ご報告  犬の事

ご報告

4月30日2時45分16歳と7ヶ月サチは虹の橋を渡りました。
クリックすると元のサイズで表示します
私と添い寝中の出来事、サチのググッと言う声で目が覚め直後の事でした。

喉が渇いたのかと思い水を口の横から流し入れた直後のことでした。

一瞬痙攣のように硬直

私の腕の中で静かにサチは息を引き取りました。

「サチ!サチ!」とサチの体を摩りながら呼びかけてる自分

今まで十分に癒されて来たのにまだ自分の為に苦しい思いをさせなければいけないのか

そう思い立ち「ありがとう、ありがとう」の言葉に代わっていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

今は、言葉が見つかりません、ただただ悲しいの一言しかありません。



明日、5月1日午前中にはサチとの永久のお別れです。

今日はゆっくりサチとのお別れを主人と二人で静かに思い出話などしながら過ごしたいと思います。

サチの事を心配してくださり応援してくださった方々今まで有難うございました。











2018/5/13  2:12

投稿者:サチまま

mikikoさんへ

お元気でしたか?
時より覗きに来ていただいてたんですね。
サチは16歳まで頑張ってくれました。
3年ほど前から足が不自由になり抱っこする事が多くなりました。
一年半位前からは認知症もはいり中々大変な時を過ごしました。
夜と昼とが逆転し、夜中吠えたり中々寝てくれず私も寝不足が続いてました。
今は、それも懐かしく、手が掛かってもいいから側に居てくれたらと
でも、ゆきの時のような後悔はサチにはありません。
全く無いわけではないですけど。
ゆきは安楽死でしたし側に居てやれず一人で旅たたせてしまって
サチにはそれをしたくなかったのです。
側に居て息を引き取る瞬間まで一緒にいてあげれたことが本当に良かったと
サチには感謝してるんです。
生まれた時へその緒を切ってあげて最後は私の腕の中で
幸せでした私も、きっとサチもそうだったと思います。思いたいです。

mikikoさんありがとうございました。

2018/5/12  22:07

投稿者:mikiko

今 ブログを拝見して驚いています。
サチちゃん お空の ゆきちゃんのもとに
還ってしまったんですね…
ほんわりしたサチちゃんに癒されていたので
とっても悲しいけれど 幸せな一生でしたね。

心よりサチちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

ママさん さぞお寂しい事と思います…
ご自愛下さいね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ