お知らせだって  犬の事

ゆきのお供えのお水を替えてたちょうどその時、携帯メールが鳴った


実弟から・・・・「お知らせです」・・・って



あら?何でしょうかねぇ



12年も前のお話、サチの兄弟を実の弟の仕事先に養子に出しました。

むかし、「外飼いで泥まみれで」って言う話を聞いた事がありました。

養子に出した子ではありますが、「外飼い?」可哀相だと思った事を思い出しました。





それから、何年もの月日が流れ12年も経ちました。


完全に忘れておりました。




メールの内容は

サチの兄弟「ごん太君」が先週亡くなったそうです。
別に病気もしてなかったから老衰だと思います。
長与の自宅のみかん畑に埋葬したそうです。って




なんと、近くに住んでいたんですよ



どの子だったかなぁと思い出すが思い出せない(娘が一匹ずつ名前付けてたから)



こんなに近くに居ただなんて



あ〜ぁ一度でも会ってみたかった。会いたかった。



ひょっとしたらあの時見かけたあの子が? あそこに居たあの子が?


病院で会ったあの子が・・・色々と思い巡らす



知ってたら絶対声かけてるな




サチの寝顔見ながら思いました。


そっか、皆、お別れする年齢になってきたんだね。


でもね。


サチはまだまだお別れする事は無いんだよ、ずーーと居ていいんだから


この子が最後、絶対最後、言い聞かせていますけどね



ペットショップのガラス越に見かけた鼻べちゃパグ



早く家族が見つかりますようにと祈り、また、行けばいそいそとその場に



あ〜ぁ 連れ帰りたい心境になてくる



ダメだ!ダメだ!









ごん太君のご冥福をお祈りいたします
幼くして分かれたゆき母さんと会ってるかなぁ  
ごん太君、ゆきにいーっぱい今までの分甘えなさいね








2014/1/21  17:49

投稿者:サチまま

小芋さんへ

お墓の中に嫁の立場上私も犬連れては入れません
なので棺おけの中に入れてもらうんですよ、小さな袋にでも入れて足元にでもね。
全部は大変でしょうから、少し、ほんの少しでいいのです。

ご近所さんはお墓の敷地の隅にに犬のお墓を手作りされたと聞きました
先祖代々、他の方々も入るのでしたら作るわけにもいきませんね。

そうです、自分が出来る生きてる間は一緒にいましょうよ
中には散歩道に撒くとか言うひと、海に流すと言う人それぞれです。

私は足元に入れてもらう、それをお願いしたいと思ってます。

2014/1/21  15:36

投稿者:小芋

良いですね。
私も一緒のお墓に入りたいんです。
でも立場上できません。
ご先祖様の沢山いらっしゃる、この代々続いたおうちに、突然やってきた嫁がお墓に犬を入れることなんて出来ませんよね。
せめて、墓地の敷地の一角にでも埋めてあげたいけど、それも許されないと思います。
せめて、何年かはお骨と一緒に居ようかな。
とにかく今は、いっぱい一緒に過ごして、思い出作ります。

2014/1/21  11:06

投稿者:サチまま

小芋さんへ

家と長与って近い、なのに今までの情報は「外で飼ってて汚れ腐ってる」それしか聞いてません。
養子に出した子ですから、あちらの事情もありますでしょうから色々と言えない立場ではありますけど、聞いたときは「何故、外」って悲しかったです。

でも、なんだかんだって12歳まで元気に居てくれた事にうれしく思います。

そうですよね、何故、十数年なんでしょう
その十周年の短い間に思い出、幸せ、癒しをいーっぱい残してくれるのでしょうね。

サチは布団の中では私の右側に居ます。
イビキ、時には布団の中で遠慮なくブーとなる音、鼻水は行き成り飛んでくる、そんな事が何時の光景、当たり前の生活
これが、ふとしたことからすべて無くなったら・・・考えたくもない一面ですね。

昼間は籠の中ですやすや眠る姿、これもいつもの光景
何時までも何時までもこの光景が続く事を願いたい。

埋めてあげる所があっていいですね。いつでも会うことができますもん
7年もなるのにゆきはまだ家にいます。
息子が言ってました「こんなにいい環境はなかろう、暑いも寒いもないし、時にはお菓子のお供えまでもらえる。出て行くことも無いたい、母ちゃんが死んだとき、ゆきもサチも母ちゃんと一緒に入れてやる。一緒に連れて行けばよかたい、それまで家に置いとけばよかよ」ってね。
ふふ^0^;  そうしてもらうつもりです。
ゆきと、ゆきの子供たちその子供たち、その中に私、パグまみれになりたい・・・あ〜ぁ幸せ♪

2014/1/21  10:34

投稿者:小芋

ごん太くん、今頃はゆきママに甘えてるかな。
この年まで生きていてくれたって事は、きっと大切にされてたんですよ。

どうして、十数年しか生きられないんだろう。
最近、夜中に目が覚めると、雛雛を抱きしめちゃう事が増えました。
この子がいなくなると、この私の左側の空間をどう思って眠らないといけないんだろう。なんて思いながらゴーゴーとイビキをかいて寝てるんだろうなあ〜。

今まで飼ってきたわんこ達は、近くのため池の肩に埋めてやってます。
雛雛もそこかなあ〜。イヤイヤ!まだそんな事は考えないようにしよう!
サチちゃんに負けないように、元気で長生きしますように。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ