。でも夕食の鍋を家族でつついたら、気分はほっこりした。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/7  20:19

接待のあとの一杯  ラーメン

今朝は少し寝過ごしてしまい、7時過ぎにベッドから飛び出して、朝ごはん抜きで会社に向かった。はたして8時15分くらいにオフィスに飛び込んで、来日している海外取引先との会議の準備をした。朝から夕方まで会議を行ない、クタクタになった。
昨夜は新宿のちょっと高めの蕎麦屋でで海外取引先を接待した。締めのラーメンは同僚と「俺の空」で掛けそばを食べた。ただし、余りにも疲れはてていて食べきれなかった。
先週に続いて今週末も休日出勤になる見通しで、休息も十分には取れない。これまでから不調だった胃痛に加えて、今週になってから胸の圧迫感や心臓の痛みを感じることもある。冬になって血圧が上昇しているのだろうか?スクラルファートで胃痛を、救心で胸の苦しみを抑えて仕事をしているが、こちらもなかなか上手く行かず、四苦八苦している。困ったものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/5  22:34

まだまだ負けない  日々の暮らし

最近は体調が今ひとつと言うか、仕事で夜遅くなる日が続き、更に休日出勤でなかなか体も休まらず、ぐったり疲れた状態が続く。先週から仕事の方もちょっとした崖っぷち状況だ。しかも、明日はアメリカの取引先の接待だ。どうしよう。
今日もプッチンの公開模試の結果を日能研の個人ホームページで眺めた。成績が安定してきて、なかなか良く頑張っている。プッチンが大人になるまで、あと10年以上。パパも頑張らないとね。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/4  21:15

常夜鍋  日々の暮らし

今朝会社に行くときに、Qちゃんもプッチンも「お休みの日なのにパパがいないなんて寂しいよ」よ口々に言ってくれた。そして、「(夜の)6時に鍋を始められるように帰ってきてね」とも言われた。はたして6時くらいに帰宅して5号室で着替えたり荷物の片付けをしていたら、プッチンは「早くリビングに来てよ。パパと早く一緒にいたいよ」と言ってくれた。鍋はほとんどプッチンが料理したと言う。みんなで囲む鍋は温かく美味しかった。家族からは「パパが早く帰ってきてくれたから楽しい鍋が出来たよ。ありがとう」と言われた。


クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/12/4  17:10

上野の再会  日々の暮らし

今日は休日出勤。馬鹿馬鹿しいことに、他部署の仕事の肩代わりをするために会社に行ったが、体調が悪くなったので、4時過ぎに会社を出た。そう言えば、金曜日に来日して会議をしたアメリカ人達に「すごく疲れてるのが分かるよ。早く帰って休んで」と言われたな。
それでも、昨日は昔一緒に働いていた友人と上野の銀座ライオンで昼から飲んだ。2年ぶりの再会だ。
少し早めに上野に行き、酒悦で福神漬を買ったり、上野恩賜公園で西郷さんを眺めたりしてから待ち合わせ場所の上野駅の翼の像に向かった。
一次会の銀座ライオンでは1時から5時までで二人でビールを16杯飲んだ。ソーセージもベーコンもニシンの酢漬けも、銀座ライオン名物のナポリタンも美味しくて、よく飲んでよく話した。話題は最近の仕事の様子や会社の話から、ブラックホールや化学や生物学、仏教や神道、更にはシャーロック・ホームズや横溝ミステリーまで広がった。アメ横の飲み屋での二次会も含めると飲み会は9時間続いた。楽しかった。
思えば、彼とは知り合って15年になるが、毎年、年末か年の始めに忘年会か新年会と称して飲んでいる。来年は15周年記念飲み会をしようと約束した。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/28  21:20

冬迎えのパーティー  日々の暮らし

8カ月かけて進めてきた仕事の承認を得るためのマネージメント会議は惨敗だった。腹の虫はおさまらないが仕方がない。明日からプロジェクトを立て直し、この絶体絶命の状況から這い上がらなければ。その会議の後も海外取引先とのテレビ会議があり、今帰りだ。
日曜 (11/27) の夕食は、先週買ったボジョレーヌーボーを開けてパーティーをした。親は10年以上毎年買っているいつものボジョレーヌーボー「ジョルジュ デュブッフ」を、プッチンは炭酸葡萄ジュース (ベルギー製の葡萄100%のジュース) を飲んだ。プッチンが自分で炭酸葡萄ジュースのコルクを開けられたのには驚いた。日々成長しているのだなと、変なところで感心した。
パーティーのメニューは生ハムとサラダに加えてプッチンが提案したチーズフォンデュをメインに据えた。チーズフォンデュの具材はステーキ、マッシュルーム、ヤングコーン、ブロッコリー、ポテト、白玉(これが驚くほど美味しい)、フランスパン。料理やパーティーの準備は家族全員でした。僕がステーキを焼いたり野菜のソテーをして、Qちゃんとプッチンがサラダの準備(バザーで手に入れたサラダ水切りが早速活躍した)やソテー野菜を切ったり(プッチンが包丁で切った)、チーズフォンデュのチーズの準備をした(ワイン、チーズの他にコーンスターチをいれるのがワインとチーズを混ぜるコツらしい。知らなかった)。
家族で作ったチーズフォンデュは、カセットコンロの火加減が難しかったり、チーズが足りなくなったときの追加方法などに課題を残すものの (それについて途中言い合いになったりもしたのは残念だった)、美味しくて楽しいメニューだった。最後に残ったチーズに茹でたパスタを締めで入れたのも美味しかった。Qちゃんとプッチンは、またやりたいと言っている。
Qちゃんがみんなでお風呂に入ろうと言っていたのに、あまりのしんどさで、プッチンが最初にお風呂に入っている間に少し横になったら11時半まで寝過ごしてしまった。途中プッチンが「今夜は一緒に寝ないの?」と聞きに来たが、「疲れすぎてるし、明日は早く起きて会社に行かないといけないので一緒に寝られないんだよ。パスコ号を出来なくてごめんね」と言うのが精一杯だった。
こんな風に週末が終わってしまったのは残念でならない。近いうちに、また家族でチーズフォンデュをやって、今度こそは最初から最後までみんな笑顔で過ごせるようにしたい。
もう薬(アレロック)飲むの止めようかな。
そして、今日も残念な一日となってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/28  1:25

まだまだ続く蕁麻疹  日々の暮らし

先週火曜日(11/22)に社員食堂で昼食をとった2時間後くらいに始まった蕁麻疹。最初は左腕にだけ広がっていた蕁麻疹はその後お腹や背中に広がり、痒さと息苦しさで夜寝られない事態に発展した。
木曜(11/24)に病院に行って検査して薬(アレロック)を処方された。医師は「大人が食べ物で蕁麻疹になるというのは余程の事がないと起こらないが、蕁麻疹という前提で検査と治療をしましょう」と、分かったような分からないような事を言う。今回の蕁麻疹が食べ物が原因でないなら何が原因だと考えられるのかと尋ねたが、分からないと言う。更に市販薬「アレルギール」(第一三共)について尋ねると、「アレルギーに効く成分も少し入っているが、市販薬についてコメントする立場ではない」と言う。市販薬の添付文書には「医師、薬剤師にご相談して下さい」と書いてあるが、どうやら医師には相談できないらしい。薬剤師は、詳しくは医師に相談しろと言っていたし、では、誰に相談すれば良いのだろう?自己判断するしかないのか?そこらのスーパーマーケットで市販薬を売って、誰にも相談せず買って飲んでいるアメリカのやり方が正しく思えてきた。
木曜以来、蕁麻疹の薬(アレロック)を飲んでいるせいか、眠さとダルさが1日中続くのが辛い。そのせいで何もやる気が起きず、イライラしたり怒りっぽくなって家族にも迷惑をかけてしまい申し訳ないし、そんな自分自身が嫌になる。
日曜の朝カップ麺を食べた後で、また左腕に蕁麻疹が出たし (写真)、薬は飲み続けなければならない。この状況はいつまで続くのだろうか?体調不良や薬のせいでイライラしたりこれ以上家族に迷惑をかけたくないし、本当に困った。
先週から、仕事仲間から何通かお見舞いメールをもらっている。下記は木曜にテレビ会議を欠席した際に受け取ったドイツから届いたメールだ。

Dear Masa,
I just heard about incident with the chicken. I deeply hope you can recover soon.All the best from my side and please take care!
Best wishes
stefan

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/26  20:04

茂吉の午後  日々の暮らし

昨夜の会社の忘年会の疲れのせいか、蕁麻疹の薬を飲んでいるせいか、朝からずっと眠くてダルい。
プッチンが日能研のカリテを受けるため家を出たあと、Qちゃんと亀戸中学(亀中)のバザーに行った。前回、亀中のバザーに行ったのが2013年11月なので3年ぶりだ。前回は職場での激烈な数カ月を過ごした後で、とても疲れていた記憶がある。当時は職場というか、仕事の忙しさや難しさで周りの風景も季節の移り変わりも目に入らず春から冬までを過ごした後で、「いつの間にか季節は進んでいたんだな。空の色ってこんな感じだったんだな」とバザー会場でしみじみ空を見上げ、風景をじんわり眺めていた。Qちゃんはお目当ての野菜水切り器を手に入れた。
僕は途中でバザーを抜けて、日能研にプッチンを迎えに行った。一瞬、錦糸町まで歩いて行こうかとも思ったが、体がダルくて気力も落ちていて断念して、大人しく総武線で錦糸町に向かった。12時半くらいにプッチンと会ってバスで一緒に帰宅した。家の前にそびえる銀杏の木が、すっかり弱くなった柔らかな冬の午後の陽の光に照らされて真っ黄色に輝いていた。季節は確実に進んでいる。
昼食は鰻だった。パリパリキャベツと漬物も添えられている。久しぶりの鰻は美味しくて、滋味に溢れ、たっぷりの栄養を体が感じて喜んでいる。間に食べるパリパリキャベツもちょうど良いしょっぱさと油のコクが美味しくてビールが進む。漬物も最高だった。
抗ヒスタミン剤とビールの相互作用か眠くなった。鰻を食べて疲れた体を少し横たえていると、鰻の栄養が体の隅々まで行き渡って、細胞たちが修復し、ふくふくと育っているような気がした。床暖房のぽかぽかした暖かさを感じながら、斎藤茂吉の鰻の句を思い出しながら眠りに落ちてしまった。

吾がなかに
こなれゆきたる鰻らを
おもいて居れば
尊くもあるか

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/24  22:21

NHK交響楽団のドボルザークとチャイコフスキー  音楽

何日か掛けて、録画していたNHK交響楽団演奏のドボルザークのチェロ協奏曲とチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」を見た。
演奏はアレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮、チェロ独奏がアレクサンドル・クニャーゼフ。
ドボルザークのチェロ協奏曲はきれまで聴いた最高の名演のジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団の演奏に匹敵する抜群の名演で、心が揺り動かされ、バックグラウンドミュージックでかけたつもりが、聞き入ってしまい、いつの間にかテレビ画面に釘付けになってしまった。チャイコフスキーの悲愴交響曲も洗練されて美しく、素晴らしい名演だったが、弱音部分がよく聞こえないような演奏に構成され、軽視されているような印象を少し持った。弱音ファンとしては、その辺が若干引っ掛かったが、全体として、とてもバランスがとれた、感情と気持ちのこもった名演だった。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2016/11/24  17:02

病院  日々の暮らし

昨夜から降っていた雨が雪に変り、東京は54年ぶりという11月の初雪となった。
月曜の午後に始まった蕁麻疹(昼食のナポリタンについていたコンソメスープが原因ではないかと睨んでいる)が全身に広がって息も苦しいし痒さで寝られないのでQちゃんの強い勧めに従って今日は会社を休んで平井の皮膚科に行った。ストレートパーマの予約を入れていたQちゃんと一緒に9時半くらいに家を出て雪の降りしきる道を平井方面に向かってふたりで向かった。診察の結果、蕁麻疹の検査・診断と治療を平行して進めることになった。
病院を出てからは平井の駅周辺の西友や薬屋やダイソーを見ながらQちゃんを待った。13時くらいに、ストレートパーマを終えたQちゃんと合流し昼食に行った。当初考えていた駅前のお好み焼屋が昼はやっていなかったので、「目利きの銀次」で炙り鯖や寳焼きを食べた。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ