思い出  犬の事

去年6月28日ゆきは虹の橋へと旅立ちました

もう直ぐ一年になります


今日はゆきの思い出話し


ゆきが我がやにやってきたのが14年前

その頃デジカメなんて無かったから写真のみ

その写真もゆきの物は少ないんです


小さい頃のゆきです


この頃娘も小学生

そしてゆきは7歳でサチを産みました

この中のどの子かが サチです


サチの前にも二度のお産の経験があったのですが

全く何もせずただただ産み落とすだけでした

袋を破りへその緒を切り全て私の役目でした

そんなゆきも時間が立つと母の顔に

もう、そんなに舐めなくてもって言う位

一生懸命子供達のお世話をしていました

ゆきの口の周りはただれて腫れあがって

それでも頑張りました

子供達とは一番可愛い時期にはお別れがやってきます

それぞれ養子,へと行きました



サチはゆき母さんを独り占めです

何時でも

どんな時も一緒

ベタベタの親子



それから6年の月日が流れ




突然の別れ

13歳と5ヶ月

ゆきは子宮蓄膿症の手術の甲斐も無く虹の橋へと旅立ちました

手術の翌日には立ち上がろうとしてたのに

頑張って欲しかった



でも、辛そうにかすかに息をしてるゆきを見ると

「もういいよ、頑張ったもんね」って

そう、声を掛けるしかありませんでした

その時、尻尾をかすかに振ってくれたんですよ

何度も何度も痙攣を起こし

最終的にはこれ以上苦しめたく無くて苦しむ姿見たくなくて

安楽死を決断しました

とても辛い辛い決断でした

ゆきはこれで良かったのか・・・何度も思い返しました


ゆきを連れて帰ってきた日

サチは覗き込んでは吠え離れては吠え

サチはどう思っていたんでしょう

「お母ちゃん、起きてよ、そんな所でなんで寝てるの」

それとも ちゃーんと分かっていたのかな


そして

今月28日はゆきの一年忌


小さな祭壇を設けました

この一年ゆきの事思い出しては涙がこぼれ

後悔と悔いが残る年でした

でも、何時までもそんな想いではゆきが可哀想

これからは悲しい思い出は心の隅に閉まっておこうって思ってます

ちょっとした緩みで時にはその扉も開く事もあるかも知れませんがね






2008/6/30  20:38

投稿者:ゆき&サチ

Eteさんへ

Eteさんありがとう
そして、泣かせてしまったのですね ごめんなさい
始めの頃は写真見ただけでボロボロ涙がこぼれてきたものです
でも、何時までもこれではゆきが可哀想って思って・・・
私はお友達にも恵まれ優しい言葉いっぱいかけてもらって
辛い時期長引かずに済みました

今回も皆さんから暖かいコメントいただき凄く嬉しかったです
ゆきはきっとサチの事守ってくれると思います
私もサチと一緒に長く居たいと思ってます
最後にありがとうって言えるように^^



http://red.ap.teacup.cpm/1206/

2008/6/30  16:02

投稿者:Ete

失礼しました
大切なコメントなのに間違えてしまいました
「心の中で 生き続けている」でした すいません

http://black-pooh.blog.drecom.jp/

2008/6/30  16:00

投稿者:Ete

ゆきちゃんの命日だったんですね・・
サチちゃんも ゆき&サチさん含め御家族の方も
辛い思いをされたんですね
必ず別れが来るとは解っていても辛いもんは辛いですね

ゆきちゃんが横たわっているのを覗き込んでいる
サチちゃんの写真で 我慢できなくなり大泣きでした

ゆきちゃんは いつもサチちゃんの事 ゆき&サチさんの事
見ていると思います
先にいってしまったけど サチちゃんと ゆき&サチさんの
心の中でずっとずっと行き続けていますもんね*

悲しい思い出は ちょっと奥へ追いやって
楽しかった思い出を前へもってきて下さいね*

それにしても 小さい頃のゆきちゃんと
小さい頃のサチちゃん 似ていますよね!

http://black-pooh.blog.drecom.jp/

2008/6/29  21:49

投稿者:ゆき&サチ

小芋さんへ

良く言われます
ゆきは飼い主(私)の事だと思ったってね
ゆきはサチのお母ちゃんです
何時も一緒だよってことでゆき&サチってしました

きっとサチも私より先に虹の橋に旅立つでしょうね
その時はずーっと側に居てあげたいそう思ってます
そして一日でも長く生きて欲しい
そう思ってます(u.u)

何時かはお別れがありますね
その時ちょっとでも悔いが残らないように
雛雛ちゃんにもサチにもありがとうって言えるように
そういえる様になりたいですね


http://red.ap.teacup.cpm/1206/

2008/6/29  21:32

投稿者:ゆき&サチ

ボコママさんへ

そうですね
ボコママさんの言う通りですね
虐待受けたり、1人寂しく虹の橋に旅たつ子もいるんですものね
そんな子に比べたら幸せだったのですよね
ゆきがありがとうって思ってくれてれば嬉しいです

http://red.ap.teacup.cpm/1206/

2008/6/29  21:28

投稿者:ゆき&サチ

春母さんへ

ありがとうございます
きっとゆきはサチの事何時も見てると思います
ゆきが亡くなってこの一年
サチは1人でのお留守番は出来ませんでした
今でもそうです
1人になるとウォォ〜って遠声でずーっと鳴いてるんですよ
仲間でも呼ぶようにね
何時になったら1人鳴かずにお留守番できるのだろう^^;
何時もゆきが側に居たからね
ゆき母さんの存在は大きかったんです


http://red.ap.teacup.cpm/1206/

2008/6/29  21:13

投稿者:ゆき&サチ

ハナハチさんへ

ハナハチさんも最近実家のワンコ亡くなったんですよね
辛いですよね
こんなに辛い別れするとは思っても見ませんでした
最後の最後まで側に居てあげたかったけど
主人がそれを許してくれませんでした
私がどれだけ落ち込むかってそのほうが心配だったようです

ゆき幸せそうな顔してますか^^
幸せだったかな〜ぁ^^
そうだったら私も嬉しいです
きっと、私よりも先に亡くなるかも知れないサチと最後の最後まで一緒に居たいってそう思います

ハナちゃんにはハナハチさんとオッサンしかいません
一生、犬生ずーっと一緒ですよ

http://red.ap.teacup.cpm/1206/

2008/6/29  20:35

投稿者:小芋

ゆき&サチの「ゆき」は誰かなと思っていましたが、サチちゃんのお母さんだったんですね。
いつもどんな時でも別れは辛い物です。でも思い出の中でもこんなに愛されてるゆきちゃんは幸せですね。
生を受けたら必ず終わりが有りますが、せめて命の順番を守って生きて終わりたいと思っています。
そういう意味ではワンコを見守ってやれた事は幸せですし、サチちゃんの最期も見守ってやらないといけませんね。
小芋も雛雛の最期を思うと辛いですが、責任は最後まで持たないといけません。それまで小芋も元気で生きないとね。うふふふ♪
パグのお人形喜んでくれていると良いですね♪


http://blogs.yahoo.co.jp/koimotonton

2008/6/29  17:15

投稿者:ボコママ

もう1年経ったんですね…
早いですね。。。
やっぱり分かってても思い出して涙を流してしまう事も多々あったんですね。
小さいゆきちゃん、小さいサチちゃん。
ワンコって人間よりも寿命が短いから、飼い主は辛い気持ちになってしまうけど、看取ってもらえない子も実際にはいるんですよね。
だからゆきちゃんは幸せだったと思う。
きっと「ママ、ありがとう。」って天国で笑ってるよ。



http://www1.ocn.ne.jp/~cuteboko/

2008/6/29  15:00

投稿者:春母

昨日だったんですね。
サチちゃんとのこの1年は、どんな1年だったですか?
私がゆき&サチさんに出会ったときにはもぅ、ゆきちゃんはいませんでしたね。
でも、ゆきちゃんが残してくれた、サチちゃんがいました。
そして、今では、なくてはならないパグ友です。
ゆきちゃんに、ありがとう です。

いつも一緒に写ってる写真、
どれもとっても幸せそうです^^
サチちゃんのこと、見守ってくれてますよ、きっと。

http://ameblo.jp/koharu-biyori365/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ