燃えよ!エンドリケリー!!

2018/6/13

寄生虫駆除 実践編  飼育ノウハウ

前回の記事の続きになります。
ここ最近新魚が色々増えている状況で、一応その都度寄生虫駆除は個体毎にやっているのですが、それでも時々白い糞が見られるため思い切って本水槽ごと薬浴を実施することにしました。

今回使う薬は人間用のプラジカンテル錠剤です。
トレマゾルもこの成分が使われているので同じ効果が期待出来るわけです。
クリックすると元のサイズで表示します
目安は水200リットルあたり錠剤一つ。
錠剤のままでは水に溶けないので粉々にすりつぶしてから溶かします。

まずは上顎ポリプが混泳する120センチ水槽。
こっちは特に食いの悪い個体は居ないので内蔵寄生虫は問題ないと思っていたのですが、ポリプティの再発が未だに見られる状況なので実施しました。
クリックすると元のサイズで表示します
濾過バクテリアには影響しないのでそのまま薬浴させても良いのですが、全水量だと薬を沢山使ってもったいないので錠剤一つ分の水量まで水を抜いて、あとはエアーレーションのみで一晩置きました。

さて結果は....

・目立った内蔵寄生虫は出ませんでした。
・ポリプティは完全に消滅しました。←目的達成!
・ミズミミズも消滅しました。(笑)


次は大型ポリプが混泳する180センチ水槽。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも同様に薬浴を実施しました。

結果....

・大きく目立った寄生虫は出ませんでした。
・ただし、小ぶりなやつは少し出ました。

こんな感じのやつが数匹です。
クリックすると元のサイズで表示します

あと、これが一番重要な事ですが、調子を崩したポリプはひとつもいません。
アロワナなんてむしろ元気になったくらいです^^
もうしばらくは薬は使いませんが、またフラジールでも使う機会でもあった時はレポートします。
今回は珍しく水槽毎トリートメントしちゃいましたが、メインタンクを薬漬けにするのはあまりよい事ではありません。
前回の記事にも書きましたが、ポリプにいる内蔵寄生虫は通常はあまり気にする必要はないのであくまでも参考程度に!

10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ